ピクシブ百科事典

太田光

おおたひかり

日本のお笑いタレント、漫才師。爆笑問題のボケ担当。埼玉県出身。
目次[非表示]

概要

日本お笑いタレント漫才師1965年5月13日埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)生まれ。
田中裕二との漫才コンビ爆笑問題ボケ担当。

1984年日本大学芸術学部演劇学科に入学。ここでのちに相方となる田中裕二と知り合う。1985年中退

1988年3月爆笑問題を結成し現在に至る。

1990年9月26日、当時同じ事務所(太田プロダクション)だった元タレントで現在のタイタン社長である太田光代(当時は松永光代)と結婚恐妻家豪快人物で、彼女との奇妙結婚生活エピソードに事欠かない。ちなみに光代との間には子供はいない。

芸風としては、の場で無鉄砲言動行動ボケ意見をすることが多く、それが原因で批判されることが多いにもかかわらず、あまりにもそうしたことを繰り返すため、「バカッター芸人」とも呼ばれている。自身の過激な言動・行動が原因で妻の光代から叱責されることもよくある。そのため、漫才雑誌連載では他人の失言を批判する発言やボケをすると、田中から「日頃から失言しているお前に言われたくない」と突っ込まれることもよくある。なお、太田はこれらの振る舞いや自分の意見を番組で述べることについて「自分は憧れているビートたけしとは別物である」といった思いの表れであることを述べている。ただし、元マネージャー覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたことが報道された際には「サンデージャポン」(TBS)で防げなかったことへの責任を述べ、謝罪するなどすべての物事に無鉄砲なわけではない。

古館伊知郎は太田のボケを「あたかも意味のある興味深いトークをしているようで、どこまで意味があるの?っていう思いが募った時に、完全にその意味のあるテレビサイズのトークを無意味化する。これって気持ちいいんですよ」と評している。

共演する女性に対しては太田独自のあだ名を付けるが、「ワンちゃん」「アプリ子ちゃん」「イランちゃん」など単純なものが多い。

趣味、嗜好


政治思想


関連タグ

爆笑問題 太田光
お笑い 芸人 タレント 漫才 漫才師
サンデージャポン/サンジャポ

pixivに投稿された作品 pixivで「太田光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2987

コメント