ピクシブ百科事典

三波伸介(初代)

本名は「澤登 三郎」。1930年6月28日生まれ、1982年12月8日逝去。

1940年、劇団東童に加入し芸能活動を開始。戦後は玉川良一東けんじとコント「おとぼけガイズ」を結成する。

解散後の1961年、伊東四朗戸塚睦夫とともに「てんぷくトリオ」を結成。『笑点』の北海道での収録の際、当時の司会である前田武彦が飛行機の欠航で来れなくなり、演芸コーナーのゲストとして出演予定だった三波が代理司会を務め、1970年に3代目司会として正式就任(ちなみにフジテレビの音楽番組『夜のヒットスタジオ』も1974年に前田から司会を引き継ぐ)。キザなキャラクターである桂才賀は特に彼のお気に入りだった。

1973年に戸塚が肝硬変で急死。「てんぷくトリオ」を「てんぷく集団」と改名して伊東と共に活動を継続していたが、徐々にコンビとしての活動を抑え伊東共々ピンでの活動に重心をおくようになり、解散こそしていなかったが気が付けばコンビは事実上の休止状態になっていた。
舞台や司会者として活躍の場を広げていったが、自身の不摂生な生活が災いし、1982年12月8日に解離性大動脈瘤破裂のため急死した。

高田文夫が生涯で最も尊敬した人物の一人であり、爆笑問題太田光が本気で尊敬し、ビートたけし(北野武)は『北野ファンクラブ』の「びっくり仮面」で三波のギャグを多用した。『それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ』で、アンパンマンカレーパンマンが彼のギャグを使ったほど。

生前萩本欽一とは不仲であると囁かれていた。というのも当時のお笑いにおける「トリオブーム」を脅かしたのが萩本欽一・坂上二郎の「コント55号」だったからで、自分の領域を侵害した存在として毛嫌いしていたと実しやかに言われていた。しかし三波伸介自身は萩本欽一を可愛い後輩として遇しており、萩本自身も三波を「お兄さん」と呼んで慕うなど関係は良好だった。
またいかりや長介とは兄弟分で、特に同年代の仲間が周囲に居ない いかりやにとっては同年輩で同じ下町生まれの三波は共通の話のできる数少ない相手だった。

他方渥美清藤山寛美には憎悪をも含んだ敵対心を持っていた。特に渥美はストリップ小屋の幕間コントから軽演劇を経て芸能界入りしたという同じ経歴であり、三波が大阪から東京の芸界に復帰した頃には渥美は既に人気芸能人の仲間入りをしていて、しかも三波の妻と渥美が友人であったことなどが絡みあい、藤山寛美共々終生ライバル視していた。
とは言え、三波は渥美と藤山の芸人としての才能力量は認めており、それが故の憎悪をも含んだ敵対心だった。特に三波は渥美の物真似を得意としており、映画で渥美が演じた役をテレビドラマで渥美の印象を壊さずに演じきる事さえやってみせている。

三波伸介(2代目)

初代の長男で本名は「澤登 伸一」。1964年6月14日生まれ。

「三波 伸一」名義で芸能活動を開始。その後2009年に2代目を襲名した。現在は喜劇役者として、喜劇専門劇団「萬天舘」の座長をつとめている。

関連記事

親記事

お笑い芸人 おわらいげいにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三波伸介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1469

コメント