2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

大本営発表

だいほんえいはっぴょう

大本営発表は、太平洋戦争中に実施された大本営による公式発表。戦況が悪化するにつれ虚飾が著しく多かったことで悪名高く、「嘘だらけの公式発表」の代名詞と化した。
目次[非表示]

概要

太平洋戦争中、日本の大本営による陸軍部及び海軍部が行った公式発表を「大本営発表」という。第1回目の大本営発表は真珠湾攻撃を伝えるもので、1941年12月8日6時に行われ、終戦後の1945年8月26日まで計846回行われた。

ところが、日本側の敗色が濃厚になるにつれて、さも戦況が有利であるかのような虚飾報道が著しくなり、末期になると勝敗が真逆の発表すら日常的に行われていた。

そのため「ある組織等が実態と幾分あるいは全く異なる情報を公表宣伝する」ことを「大本営発表」と皮肉る表現として用いられることが多い。

なお、大本営発表による戦果報告は実際と比べ空母撃沈数は約7.6倍、戦艦撃沈数は10.75倍にまで膨れ上がっていたが、末期はそれら報告がすべて真実だとしてもアメリカ軍にはなお十分な戦力が存在していた。

実際の状況

日中戦争勃発時、新聞各社は特ダネを狙うべく軍の報道のすっぱ抜きやスクープなど熾烈な報道合戦を始めた。真っ当な報道ならまだしも、現場指揮官の「〇〇は占領したも同然」という言葉を受けて「よろしい、では占領と記事にしましょう」と記者が成果欲しさに重大な虚偽報道をするということもあった。
これに手を焼いた軍部は、紙の供給や報道許可の停止をちらつかせたりして報道界を締め上げていき、そもそも紙も取材もない状態では報道ができなくなるマスコミは、太平洋戦争勃発時にはただ単に軍の報道をそのまま流すだけの機関に成り果てていた。
開戦当初、日本軍優勢で推移していた頃は、大本営発表も概ね事実に即していたが、1942年2月の段階での「エンタープライズ空母」を撃沈した、あるいは「航空母艦1隻大破炎上」、と発表するなどの虚報あるいは戦果の誤認もみられる。また、報道内容に過剰な修飾を行って派手やかに報じるなど、少しずつではあるがのちの虚飾報道につながる種はまかれていた。特に陸軍は、海軍に出遅れたためにそうした報道が多かった。

艦娘随笔2
負けたと思うまで人間は負けない



虚飾報道が増えるのは同年6月のミッドウェー海戦での惨敗からで、日本軍の劣勢を隠蔽するため損害を著しく過小に報道するようになった。
この虚飾報道は特に船舶の被害がそのまま戦力の低下につながる海軍でひどく行われた。

また、用語言い換えが盛んに行われていた。ガダルカナルの戦いの発表で行われた「撤退」→「転進」、アッツ島の戦いの発表の際行われた「全滅」→「玉砕」、敵艦戦の撃沈撃破かわからなくなったほど報告能力が低下した時期に撃沈破という新語を作り出すといったことがその例とされる。

こちらは双方の軍が行ったが、陸軍が主(海軍の場合言い換えを行うことができないケースが多い)。中には実態を反映せずに発表した内容が逆に軍事行動に悪影響を及ぼしてしまったケースも多々起き、レイテ島の戦いでは台湾沖航空戦の戦果をそのまま信じた陸軍が、壊滅したはずのアメリカ海軍に大損害を受けて貴重な戦力を消耗してしまうことになった。

発生の原因

  • 大本営が戦況を正確に把握できておらず、現場からの報告に頼らざるを得なかった
  • 過去の情報や被害状況に見合った戦績を発表する必要があったため
  • 士気の関係で大きな損害を出すことを報告することをためらった
  • 作戦部など戦争指導に関わる部署が責任問題になることを嫌った
  • 報道に各部署の許可が必要で、責任問題を渋る部署のために好ましい報道ばかり挙げざるを得なかった
  • 命を懸けて戦っている現場からの戦果確認に対する圧力に抗しきれなかった

などがあげられる。

統制の綻びと終焉

ただしこれらの発表が実態からの乖離が進むにつれ、特に現場の実態に詳しい者からは内容の虚偽性は認識されてきていた。

また、国内の報道では大本営発表に頼らず自前の取材にて前線の様子はある程度把握できており、日本軍の劣勢を国民が全く知らなかったわけではない。大本営発表に情報を依存している者の間でも、「転進だなどと言い訳がましいこといってるが、要は敗退だろう」などといった主張が国民の間に広まっていたことが特高の月報にも掲載されていた。
44年後半には前線でも投降兵が増加するほど日本人の戦意は大きく低下し、素直に大本営発表を信じていた国民は少なくなっていったことがアメリカ軍の戦後調査でも明らかになり、情報統制下にあっても勘が鋭い者、情報感度の高い者は大本営発表の行間にある実情を予測・分析して独自の戦況分析を行っていたことがわかっている。

