ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

大阪生まれ大阪育ちの推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾頭でもある。

2のキャラクターである有栖川有栖たちについては、それぞれの記事を参照されたし。


作風は敬愛するエラリィ・クイーンの影響を色濃く受けた、ロジックの完成度に重きを置く本格ミステリ

大阪育ちで同志社大学卒の為、著作の舞台は大阪と京都を中心にした関西圏であることが多い。


第26回日本ミステリー文学大賞受賞(賞の対象者:わが国のミステリー文学の発展に著しく寄与した作家および評論家)


機械類が苦手。初Twitter 機械に弱い人あるある


主な著作

単発作品やエッセイ、他作家と共著のアンソロジー等幅広い執筆活動を行っているが、最も人気が高いのは、以下の2シリーズである。


学生アリスシリーズ

英都大学ミステリクラブ、通称EMCの面々が旅行先で必ず災害人災諸々に見舞われ、脱出不可能の舞台で不可思議な事件に立ち向かうクローズド・サークル物。

EMC所属の英都大生 有栖川有栖が語り部となり、EMCの部長である江神二郎探偵役を務める。

ヒロイン有馬麻里亜とのもどかしい距離、カリスマ的存在である江神二郎の謎めいた過去、織田先輩と望月先輩の激論や馬鹿騒ぎ等、下記の作家アリスシリーズに比べて青臭く、文系的青春の香りが楽しめる。


孤島パズルは英訳書が出版されている /a fucking banger

作家アリスシリーズ

有栖川有栖の看板作品といえるシリーズ。

推理作家有栖川有栖が、親友である犯罪学者火村英生のフィールドワークに同行し、二人で刑事事件のを解くという形式の本格ミステリ。

四天王寺在住推理作家有栖川有栖(30代前半~半ば)がワトスン役を務め、北白川在住の英都大学助教授(准教授)火村英生(同齢)が探偵役として活躍する。

刊行数が多い為、二人の性格、生活環境、サブキャラクター達が十分に掘り下げられ、魅力的な世界を形作っている。現実的な事件が多い。



この2大シリーズは、学生アリスが作家アリスシリーズを書き、作家アリスが学生アリスシリーズを書いているという入れ子構造になっている。

関連イラスト

学生アリスメモ好きなところまとめ

users入り

users入りタグのうち、腐向け(BL)作品をマイナス検索した状態

既刊リスト

シリーズ物


ノンシリーズ(長編)

タイトル出版社概要
マジックミラー講談社文庫作家アリスシリーズの片桐が、主人公の推理作家の担当編集として登場した最初の作品
幻想運河講談社文庫/実業之日本社文庫
幽霊刑事※講談社文庫/幻冬舎文庫(新版)新装版は早川刑事のスピンオフ「幻の娘」も収録/ 宝塚歌劇団(月組)で舞台化
虹果て村の秘密講談社文庫小中学生向けジュブナイル

※1998年9月20日に大阪・万博博ホール/万博記念公園内お祭り広場で行われたイベントの為に提供した推理劇『幽霊刑事』の原案を小説化したもの。商品・賞金が懸かった犯人あてゲームというイベントの性格上、その芝居が上演されたのは約1500人を集めた当日の一度きりだった。

ノンシリーズ(中編)

タイトル出版社概要
まほろ市の殺人 冬 蜃気楼に手を振る祥伝社文庫春夏秋は他の作家の作品

ノンシリーズ(短編集:推理小説他)

