ピクシブ百科事典

加賀城雀

かがじょうすずめ

加賀城 雀(かがじょう すずめ)とは、『勇者であるシリーズ』第4弾のイラストノベル『楠芽吹は勇者である』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「ぎゃあああーー!!助けてメブぅぅー!!守ってもらわないと死んじゃうからぁぁ!」

自分に自信の持てない中学2年生。どんなことでもネガティブに考えがちで、なぜ自分が勇者候補に選ばれていたのかも理解できていない様子。そんな性格ゆえに、積極的に前には出たがらず、戦いにおいても防衛を担当している。唯一すきなのがおしゃべりで、特に人のウワサ話が大好き。
(『楠芽吹は勇者である』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品楠芽吹は勇者である
肩書き防人(防人番号32番)
性別女性
年齢学年14歳中学2年生
誕生日神世紀286年7月22日
身長152㎝
血液型A型
出身地愛媛県
趣味おしゃべり
好きな食べ物みかん
大切なもの自分の命
声優種﨑敦美

※誕生日は『花結いのきらめき』のキャラクター紹介によるもの。

人物像

楠芽吹の同僚で、32人の「防人」の一員。芽吹のことは「メブ」と呼んでいる。

自分に自信の持てないネガティブな性格で、何事も悲観的に考えがち。
他人に対しても臆病で、怖そうな人を見れば「イジメられるのではないか」と怯える性分。そのため常にクラスや組織で一番ヒエラルキーが高い人物に取り入り、守ってもらうのが彼女の幼少期からの処世術。防人のリーダーである芽吹に、何かと「私を守って」と主張して近づいたのも、そういった下心によるもの。
そんな処世術に対して、周囲から「格好悪い」「媚びへつらっている」といった陰口を叩かれる場合もあり、本人もそんな自分の姿に自己嫌悪を抱いている。そのため、自分がなぜ勇者候補生、そして防人に選ばれたのか理解できていない(納得できていない)。

唯一好きなのがおしゃべりで、特に他人の噂話が大好き。防人のメンバーで唯一、個人的な興味から讃州中学勇者部に接触した事があり、「どうすれば勇気を持てるか」という依頼(というか相談)を持ち込んだ。
…が、スピンオフ『楠芽吹は特訓中。』で芽吹に見せたのは、ぼた餅を振る舞われている写真だったため芽吹に制裁された模様(頭にたんこぶができていた)。『勇者部所属ぷにっと!』の単行本に収録されたカットイラストでは、彼女からの人物に対する一言コメントを見ることができる。
スピンオフでは主に芽吹に対するツッコミを担当しているが、割と容赦なくぶっちゃけるため反発される事もしばしばある。

防衛に特化した『護盾型』の防人である事もあって、戦闘では基本的に前方へは出たがらない。
防人の番号は32番、すなわち大赦からは32人の防人の中で最弱と評されている(そして雀自身もその評価は正しいと感じている)。しかしながら、その臆病さから「生き残る道を見つける」事には人一倍強く、その本能は芽吹も一目置くほど。実際、死ぬ死ぬと言いつつ敵の攻撃に自分から飛び込んで仲間を救ったりしており、雀が攻撃を防ぎ切った相手には3人を死に至らしめた相手も含まれている。また、普段は芽吹に対して「守って」と言いつつ、実戦では自分から積極的に芽吹を守ろうと行動することもある。
このように、護盾型防人としてチームに少なからず貢献しており、芽吹や他の護盾型防人たちからも能力を認められているが、本人は自覚していない。大赦からの低評価とは裏腹に大きな実績をあげることができたのは、芽吹ら仲間たちとの相性が良かったことが幸いしたと言えるだろう(防人のような仲間同士の連携が必要なチームの場合、他のメンバーとの相性が重要になってくる)。

花結いのきらめき

第23話「誤解を解く」より登場。
本作でも相変わらず勇者達に遜っており(曰く「亜耶とは違う意味で下から」)、芽吹に「立派な戦力だから普通に扱って構わない」と横槍を入れられてしまうほど。
また、スピンオフ同様ツッコミ役も果たしており、そのツッコミの冴えっぷりから「ツッコミ型勇者」「ツッコミの星」と評された事もあるが…

自ら「チュン助」と自称し、園子にそのままニックネームとして認められている。遂には「チュンチュン」とつぶやくようにもなっており、一部ファンから心がチュンチュンするんじゃぁ~とまで言われ始めている。

亜耶の誕生日イベントでは、ジェットコースターを怖がって失神しかけた一方、お化け屋敷は意外と怖がらない所か芽吹の反応を見てみようと画策している(入った途中で鳴った樹海化警報に驚いた際「お化けよりもバーテックスが怖い」と言っている)。

彼女がうどん玉を調理すると、地元愛媛で食べられているみかんうどんが出てくる。また、唯一のざるうどんスタイルでもある。

勇者システムが最新式に統一されたため、精霊として「波山」が設定されている。

関連人物

楠芽吹の章

「メブ」と呼んでおり、防人の中で一番強いため、守ってもらおうと近づき、よく泣きついている。
しかし実際には、雀の方が芽吹を積極的に守ろうとする事が多く、芽吹からは実力を認められているが、自覚がない。また若干おだてようという打算はあったものの、芽吹を勇者と認めている。
ただし、「防人じゃなかったらコミュ障ぼっちになってた気がする」と評した事も。
バレンタインイベント2年目ではチョコを渡しつつ甘やかしてもらおうと画策していた。

お嬢様を自称する彼女を嘘くさいと思っており、「お嬢様設定」とまで言っている。そんな彼女に対して容赦のないツッコミや茶々を入れて良く口喧嘩をしている。
しずくとは本編での絡みが少ないものの、彼女からは一緒にいるだけで楽しくなれたと思われていた。ドラマCDでは漫才のネタのフリをしてもらったり、一緒にラーメン店を回ったりしていた。
彼女の別人格である荒々しいシズクには怯えており、様付けまでしたことがある。
「あやや」と呼んでおり、臆病な自分を馬鹿にせず、勇者部と同様に「臆病だけど勇気のある人」と評してくれたとてもいい子。
勇者部に接触した際に、彼女が子猫を助けようとして、誤って屋上に落ちそうになった所を危険を顧みず助けようとしたため、彼女から感謝され、勇気があると評してくれた。

花結いのきらめき

同じ愛媛県出身の勇者。みかん好きでもあるため、同士ができた事を喜んだ。

勇者部部長。
バレンタインイベント2年目ではチョコを渡しつつ護衛を依頼し、時代劇の悪代官のようなやり取りを展開した。

関連タグ

勇者であるシリーズ 楠芽吹は勇者である 大赦
防人楠芽吹 加賀城雀 弥勒夕海子 山伏しずく
巫女国土亜耶

pixivに投稿された作品 pixivで「加賀城雀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22881

コメント