ピクシブ百科事典

極楽

ごくらく

西方極楽浄土、極楽とは阿弥陀如来の浄土である。
目次[非表示]

概要

 極楽とは仏教における天国に相当する概念、極楽浄土ともいう。六道に含まれる「天道」「天上道」とは区別され、が棲むとされている。天道に住む天人たちには寿命があり、寿命を迎えると天人五衰と呼ばれる苦しみの果てに輪廻転生へと戻っていく。しかし、極楽に住めば、永遠の安らぎを得られるという。極楽に住む為には仏の教えを元に正しい教えを悟ることが必要である。
もしここで菩薩としての修行を完成させ、仏陀となった暁には、その浄土がある仏国土(一人の仏が教化できる範囲の世界)を出て別の場所に行き、自身の浄土を建設する事になる。
その浄土もまた菩薩の修行地となり、六道輪廻の衆生を救うための拠点となる。
これは全ての浄土に共通する特徴であるが、極楽の場合、ここに生まれ変わる(往生)する事を目指す教えが説かれており、これを専門とする諸宗派を「浄土門」「浄土教」という。
日本でいえば浄土宗浄土真宗などにおける考え方である。極楽の詳細はこれらの宗派で重んじられる「浄土三部経」に描かれている。信徒たちは救いを求め、念仏を唱える。そして死後阿弥陀仏が死者を極楽へと迎えに来るわけだ。

一方、禅宗日蓮宗等では地理的な死後の世界としての極楽を目指していない。日蓮系の場合、我々が住む仏国土「娑婆(サハー)国土」と重ね合わせに存在する釈迦如来の浄土「霊山浄土」への往生を説く。
禅宗においては極楽も地獄も人の心の中にあり、そう考えて悟りを目指さなければ浄土を見出すことはできないと考えるのである。

類語

桃源郷 浄土 極楽浄土

関連項目

あの世  成仏

pixivに投稿された作品 pixivで「極楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22989

コメント