タイトル出版社収録作
山伏地蔵坊の放浪創元推理文庫ローカル線とシンデレラ/仮装パーティーの館/崖の教祖/毒の晩餐会/死ぬ時はひとり/割れたガラス窓/天馬博士の昇天
ジュリエットの悲鳴角川文庫/実業之日本社文庫落とし穴/裏通る眼/遠い出張/危険な席/パテオ/多々良探偵の失策/登竜門が多すぎる/世紀のアリバイ/タイタンの殺人/幸運の女神/夜汽車は走る/ジュリエットの悲鳴
作家小説幻冬舎文庫書く機械/殺しにくるもの/締め切り二日前/奇骨先生/サイン会の憂鬱/作家漫才/書かないでくれます?/夢物語
壁抜け男の謎角川文庫ガラスの檻の謎/下り「あさかぜ」/キンダイチ先生の推理/彼方にて/ミタテサツジン/天国と地獄/ざっくばらん/屈辱のかたち/猛虎館の惨劇/Cの妄想/迷宮書房/怪物画趣味/ジージーとの日々/震度四の秘密/恋人
こうして誰もいなくなった角川文庫館の一夜/線路の国のアリス/名探偵Qのオフ/まぶしい名前/妖術師/怪獣の夢/劇的な幕切れ/出口を探して/未来人F/盗まれた恋文/本と謎の日々/謎のアナウンス/矢/こうして誰もいなくなった

ノンシリーズ(短編集:怪談)

タイトル出版社収録作
赤い月、廃駅の上に角川文庫夢の国行きの列車/密林の奥へ/テツの百物語/貴婦人にハンカチを/黒い車掌/海原にて/シグナルの宵/最果ての鉄橋/赤い月、廃駅の上に/途中下車
幻坂角川文庫天王寺七坂がモチーフ

エッセイ集

タイトル出版社概要
有栖の乱読メディアファクトリー読書遍歴と好きな本を順にあげて紹介したエッセイ
作家の犯行現場新潮文庫紀行エッセイ。写真:川口宗道
迷宮逍遥 有栖のミステリ・ウォーク角川文庫これまでに執筆した他の作家作品の解説、評論をまとめた本
赤い鳥は館に帰る講談社
謎は解ける方が魅力的講談社
正しく時代に遅れるために講談社
鏡の向こうに落ちてみよう講談社
有栖川有栖の鉄道ミステリー旅光文社文庫
本格ミステリの王国講談社有栖川有栖デビュー20周年記念出版
ミステリ国の人々日本経済新聞出版社本格ミステリ紹介書
論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集角川文庫これまでに執筆した他の作家作品の解説、評論をまとめた本

共著

タイトル出版社概要
有栖川有栖の密室大図鑑新潮文庫/創元推理文庫磯田和一・画
新本格謎夜会講談社ノベルズ新本格誕生15周年記念謎解きイベント&トークショー
大阪探偵団 対談 有栖川有栖VS河内厚郎沖積舎河内厚郎との対談
密室入門!メディアファクトリーメディアファクトリー新書安井俊夫との共著
綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(1~3)講談社対談&アンソロジー
怪談えほんおろしてください岩崎書店市川友章との絵本

編著(収録作は他の作家作品)

タイトル出版社著者名・収録作
有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー角川文庫巽昌章『埋もれた悪意』/白峰良介『逃げる車』/つのだじろう『金色犬』/ロバ-ト・ア-サ-(宇野利泰訳)『五十一番目の密室』/W.ハイデンフェルト(高見浩訳)『<引立て倶楽部>の不快な事件』/ビル・プロンジ-ニ(森愼一訳)『アロ-モント監獄の謎』/余心樂(松田京子訳)『生死線上』/上田廣『水の柱』/海渡英祐『「わたくし」は犯人…』/ジョン・スラデック(風見潤訳)『見えざる手によって』
有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー角川文庫オースチン・フリーマン『青いスパンコール』/フィリップ・K・ディック『地図にない町』/A.J.ドイッチュ『メビウスという名の地下鉄』/ウィリアム・アイリッシュ『高架殺人』/アメリア・B.エドワーズ『4時15分発急行列車』/雨宮雨彦『泥棒』/西岸良平『江ノ電沿線殺人事件』/江坂遊『0号車』『臨時列車』『魔法』/小池滋『田園を憂鬱にした汽車の音は何か』/上田信彦・有栖川有栖『箱の中の殺意』(推理イベントの脚本)
小説乃湯角川文庫式亭三馬『浮世風呂』/谷崎潤一郎『柳湯の事件』/梶井基次郎『泥濘』/海野十三『電気風呂の怪死事件』/尾崎一雄『玄関風呂』/太宰治『美少女』/筒井康隆『エロチック街道』/辻真先『ああ世は夢かサウナの汗か』/清水義範『秘湯中の秘湯』/北村薫『水に眠る』/長野まゆみ『花も嵐も春のうち』/原田マハ『旅をあきらめた友と、その母への手紙』
大阪ラビリンス新潮文庫宇野浩二『橋の上』/横溝正史『面影双紙』/織田作之助『大阪の女』/小松左京『大阪の穴』/掘晃『梅田地下オデッセイ』/田辺聖子『コンニャク八兵衛』/有明夏夫『川に消えた賊』/岩阪恵子『おたふく』/芦辺拓『天幕と銀幕の見える場所』/柴崎友香『火花Ⅰ』『火花Ⅱ』

