2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仏教を供養する際に、を散布すること。
転じて「華と散る」と訳すことで太平洋戦争時に戦死玉砕特攻という単語をぼかし美化する際に使用されていた。
勘違いされやすいが、『スカイ・クロラ』シリーズに登場する戦闘機は「散香」であって散華ではない。

アカツキ電光戦記またはエヌアイン完全世界では

/歯を食いしばれェ!\


このゲームシリーズにおける「あけぼのフィニッシュ」に該当する演出。
雌雄を決するラウンドで特別攻撃以上の大技でフィニッシュすると、背景が一色に染まりシルエット化したキャラクターをバックに「散華」と画面全体に表示される。

結城友奈は勇者であるでは

友奈達に隠されていた勇者システムと満開の真実
勇者は満開を使用すると『散華』と呼ばれる現象を起こして身体の機能の一部を損失する。
どの身体機能を失うのかは実際に散華するまでわからない。
失われた身体機能は勇者達を守護する神樹に供物として捧げられる。
なら満開を使わなければいいじゃないかと思うだろうが、満開は戦闘行為によって溜まる「満開ゲージ」が最大になると発動するというシステム上、発動自体を止める事はできない(ある程度ずらす事はできるが)。
しかも、散華の度に増える精霊によって、勇者は死ぬ事ができなくなる
つまり、勇者は戦いの果てに体の機能を失っていくという生き地獄を味わう宿命にあるのである

しかし、勇者達を支え神樹様を祀っている「大赦」は、これを隠したまま勇者達を戦わせようとしていた。

一方アニメ版鷲尾須美は勇者であるでは乃木園子、及び鷲尾須美の家族に安芸先生が散華に関して話している場面がある事から、勇者の家族には散華の詳細を知らせている模様(この事からおそらく結城友奈は勇者であるでも裏側で同様の事をしていると思われる)。

そして当然の帰結であるがその詳細を聞いた1人は「あの子達はまるで生贄じゃないですか!」と悲痛な声を上げた。

乃木園子曰く、大赦なりの気遣いだったようだが、結果としては勇者達を騙して戦わせていた事になる。

ただ、散華の度に精霊が増える関係上満開を行う度に新たな能力を得るので、「満開をすると強くなる」という点は間違っていない。
事実、満開を20回も行った園子は、体の大半の機能を失う代わりに強大な力を得ている。
また、満開が登場する前に戦っていた過去の勇者達は、戦闘によって多数の戦死者を出していた事を踏まえると、精霊により致命傷を負わなくなり、死ななくなる事が一概に悪いとは言えない部分もある

『結城友奈の章』最終回にて全員が最後の満開をした後は散華が起こらず、その後捧げられていた身体機能も回復した(これは返されたのではなく作り直されたことによるもの)。

『勇者の章』では散華がなくなった代わりに、精霊は最初の1体のみになって増えなくなり、最初から溜まった状態の満開ゲージが精霊バリアを使うごとに消費する形式になり、満開は満開ゲージが満タンの状態(つまり精霊バリアを一度も使っていない状態)でなければ使用できなくなった。
逆に言えば、満開の使用後は精霊バリアが使えなくなる。しかもゲージは変身しなおしても回復しないので、満開は一回しか使えない(メモリアルブックでは、神樹の寿命が迫って力が弱っている事が影響しているかもしれないと説明されている)。
精霊バリアは変身していない時に使用してもゲージを消費するので、犬吠埼風は交通事故に遭った際ゲージを一つ消費してしまい満開を使用できなかった。
終盤では、人として生きる勇者達の思いを受け取った神樹が、自ら満開・散華する事を選ぶ

ゆゆゆい』では、嫉妬や笑えないジョークなどで暗い表情になった時、怖い表情を作った時、愕然とした時、極端に疲れた時、特定の相手がいない状が起きた時などで、目が散華する事がよくある。また、開幕初っ端から目が散華するもいた。

関連タグ

第二次世界大戦
結城友奈は勇者である 乃木園子
仮面ライダー斬鬼
さんかれあ
アカツキ電光戦記 エヌアイン完全世界

関連記事

親記事

仏教用語 ぶっきょうようご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「散華」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「散華」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397323

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました