ピクシブ百科事典

ハデス

はです

ギリシア神話における冥界を統治する神。こちらではディズニー映画『ヘラクレス』に登場する悪役としてのハデスを説明する
目次[非表示]

曖昧さ回避

詳しくはハーデスを参照。

概要

CV:嶋田久作(本編・KH他)、青山穣(TVシリーズ『ヘラクレス』)

死者の国を治める神。しかし、本作での死者の国は地獄のそれに近い環境であり、死者たちの怨嗟の声に耐えかねたこともありゼウスを倒しオリンポス山を乗っ取る野望を抱いている。その計画の邪魔になるヘラクレスを始末するべく部下のペインとパニック、そして数多の怪物達を派遣する。
残忍な悪役ではあるがどこぞの冥府神のごとくコミカルさが目立つ。
ペインとパニックのドジに時折頭を抱えるなど気苦労も多い。
髪の毛は青い炎(本人曰くカツラ)になっており怒ると赤く燃える。しかし普通の炎のように吹き消すことが可能なものであり、ペガサスに吹き消された際にはスキンヘッドになってしまった。

登場作品のマイナーさにもかかわらず後続のディズニー作品に結構な頻度で登場している。
特にディズニーのハウス・オブ・マウスシリーズには結構な頻度で出演しており、彼をメインゲストにした回や同じヴィランズのマレフィセントとの恋愛も描かれた。
上記を意識したかは不明だが、ディセンダントではマレフィセントと結婚しており、主人公マルの実父であったことが3作目で判明する。

キングダムハーツではなんとオピニオンリーダーやラスボスよりも強い隠しボスとなっていた。

関連タグ

ヘラクレス(ディズニー)
イデア・シュラウド:彼をモチーフにしたキャラクター。

関連記事

親記事

ディズニーヴィランズ でぃずにーゔぃらんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1810239

コメント