ピクシブ百科事典

有栖川有栖

ありすがわありす

1.日本の推理作家 2.上記の著書の登場人物
目次[非表示]

概要

大阪生まれ大阪育ちの推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾頭でもある。
2のキャラクターである有栖川有栖たちについては、それぞれの記事を参照されたし。

作風は敬愛するエラリィ・クイーンの影響を色濃く受けた、ロジックの完成度に重きを置く本格ミステリ。
大阪育ちで同志社大学卒の為、著作の舞台は大阪と京都を中心にした関西圏であることが多い。

主な著作

単発作品やエッセイ、他作家と共著のアンソロジー等幅広い執筆活動を行っているが、最も人気が高いのは、以下の2シリーズである。

学生アリスシリーズ

英都大学ミステリクラブ、通称EMCの面々が旅行先で必ず災害人災諸々に見舞われ、脱出不可能の舞台で不可思議な事件に立ち向かうクローズド・サークル物。
EMC所属の英都大生有栖川有栖が語り部となり、EMCの部長である江神二郎探偵役を務める。
ヒロイン有馬麻里亜とのもどかしい距離、カリスマ的存在である江神二郎の謎めいた過去、織田先輩と望月先輩の激論や馬鹿騒ぎ等、下記の作家アリスシリーズに比べて青臭く、文系的青春の香りが楽しめる。

作家アリスシリーズ

有栖川有栖の看板作品といえるシリーズ。
推理作家有栖川有栖が、親友である犯罪学者火村英生のフィールドワークに同行し、二人で刑事事件のを解くという形式の本格ミステリ。
四天王寺在住の推理作家有栖川有栖(30代前半)がワトスン役を務め、北白川在住の英都大学助教授火村英生(同齢)が探偵役として活躍する。
刊行数が多い為、二人の性格、生活環境、サブキャラクター達が十分に掘り下げられ、魅力的な世界を形作っている。現実的な事件が多い。

この2大シリーズは、学生アリスが作家アリスシリーズを書き、作家アリスが学生アリスシリーズを書いているという入れ子構造になっている。

関連タグ

有栖川有栖(作家アリス) 有栖川有栖(学生アリス) 火村英生 江神二郎

pixivに投稿された作品 pixivで「有栖川有栖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5084906

コメント