監修(収録作は他の作家作品)

タイトル出版社概要
図説 密室ミステリの迷宮洋泉社MOOK監修
北村薫と有栖川有栖の名作ミステリーきっかけ大図鑑(全3巻)日本図書センター北村薫との共同監修

※現代ミステリー短編集 動物園の暗号(2006年12月岩崎書店)は↓古本屋で高額になっているが、それぞれの作品で文庫に収録されている。

収録作品:やけた線路の上の死体(江神二郎の洞察)/ローカル線とシンデレラ(山伏地蔵坊の放浪)/動物園の暗号(ロシア紅茶の謎)/落とし穴(ジュリエットの悲鳴)


※Smoker's View 名探偵Q氏 紫煙をくゆらす(メディアファクトリー『ダ・ヴィンチ』2011年9月号)Nosmoker's View 名探偵Q氏 ついに求婚す(メディアファクトリー『ダ・ヴィンチ』2011年10月号)の二作は『名探偵Q氏のオフ』のタイトルでまとめたかたちで『こうして誰もいなくなった』に収録。


関連タグ

有栖川有栖(作家アリス) 有栖川有栖(学生アリス) 火村英生 江神二郎 作家アリスシリーズ登場人物一覧 学生アリスシリーズ登場人物一覧 ソラシリーズ 濱地健三郎シリーズ 幻坂 怪談えほん 黄泉比良坂 探偵役とワトソン役

外部リンク

NHK怖い絵本その2『おろしてください』

朗読ドラマ『おろしてください』ロケ地自家焙煎コーヒー専門店・パペルブルグ(東京八王子)

X(Twitter)/まとめ記事など

最初の数行

例の「(図書館で借りたor古本屋で買ったということを)わざわざ作者に言わなくてもいいのに」問題

「古本で買った=あなたの本は誰かに売られてましたよ」と取れるから作家が不快に思うのでは、と推測している方がいるようですが


史上最年少(当時23歳)で江戸川乱歩賞を受賞した荒木あかねさんは、作家アリスシリーズの『探偵・青の時代』を読んだことがきっかけで推理小説に興味を持ち、中学生の時小説を書き始めた。記事 RT


有栖川有栖・創作塾

有栖川有栖・創作塾(HP)

有栖川有栖・創作塾(X・旧Twitter)

有栖川有栖・創作塾(ブログ)

有栖川有栖・創作塾OBでデビューした作家

2015年以降

名前デビュー作概要
野々宮ちさ黄昏のまぼろし 華族探偵と書生助手
大津光央たまらなくグッドバイ第14回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞
伊丹央ヒーローは眠らない第1回カクヨムWeb小説コンテスト現代ドラマ部門大賞受賞
高代亜樹勾玉の巫女と乱世の覇王
鵜林伸也ネクスト・ギグ
犬塚理人人間狩り第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞
小松亜由美誰そ彼の殺人
夕木春央絞首商會
佐久そるん氷と蜜 第一回日本おいしい小説大賞最終候補作
大谷睦クラウドの城第25回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞
[[]]
[[]]

2023年のアレに関すること

六甲おろし/2023年9月14日/特番を観ながら/道頓堀/セとパ/2023年10月20日①///スポーツ新聞/←記事/記事になっちゃった/綾辻行人さんの反応/近本選手/感謝/2023年の日本シリーズ

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7440379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました