ピクシブ百科事典

悟り

さとり

「悟り」とは、知らなかったことを知ること、気がつくこと、感づくことを言う。仏教においては「迷妄を去った真理」のこと。またはその境地を取得したこと。
目次[非表示]

解説

「覚り」とも書き、知らなかったことを知ったり、気がつくこと、感づくことを言う。

仏教における悟りは『迷妄を去った真理』のことで、またはその真理を感じとり取得したこと、即ち生死の迷いなどの、あらゆる煩悩を取り払い(漏尽)、苦を滅し(苦滅)、一切を平等に正しく観ずることができた境地のことを指す。
『正覚(しょうがく)』とも言われ、『正等正覚(しょうとうしょうがく)』『正等覚(しょうとうがく)』『等正覚(とうしょうがく)』とも言われる。
漢字音訳では『三藐三菩提(さんみゃくさんぼだい)』または『菩提(ぼだい)』とも言われる。

単語

サンスクリット語では「サンミャク・サンボーディ(samyak-sambodhi)」と言われ、日本語理解」「気づき」「通達などとほぼ同じ意味になる単語であるが、日本仏教用語として多用される動詞である「悟る」や、その連用形である「悟り」に相応する単語はサンスクリット語には存在しない。
インドの仏教では時と場と機に応じて、主だった表現だけでも10種類以上の「さとり」に相当する単語が駆使されたている。

関連タグ

仏教 信仰 宗教
日本語 サンスクリット語
ひょっとして…小五ロリ

関連記事

親記事

仏教用語 ぶっきょうようご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「悟り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 722699

コメント