ピクシブ百科事典

乃木園子

のぎそのこ

乃木 園子(のぎ そのこ)とは、『勇者であるシリーズ』第1弾のイラストノベル『鷲尾須美は勇者である』および第2弾のテレビアニメ『結城友奈は勇者である』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「皆が無事っていうのが重要なんだよ〜」

ボーッとしているのが趣味の、天然気質な女の子。日頃の多めのドジや失敗をいつも須美にフォローしてもらっているが、ここ一番の柔軟な思考からの閃きと行動力は、三人の中でも抜きんでており、一目置かれている。名家の生まれで、今まで大事に育てられてきたせいもあって友達が少なく、須美と銀を大切にしている。
(『鷲尾須美は勇者である』キャラクター紹介)

天然気質で、日常はふんわりほんわかしており、どこか頼りないが、ここぞという時の発想力と、爆発力には定評があるお嬢様。三人のリーダー。武器は形状が変化できる槍で柔軟に器用に戦う。
(『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品鷲尾須美は勇者である小学生)、結城友奈は勇者である中学生
肩書き勇者
性別女性
年齢学年12歳/小学6年生→14歳/中学2年生
誕生日神世紀286年8月30日
身長149㎝(小学生)→156cm(中学生)
血液型O型
出身地香川県
趣味ぼーっとする
好きな食べ物うどん
大切なもの友達
声優花澤香菜


人物像

神樹館小学校の6年1組(テレビアニメ版では6年2組)に在籍する少女で、バーテックスから世界を守る為に神樹によって選ばれた3人の『勇者』の一員。

語尾が「〜」で表されるような間延びした口調で話すのが特徴。かなり天然気味で呑気な気質を持っており、普段はぼーっとする事が好きでそのまま寝てしまう事が多い。その性格は幼いころから両親にも心配されるほどであった。しかし意外とハイスペックで勉学の成績も優秀であり、ある人物曰く「自分の知る限りでは苦手なものはない」らしい。重要な局面では随一の鋭さや行動力を見せる一面もあり、両親もそんな園子の一面を目にしてからは心配しないようになった。

大赦の中でも上里家と並んで最高の権力を持つ名家・乃木家の令嬢であり、超がつくほどの金持ちだがそれゆえ近づき難い存在として見られることが多いようである。そのためフレンドリーな性格に反して他の勇者たちとチームを組むまで友人は殆どいなかった。
だからこそチームを組む鷲尾須美三ノ輪銀を親友として大事に思っている。変なニックネームをつける癖があり、須美のことは「わっしー」・銀は「ミノさん」と呼んでいる。逆に須美からは(本人の希望で)「そのっち」と呼ばれている。

趣味で小説を書いている。その内容は須美や銀をモデルとしたものでかなり奇特なものだが、インターネットの小説投稿サイトでは高評価を得ていたりする。書道の作品も奇特なもので、「内角高め」「23センチ」「ファッションリーダー」なる謎の言葉が書かれていた。

乃木園子です


猫のキャラクター「サンチョ」(声:中田譲治)がお気に入りで、学校にもサンチョの抱き枕を持ち込む事がある。スピンオフ『勇者部所属ぷにっと!』では、1匹では飽き足らず机の中やランドセルの中、あろう事かロッカーの中まで計10匹のサンチョを持ち込み、さすがの銀も呆れてしまった(そのため教科書などは机の上に置きっぱなしで、須美に片付けるよう怒られている)。さらに夢の中や、あろう事か変身シーンにも登場する。ちなみに、しっぽを引っ張るとしゃべる機能がある(しかもかわいらしい姿に似合わずダンディーな声で)ということは付き合いの長い東郷ですらも知らず、「その子しゃべるの!?」と驚いていた。

普段こそのんびりだがイベント事になるとはっちゃけるタイプでもあり、ある外出の際はサングラスをかけて「レッツエンジョイ!カガワラーイフ!」と須美を誘った。

なお、須美ほどではないが園子もなかなかのものの持ち主である

勇者として

護りきる


浮遊する穂先をいくつも備え、傘のように展開して盾としても使える攻防一体の槍を使う、中距離攻撃型の勇者。イメージカラーは紫。モチーフになった花はバラ。
変身シーンは前述したようにサンチョも登場するので、他の勇者のものと比べると場違いなほどファンシーさが漂っている
勇者システムのバージョンアップによって最終決戦時に得た精霊は「烏天狗」。これは乃木家の適正により選ばれたとの事で、事実ご先祖様も似た精霊を使っていた。

乃木&乃木


またバージョンアップ後は髪をポニーテールっぽくまとめており、どこかご先祖様と重なる髪型となっている。バージョンアップ後のモチーフは蓮で、満開ゲージは腹部にある。
なお、バージョンアップ後に追加された精霊バリアと槍の防御機能は無関係であるため、防御手段を2つ有する事になり、精霊バリアに頼らずとも防御行動ができるという利点がある(『勇者の章』ではある理由で精霊バリアが機能しない時も槍による防御は有効だった)。

乃木園子(中学生)・満開


満開時は槍の刃が平常時よりもさらに複数展開し、一つ一つを精密に操れるマニュピレーター的な動きが可能になる。
最終決戦時は船のような形状の台座が出現。さながらオールのように展開された刃が自在に動いて敵を貫くほか、オールレンジ攻撃も可能。さらに、バリアを展開しながらの突撃体当たりも披露されている。多人数搭乗も支障がなく、『勇者の章』では東郷救出時に移動手段となった。

経歴

鷲尾須美は勇者である(鷲尾須美の章)』

乃木園子


神樹館小学校の6年1組(テレビアニメ版では6年2組)在籍時、鷲尾須美、三ノ輪銀と共にバーテックスから世界を守る勇者として選ばれる。日頃はドジや失敗が多く須美にフォローしてもらうことが多いが、ここ一番の柔軟な思考からの閃きや行動力を買われて3人のリーダーに抜擢される。なお、須美は当初この指名を園子の家柄の高さからくるものだと思い込んでいたが、後の戦いで園子が自分よりリーダーに適していることを思い知らされ、以降は彼女をしっかりサポートしていくことを決意した。

銀の戦死後、勇者システムのバージョンアップによって須美と共に新たな力を得る。そして、後に「瀬戸大橋跡地の合戦」と呼ばれることとなる最終決戦へと臨む。なお、この直前にトレードマークのリボンを須美に譲っており、彼女からは「後でつけてみるから、似合ってたら褒めて」という言葉を受け承諾している。

「瀬戸大橋跡地の合戦」においては、須美と共に満開を駆使して3体のバーテックスに立ち向かう。
その途中、自分たちの体に起こった異変から満開には供物となる代償が必要になることを看破。その後、自分と同様に満開を行い気絶した須美を気遣い起こすこともなく、たった一人で戦闘を継続する。
満開を繰り返しながら孤軍奮闘した末にバーテックス3体を倒し、ついに勝利を収めるが…。

なお、作中でたびたび登場する『勇者御記』の筆者は彼女である。

『結城友奈は勇者である -結城友奈の章-』

「ずっと呼んでいたよ、わっしー…会いたかった〜」

先代の勇者。日常生活が困難になるほど身体の機能を失っており、その体で友奈と東郷に伏せられていた勇者の真実を伝える。本来は、ぼーっとするのが大好きな、明るいのんびり屋さん。
(『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』キャラクター紹介)

「歩いて、友達を抱きしめに行きたいよ」


第8話「神の祝福」と第10話「愛情の絆」に登場。

「瀬戸大橋跡地の合戦」で20回もの満開と散華を繰り返した(満開1度につき1体増える精霊を合計21体所持している。後に枕返し両面宿儺大太法師がしゃ髑髏がその中に含まれていた事が明かされている)代償は重く、肉体機能の大半を失ったことで身動きが全く取れない(見る・聞く・話すがやっとで、心臓も動いていない)寝たきりの状態になり、日常生活が送れなくなってしまった。以後2年間、その身柄は大赦によって管理され、生き神として崇められ保護されていた。「鷲尾須美の章」ラストシーンで神輿に載せられているのは、もはや動くことすらできない身体になってしまった彼女である。
この反動なのか、以前の呑気さは鳴りを潜め落ち着いた口調になっている。
また、小学生時代とは髪の色も変わっているが、色そのものはアニメにて満開が実装された後の変身で変わっていた事から、満開を繰り返した反動で戻らなくなった可能性がある

なお、この第8話は『鷲尾須美は勇者である』最終話の発売直前に放送されたため、原作に先駆けて明かされた彼女の救いのない惨状は多くの視聴者に衝撃を与えた。

一方で、大赦は彼女を確かに『半神』的な存在として崇め保護していたが、一方で幾度となく満開を繰り返した結果、勇者としては無類の強さを誇っているため、『切り札』として有事には再度の戦線投入も視野に入れていた。関係者の話によると園子の戦闘能力は彼女自身の戦闘センスも含め「満開」においても遠距離・中距離・近距離問わず作中の登場人物の中でも最強とのことで、現役の勇者が暴走したときの「ストッパー」役を担っている。ただし、園子自身が暴走する可能性を考慮して、普段は大赦が端末を管理している。

「満開」の後遺症で記憶を失った須美(=東郷美森)との接触は禁止されており、どれだけ望んでも面会は叶わなかった。大赦の行動を理解しながらも、「(真実を)知らずにいるのは哀しい」という理由から反抗し、後述のように大胆な行動に出る。

讃州中学勇者部の5人がバーテックスとの戦闘を終えた直後、大赦の監視をかいくぐって結城友奈と美森を瀬戸大橋跡地へ召喚し、ついに「わっしー」との再会を果たす。そこで2人に勇者システムの真実を明かし、後日1人で病室を訪れた美森に対しては「神樹が作った壁(結界)の外の秘密」を伝え、「世界の外」へ赴くよう促した。

これらの行動によって、結果的に美森と犬吠埼風がそれぞれ暴走することとなるが、「暴走を止めてほしい」という大赦の依頼を拒否し、世界の行く末をどうするのかの判断を勇者部に託した。
『鷲尾須美は勇者である』ではこの辺りがより掘り下げられており、「かつての勇者達の戦いが全て無駄になる」という神官達の訴えに対し怒りを覚え「ふざけないでよ」と反論している。『ゆゆゆい』でも、このエピソードが再現されたストーリーがあり、いつも通りの調子ながら、静かな怒りを見せている。

第十二話(最終話)「貴方に微笑む」では、勇者部の戦いが終わった後、対価として失われた肉体機能が徐々に回復しつつある姿が描写されている。

なお、時系列的に登場する前の出来事である『樹海の記憶』でも物語の鍵を握る存在になっている。

イラストノベル、およびPCゲーム

乃木園子様


「じゃじゃじゃーん。乃木さんちの園子さんで〜す」

『その後の園子』やBD第6巻の特典ゲーム『結城友奈は勇者であるS』、および漫画版「結城友奈は勇者部所属」の#9「旅館来訪記 …内緒です。(祝・新入部員)」(コミックス2巻)、アニメ2期『勇者の章』では、失われた肉体機能が全て戻った後、本人の要望により讃州中学校に入学し、勇者部に6人目の部員として入部。口調も元に戻っている。
2年もの間学校の勉強からは離れざるを得ない状況だったが、本人は「数週間で取り戻しますので大丈夫です」と宣言している。

銀の使っていた勇者システムを強化&改変したものを使用していた三好夏凜にはどこか意味深な態度を見せている。

なお、結城友奈を「ゆーゆ」、犬吠埼風を「フーミン先輩」、犬吠埼樹を「イッつん」、三好夏凜をやはり「にぼっしー」と呼んでいる。美森の事は本人の希望もあり相変わらず「わっしー」呼び。逆に友奈からは「園ちゃん」と呼ばれている。

結城友奈は勇者である 花結いのきらめき

『その後の園子』と『結城友奈は勇者である -勇者の章-』の間を描いた本作では、中学生時代の園子と、時空を超えて2年前の「遠足」直前から召喚された小学生時代の園子が登場。このうち、プレイアブルで使用可能なのは小学生時代のみで、中学生時代は当初未実装となっていたが、後述する『勇者の章』放送に合わせて中学生時代も12月にプレイアブルとなる事が発表され
予告通り12月使用できるようになった。
中学生時代と区別するため、小学生時代の方はちゃんづけで呼ばれる事が多い(例外として友奈は園ちゃんではなく園子ちゃん、ご先祖様たる若葉は苗字呼びで、土居球子は「ソノ」と呼んでおり、白鳥歌野からは園子君とよばれている。また中学生園子からの呼び名は「そのっち」)

性能的には火力と攻撃速度のバランスの良い万能型。超必殺技の攻撃倍率はぶっちぎりのトップであり高難易度のお供に最高。
その代わりステータスは抑えられている。パートナーには銀、友奈などが好相性。遠距離型なら同属性の雪花が一番。
ちなみに、原作でのポジションは上項の通り中衛・中距離型であり、ゲームでの分類に当てはめるなら範囲型の方が近いのだが、実際には小学生の園子は近接型、中学生の園子は範囲型となっている。
精霊は小学生時代が鉄鼠、中学生時代が烏天狗。

中学生時代の園子は、運動会イベントにて日々トレーニングを欠かしていない夏凜さえも上回る身体能力の持ち主である事が判明した(実際『鷲尾須美は勇者である』でもあるアスレチックを当初は怖がるも銀の励ましであっさり突破するという場面があり、身体能力の片鱗を見せている)。さすが最強の勇者。
また、勇者アプリが戻っていないにも関わらず、上里ひなたの誕生日イベントでは彼女のプレゼント要望に応えようとしたためにひなたを藤森水都共々本来入れないはずの樹海に連れ込むという芸当を見せている。案の定「度が過ぎている」と怒られたが、全く懲りておらず、歌野の誕生日イベントではまたしても水都を連れ去り「ダークネス園子プロトタイプ」を自称、友奈と美森も巻き込んだ「国防四天王」として彼女を賭けたB級ヒーローショー(風曰く)を展開した(この際バトルパートでも実際に敵として登場し戦闘になる。そのため、フレンド及びゲスト枠以外で彼女を参加させられない)。 その様は小学生時代の自分にも驚かれ、銀に「たった2年であんなになっちゃうんだな」と呆れられるほど。
ちなみに、すでにプレイアブル化こそしているものの、彼女はメインストーリーの『花結いの章』では未だ非戦闘要員のままであるため、番外編にあたるイベントとはいえシナリオ上バトルに参加するのはこれが初となる。初バトルがこんなんでいいのか……?

小学生時代の方は、中学生園子と一緒に「私達の体が…」「入れ替わってる~?」と遊んでいたり、銀の弟が話題になった時に「ハーイ」「チャーン」「バブー」しか言わないあの子の物真似をしたりと相変わらずフリーダム。

一方、園子ズの誕生日イベントでは、「欲しいものを言ったらすぐ届いてしまう」という金持ちな境遇から欲しいものが無く、代わりに「ショッピングモールでウィンドウショッピングをしたい」と言っている。

ここ一番の鋭さは健在で、初対面でひなたが神世紀の人物ではないことをあっさりと見抜き、ひなたを逆に驚かせた(その後、すぐ寝てしまってさらに驚かせた)。
また、夏祭りイベントでは巫女の能力がバーテックスに知られた可能性を指摘した上で、ひなたに勇者から離れないよう警告している(ちなみにご先祖様は理解できなかった)。

そして、中学生の方は銀との再会にも(あまり表には出さないが)特別に思う所があり、「涙が出そうなのを我慢してる」と美森に告白したり、「見たかったな、大きくなったミノさん」と独白したりしている。
対する銀はというと「中学生の園子は本当にハクがついていて逆らえない」との事。

ちなみに、彼女の作るうどんは小中どちらでも釜玉。園子同士の組み合わせになると、「私は私、あなたは私」というシュールな言葉を発する。また、若葉からうどんを作ってもらった際には、ご先祖様の手作りということを不思議がる。一方、中学生の方はというと、「私だけど私じゃない」と、やはり意味深。若葉からの場合も特に不思議がったりはしないが、若葉のことはご先祖様と呼んでいる。
ちなみに、樹の紫色の「スペシャルうどん」には二人そろって「綺麗」と発言していたりもする…

『結城友奈は勇者である -勇者の章-』

勇者姿共々登場。勇者姿は満開実装後の姿と同じ。
1話では(存在自体を消された)美森に代わって5人目の勇者部部員として登場、バーテックスとの戦いにより成績が落ち込んだ風に勉強を教え、学園生活と勇者部の活動を楽しんでいること、幼稚園で木の役を演じることを銀の墓前に報告、お供えとして焼きそばを3つ作ったことを不思議に思ったことで自分たちの記憶が改竄され、美森の身に何かよからぬことが起きていることにようやく気がついている。
新しい勇者システムの関係で、精霊は烏天狗しか登場していない。しかし槍の一振りだけで空を覆う無数の星屑を一掃している場面があった。

