ピクシブ百科事典

安芸先生

あきせんせい

安芸先生とは、『鷲尾須美は勇者である』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

出演作品鷲尾須美は勇者である
CV佐藤利奈
性別女性


概要

「1+1+1を、3ではなく、10にするのよ」

鷲尾須美乃木園子三ノ輪銀クラス担任の女性教師にして、勇者としての教官も務める大赦の人間。フルネームは不明。
クールで厳しいが、生徒には愛情を持って接している。ピーマンが苦手という一面も。
意外とスタイルもよく、驚いた須美は「戦艦長門」と例えていた(こっちの長門ではない、多分)。

仮面で顔を隠し、言葉もほとんど発しない大赦の人間の中で数少ない人間性を見せた人物。銀の死後、勇者システムの改良で「満開」が実装された際にはその隠された代償の重さに心を痛めていた。
鷲尾須美の章のラストシーン、もはや動くことすら出来ない身体となってしまった園子が神輿に乗せられ運び込まれるシーンが、彼女の(明確に判明している限り)最後の登場シーンなのだが、その表情は…

余談

原作では名無しのモブキャラであったのだが、アニメ化に先立ち名前が与えられた。勇者であるシリーズにて名前付きで登場する大人キャラは、今の所安芸先生が唯一である。
ただしアニメ先行上映後に登場した『花結いのきらめき』では原作準拠のため名無しのまま。幸いモブ扱いされたことやそれほど課金を煽ってくるような内容になっていないためか、某所同じ声の事務員の如く(ある意味バーテックス以上に)恐れられる、ということにはならなかった(ただし、花結いの章のストーリーでは銀が安芸先生の名前を言っている) 。

2年後の物語である『楠芽吹は勇者である』に登場する仮面の女性神官は、その言動から安芸先生なのではと推察するファンもいるが、現時点では関係は不明。鷲尾須美の章のラストシーンで先生が仮面を付けるシーンがあるほか、勇者の章でも台詞こそないが前髪が安芸先生に似た仮面の女性神官が度々登場しており、関連性が疑われる。

また大赦に属する人間で安芸の苗字を名のることから、安芸真鈴との関連性も考えられる。

pixivに投稿された作品 pixivで「安芸先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16011

コメント