ピクシブ百科事典

三波伸介

みなみしんすけ

びっくりしたなぁ、もう!!

三波伸介(初代)

本名は「澤登 三郎」。1930年6月28日生まれ、1982年12月8日逝去。

1940年、劇団東童に加入し芸能活動を開始。戦後は玉川良一東けんじとコント「おとぼけガイズ」を結成する。

解散後の1961年、伊東四朗戸塚睦夫とともに「てんぷくトリオ」を結成。『笑点』の北海道での収録の際、当時の司会である前田武彦が飛行機の欠航で来れなくなり、演芸コーナーのゲストとして出演予定だった三波が代理司会を務め、1970年に3代目司会として正式就任(ちなみにフジテレビの音楽番組『夜のヒットスタジオ』も1974年に前田から司会を引き継ぐ)。キザなキャラクターである桂才賀は特に彼のお気に入りだった。

1973年に戸塚が急死。その後も「てんぷくトリオ」としての活動は伊東と共に継続していたが、自身の不摂生な生活が災いし、1982年12月8日に解離性大動脈瘤破裂のため急死した。

高田文夫が生涯で最も尊敬した人物の一人であり、爆笑問題太田光が本気で尊敬し、ビートたけし(北野武)は『北野ファンクラブ』の「びっくり仮面」で三波のギャグを多用した。『それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ』で、アンパンマンカレーパンマンが彼のギャグを使ったほど。

三波伸介(2代目)

初代の長男で本名は「澤登 伸一」。1964年6月14日生まれ。

「三波 伸一」名義で芸能活動を開始。その後2009年に2代目を襲名した。現在は喜劇役者として、喜劇専門劇団「萬天舘」の座長をつとめている。

pixivに投稿された作品 pixivで「三波伸介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1052

コメント