ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 死んだあとの魂が行きつく世界のこと。
 宗教によってその呼び名や内容は様々だが、だいたいどの宗教でも「いい子悪い子普通の子」がどこに行くかが規定されている。たいてい、地獄系はこれでもかとデザインされているが、天国は、大体しょぼい。

 宮崎駿が、生死に関して物語を描く場合に作者の死生観が出るという話のネタとして、偽企画「『ごん太を殺せ』(彩花みんの死神もの漫画)アニメ化」を立ち上げた際、「転生観とあの世にいる観がブレンドされている」日本の死後観にツッコンでいたが、いいんだよこまけぇこたあ。なおそこで提示された「宮崎駿監督作品 ごん太を殺せ」は、北欧神話に基づいた冥府で、獄卒共の折檻の阿鼻叫喚と、天界の隣、戦の野でのエインヘリャルの剣戟の音だったり宴会の騒音だったりに悩まされる、場所で難儀をしているお迎え担当の者の若いのが、活躍するという話であった。
 因みに、北欧の死者で、戦士の霊は来たるべきラグナロクに臨むための名誉ある演習に明け暮れると言われるが、六道修羅道も、人間道、天道に並ぶましな方扱いである。

 古代エジプトでは、「霊魂の不滅」がどうとか言われるが、冥府へ行って裁判受ける前に、「港から船に乗る」「川(とてもでかい 対岸が見えない)を渡る」際、大体60%くらいの確率で、霊魂が消滅する。

 漫画鬼灯の冷徹』で、獄卒のオタクがいたりアイドルがいたりテレビやフィギュアがあったり警察もあったりという地獄が描かれるが、大昔の巫女が言う「あの世へ行った話」も大体そんな感じで、警察もあれば病院もあり、現世と変わらない世界であったが、帰る際タブーとされた振り返り見をすると、骸骨が夥しく並んでいる…と言うのがパターンなので、たいていそんなものらしい。

主な呼び名の一覧

プラスイメージ


中間


マイナスイメージ



境界にあると思われるもの


題材とした作品


特殊な物


関連項目

宗教  霊魂 死神 閻魔大王
根の国 ヘル リンボ ヴァルハラ ハデス

pixivに投稿された作品 pixivで「あの世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29104

コメント