最末期には、盤石であった報道機関への統制も綻びが生じた。広島への原爆投下の際、正直に報告しては士気にかかわり、しかし壊滅的な被害状況を隠すわけにもいかず「相当の被害」という言葉を用いて表現したところ、普段から大本営発表に触れている記者達は「都内各所に火災を生じたるも宮内省主馬寮は二時三十五分其の他は八時頃迄に鎮火せり」と報じられた東京大空襲にすら使用されなかったこの語句に強く反応し、「これで負けたんじゃないか」と思わず漏らす記者もいたという(記者達は当然東京の惨状を知っている)。
また、戦争終結の2日前には戦争継続派の軍人達が偽造した文書を記者クラブで読み上げるという事件が起きた。しかし、「連合軍に対し全面的作戦を開始せり」という戦況報道を超えた文言に違和感を覚え、いつもと印鑑花押も違うことに気づき報道取りやめを求めた記者達は、統帥権干犯まで持ち出して激高する報道官の恫喝にも退かず、政府関係筋に確認をとって文書偽造を暴くなど、最後の最後で報道機関は軍部に対して明確な反抗姿勢を見せた。

最後の大本営発表は1945年8月26日の放送に行われた。

本八月二十六日以降実施予定の連合国軍隊第一次進駐日程中連合国艦隊相模湾入港以外は、夫々四十八時間延期せられたり。

日露戦争時の大本営発表

このような大本営になったのは、日露戦争時にもあった。
日露戦争時の日本は連戦連勝ではあったが資源や物資に乏しく、局地的な勝利を重ねていても不安定な戦況ということは変わってなかった。
だが真実を言ってしまえば、ロシア側との交渉が上手くいかず、日本軍や日本国民の士気が上がらず、頼りであった国債の売り行きも悪くなる事態が考えられた。
その為、新聞社や諸外国には日本軍は善戦しているニュースしか教えなかった。
その結果日本軍と日本国民は高い士気を維持したまま講和に望むことができた。一方で苦戦や物資、資金の量を知らない為に国民は賠償金を取れない講和に不満を覚え、日比谷焼打事件を起こすこととなる。

海外の事例

このような「不確実な報告」を基にした発表は日本だけのものではなく、特に状況が悪化している国ではこのようなことが発生しやすい。例えばアメリカの事例ではヒラヌマの事例が存在する。

なお、日本の大本営発表は、アメリカやイギリスにもラジオなどで伝えられたが、日本側の発表をある程度信じ込むアメリカ人やイギリス人が一定数いた。これは後述するがアメリカやイギリスの人々も、自国の発表を妄信はしていなかったためで、「発表された戦果は正しいとしても損害を隠しているのでは?」といったようにある程度疑ってかかった結果。
彼らの中には投資家などもおり、そのため株価などが混乱することがあった。日本側は、そういった効果を意図したわけでは無かったが、大本営発表は一種のプロパガンダという形で、アメリカを僅かに害するという成果があった。

また、連合国の被害が、枢軸国に知られることを防ぐために、不利な情報について隠蔽が行われることは、連合国でも日常茶飯事であった。例えば、事前に情報がドイツに漏れたために、待ち伏せを受けて完全な失敗に終わったジュビリー作戦は隠蔽された上に、情報を不用意に漏らした将校は、処罰が一切行われなかった。また、対日戦でも、初期は敗北続きだったために被害の隠蔽はよく行われており、実際にアメリカの一般国民が自国の被害状況を正確に知ったのは、戦後のことである。また、こうしたアメリカ軍の隠蔽姿勢は、一般国民に軍への不信感を植え付けており、前述の「日本が発表した大本営発表を、アメリカ人が信じる」という、奇妙な状況にも繋がった。

詳細は特攻神風特攻隊の項目に譲るが、神風攻撃で米英艦隊が受けた被害は意外と馬鹿にならず「大本営発表もあながち間違ってなかった」と揶揄されるほどで、アメリカ側でも厳重な報道管制が行われていた。
他、風船爆弾についても日本側に着弾地点や命中率などの情報を与えないため、厳重な報道管制の対象になった。

2022年のウクライナ侵攻では、ロシアが海外メディアやSNSを軒並み締め出し「軍の情報に関して虚偽報道に最大15年の罰則」という法律を定めたため、ロシア国民が広めることのできる情報はロシア政府の発表のみとなっている(国外からの情報はインターネットによりかなり手に入れることができる)。

転じて

この状況より、公式、特に政府などの発表する情報のうち、有利となる情報を過剰に扱ったもの、不利な情報を隠蔽したもの、あるいは自らを有利とする目的をもって発表するものを大本営発表と呼ぶことがある。
スポーツ新聞では、機関紙における特定球団の記事を指すことが多い。主な例では、スポーツ報知による読売ジャイアンツ中日スポーツ東京中日スポーツにおける中日ドラゴンズの記事などが挙げられる。
pixivだと太平洋戦争を題材とした某作品のネタが多い。

関連タグ

大本営 大日本帝国海軍 大日本帝国陸軍 現実逃避  虚偽 誤報 捏造 プロパガンダ

読売新聞 NHK 産経新聞 よみうりテレビ:長年政権与党である自民党寄りの報道姿勢のため左派から「大本営発表」と揶揄されがち。
ムハンマド・サイード・アル=サハフサハフフセイン政権(イラク)の情報相。イラク軍の敗北を否定する荒唐無稽な記者会見発表の内容は「大本営発表」にたとえられた。
エンタープライズ サラトガ:大本営発表では撃沈したことになっていた空母。どちらも終戦まで健在だった。

外部リンク

wikipedia:大本営発表

関連記事

親記事

大本営 だいほんえい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました