ピクシブ百科事典

島崎藤村

しまざきとうそん

島崎藤村とは小説家、詩人。

文豪とアルケミストの同名人物は、島崎藤村(文豪とアルケミスト)へ。

概要

1872年3月25日、現在の岐阜県中津川市生まれで本名は春樹。
国学者を父に持ち、父から論語等の薫陶を受けている。
明治学院卒業後女学校教師となり、並行して文学活動を行うようになる。
1986年以降は4年程詩人としても活動したが後に小説にウェイトをうつす。
その後長野県に在住、代表作のひとつ「破戒」を発表。

その後は東京に戻り、1929年に日本ペンクラブの初代会長に就任。
1943年に病死した。

所謂「自然主義文学」の代表格として高い評価を得るも、私生活の方は度重なる借金や女癖の悪さなどでも知られ、長野在住時代には借金による生活苦で自分の子供達を死に追いやっている。
父の影響は大きく、後に「夜明け前」でモデルにしている。

主な代表作

  • 破戒
  • 千曲川のスケッチ
  • 夜明け前

pixivに投稿された作品 pixivで「島崎藤村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81404

コメント