かつてのリーダーだっただけあり、2話の美森救出の際は、実質園子が戦闘を指揮していた。『半神』のお役目を果たしていたことと家柄を活かして大赦とのパイプ役も果たしており、新たな勇者システムを提供してもらったり、友奈の身に起きた異変を聞き出したりしている。ちなみに、彼女にもタタリの影響は現れていたが、手の火傷という些細なレベルで済んでいる(それでも直接被害が及んだという点では影響は風の次に大きかったと言える)。
初詣に行った際は、銀の花である牡丹のような髪飾りをつけていた。
また、風に勉強を教えていた際は、「女子力が倍になる」として、とあるクイズ番組司会者のモノマネを披露したことも。

『結城友奈の章』終了後、サンチョがどうなっていたのかは長らく不明であったが、本作にて無事に園子の手元に戻っていた事が判明した。経緯は不明だが友奈の自宅にも似たキャラクター「アミーゴ」の抱き枕があり、牛鬼にかじられていた。

なお、なぜか変わっていたはずの髪の色が戻っている。これまでの設定がなかった事にされたのか、それとも何か他に理由があるのかは不明。
強引な満開を繰り返した友奈が全身を神樹に作り直されている事が判明しているが、となると園子も…?

最終決戦では足止めするため敵に向かった夏凛が致命傷を負う寸前、樹とともに現れ、(銀と同じようにならないよう)ひとりで立ち向かわないよう諭している。

性癖?

乃木若葉は勇者である」公式サイトにて連載された漫画、『勇者の部屋。』の4話と12話にて、彼女の性癖の一端が垣間見られた。

4話では「私もよく(恋愛小説を)読むし小説も書いてるんだよ~」と発言し、その時ゲストであった伊予島杏も読みたがったため、タブレットに表示させたWeb小説を見せたのだが……『鼻血をたらした杏から先生認定』され、同じくゲストだった球子から「(こらーっ)杏を変な道につれこむな~っ!!」と叫ばれた。
なお園子当人は、先生認定が嬉しかったらしく「えへへー」と満面の笑みであった。

12話では、詳細は漫画本編へ譲るが、若葉が「私は…友奈にあこがれるんだけどなあ」と苦笑まじりに発言した際、『目をしいたけにし、ネタ帳とペンを構えつつ、【ガタッ☆】と立ち上がった』
……が、園子が立ち上がりかけると同時に、『無言かつ、達観した表情の東郷美森に、【がしっ】と肩をつかまれ止められた』さすがは親友。東郷さん、よく解ってらっしゃる。

以上の点から察するに、乃木園子は公式自ら、腐ったキャラ性を内包させられているようで、以降もこの傾向は続く。

乃木園子は妄想家である


「結城友奈は勇者であるS」では美森と仲がいい友奈を見て「小説の創作意欲がわいてきた」と目を輝かせるシーンがある。『勇者の章』でも風と夏凜を見て同じことを言い、「新しい本を書く」と言ってさっさと帰宅してしまった(このときは、大赦から友奈に起きた異変の情報を引き出すという目的もあったのだが)。

『花結いのきらめき』でも仲良くする仲間達を見るとすかさずメモを取るシーンがある他、『勇者の部屋。』と同様杏と小説繋がりで行動を共にする事が多く、夏祭りイベントでは小学生時代の園子との3人で「ネタ探し」として若葉とひなたの様子をこっそり観察して怒られた事もあった。さらに園子が二人いるため、それぞれが分担して一つの作品を執筆できる(しかも同一人物なので作品に矛盾が生じない)ことから執筆速度の大幅な向上が実現。読者である杏を大いに期待させていたりする。

これ以降、その手のシチュエーションを目にした時の台詞「ビュオオオオ…!」が彼女の性癖を象徴する台詞となりつつある。

余談

その珍しい苗字と同作品のキャラクター東郷美森との関係から、苗字の由来は日露戦争の英雄からだと思われる。

関連タグ

鷲尾須美は勇者である 結城友奈は勇者である
鷲尾須美 三ノ輪銀 追加戦士

平沢唯木下しずか…演劇で木を演じたつながり(木G)

pixivに投稿された作品 pixivで「乃木園子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1272526

コメント