ピクシブ百科事典

黄泉比良坂

よもつひらさか

「黄泉比良坂」(よもつひらさか)とは、日本神話に登場する「場所」である。島根県(出雲)に縁の地がある。
目次[非表示]

概要

黄泉比良坂とは日本神話に登場する場所であり、生きる者の世界である現世と死者の世界である黄泉の境界に存在する。
日本神話の最初期にしてイザナギイザナミの二人の物語の終盤に登場する場所として有名。

イザナギとイザナミの「黄泉比良坂」

イザナミの死と黄泉での再会

日本神話における始まりの神々であるイザナミとイザナギは二人の間に多数の神を生み出した。
この神生みによって世界を形成する多様な神々が誕生したが、その最後に生まれた火の神カグツチはその熱によって出産の際に母イザナミに深刻な火傷を負わせ、やがて死へと至らしめることとなった。これはこの世における初めての「死」である。

イザナミは黄泉へと去り、生きる者の世界と隔てられた。しかしイザナギはその面影を忘れられずに激しく嘆き悲しみ、やがてはイザナミを取り戻すべく黄泉の国へと降っていった。

イザナギは黄泉の暗黒の中を彷徨い、ようやくたどり着いた神殿の戸口でイザナミとの再会を果たす。しかしイザナミはすでに黄泉の食物を口にしており、そのため黄泉から出る事はかなわないという。その一方で自らを追って暗黒の世界であるこの黄泉の国まで来てくれたイザナギに心を打たれ、黄泉の神々と相談してみる、と告げるのである。

ただし、その間は自分の姿を見てはいけない、とイザナミは念を押す。
そして再び神殿へと引いていってしまった。

禁忌の侵犯と存在性の共有の断絶

イザナミが神殿へと入って長い時間が過ぎ、イザナギの辛抱は限界に達した。
やがてイザナギは「見てはいけない」の言葉を払い、即席の灯明りをつくって神殿の奥へと入ってしまう。

そしてその奥で先程は闇のせいで見えなかったイザナミの今の姿を見てしまい、イザナギは恐怖した。体が腐り、ウジのような虫がたかり、八つの蛇神に絡みつかれたその姿を見てしまったイザナギは、一目散に神殿から逃げ出したのである。

約束を破り、さらに自らの見られたくない姿を見られてしまったイザナミは激怒し、配下の鬼女達を即座に追跡へと向かわせた。

光のある世界への逃走

鬼女(ヨモツシコメ)達の追跡に対してイザナギは髪飾りやその部位を葡萄や筍に変化させてヨモツシコメ達の注意をそらせ、さらに自らの世界に向けて逃亡を続ける。
イザナミは自身の体に絡みつく八つの蛇(雷神)も追跡にあたらせるもイザナギは逃げに逃げ、ついに現世と黄泉の境界である黄泉比良坂へと至るのである。
境界の向こう、生きる者たちの世界に至る事の出来たイザナギがその地に生えていた桃の木から桃を取り、追ってきた者たちに投げつけると、桃の霊的な力によって追跡者たちは追い払われた。

手持ちの配下が追い払われた一方のイザナミであったが、この黄泉比良坂で、ついに自らもイザナギへと肉薄しようとしていた。

黄泉比良坂

イザナミの追跡に対して、イザナギは黄泉比良坂に「千引の岩」(ちびきのいわ。千人の力でようやく動かせるという巨岩)を敷き、生者の国と死者の国を決定的に分断する。
生と死の境界を明確に設定することで、これ以上のイザナミの追跡を遮断したのである。
この境界を挟んでイザナミと対峙したイザナギは、絶縁を宣言する。

この仕打ちにイザナミはさらに怒り、イザナギがこれから生み出すであろう人間を一日に千人殺害すると声を上げる。ならば、とイザナギは一日に千五百人を生み出すことでそれに対抗すると告げ、その場を去るのであった。

そして二柱は黄泉比良坂を境に、永遠に別れていったのである。


黄泉比良坂においてあらゆる生と死が明確なものとなり、成長と衰退の輪廻が生まれた。
別れの地は、その他のすべての生き物たちの生と死の循環をも確立したのである。
母神イザナミが先んじて体験し、イザナギとの経緯から生み出したものもまた、「死」であった。

オオナムチとスセリヒメ、スサノオの「黄泉比良坂」

「黄泉比良坂」はイザナギとイザナミの物語より後の時代の物語にもう一度登場する。
スセリヒメとの婚姻に際して無理難題をオオナムチに数々叩きつけるスサノオであったが、様々な動物たちの助力によってオオナムチはスサノオの難題をかいくぐり、ついにはその寝込みを捉えて柱に拘束することに成功した。そしてその合間にスセリヒメとの逃亡の支度を整え、(予定外の事態はあったものの)二人はスサノオからの逃亡に成功。

三人の逃亡劇はついに境界たる黄泉比良坂まで届き、ここに至ってスサノオはこれ以上の追跡を断念。捨て台詞とともにオオナムチに大国主の号と使命と与え、婚姻を承認した。

ここでも黄泉比良坂は二つの世界を分ける境界として登場している。

出雲国の黄泉比良坂

実際に黄泉比良坂があった場所として、出雲国の「伊賦夜坂」(いふやさか)が挙げられている。今日の島根県八束郡東出雲町にあり、ここには千引の岩とされる巨岩も置かれている他イザナミを祀る揖夜神社(いやじんじゃ)がある。

関連タグ

日本神話
イザナミ イザナギ
黄泉

参考資料・外部リンク

参考資料

日本神話 神々の壮麗なるドラマ 2003 戸部民雄 新紀元社

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「黄泉比良坂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40521

コメント