ピクシブ百科事典

勇者システム

ゆうしゃしすてむ

勇者であるシリーズに登場するシステム。本シリーズにおける変身アイテムに相当する。
目次[非表示]

概要

勇者であるシリーズにおいて登場する勇者の変身や戦闘の根幹を担うシステム。神樹の力の科学的、呪術的な研究成果が形となったものである。

時代ごとに差異はあるが、共通してスマートフォンのアプリ「NARUKO」の形を取っており(使用するスマホ自体は一般で販売されているものと思われ、結城友奈達は勇者部入部の際に自分のスマホにシステムをインストールした)、普段はごく普通のSNSアプリとして機能しているが有事の際は専用の画面をタップする事で勇者へと変身できる。ただし変身には使用者の精神が安定している必要があり、不安定だと霊的回路が形成できず変身できない。
変身後も勇者同士の通信に使用可能。

また、勇者をサポートする存在として精霊が備わっている。
精霊(勇者であるシリーズ)

使用できるのは、神樹によって選ばれた勇者の素質が高い者のみで、誰が選ばれるのかは実際の戦闘が迫る直前になるまでわからない。ただ、あくまでもスマホを介して認識しているらしく、既に他の勇者が使用していたものを譲渡する形ならば、神樹に選ばれるのを待つ事なく勇者になれる。故にこれを賭けて、二人の候補生がしのぎを削り合う事となった。

勇者達の装束にはモチーフとなる花が存在するが、それについては各個人の記事を参照されたい。

時代ごとの特徴

乃木若葉は勇者である

西暦時代に作られた、最初期の勇者システム。装束のデザインは、総じて靴のヒールが高いという共通点がある。
基本的なシステムはこの時点で確立されているが、武器は各地の神社に奉納されていた神の力を宿す武器であり、システム開発前から存在していたため、別に持っている必要がある。また、スマートフォンは左臀部に直接携帯している。
身体能力は向上するものの、初期型故に性能は決して高くなく、星屑には何とか対処できるが十二星座のバーテックスの前身とも言える進化体への対処はそのままだと困難。故に、この時代独自の機能として神樹の記録にアクセスして精霊の力を一時的に自身に宿す「切り札」が存在するが、肉体に大きな負荷がかかり、更に当初は知られていなかったが、使い過ぎると精神が不安定になりやすくなることもあり、大社(後の大赦)からむやみな使用を禁じられている。
しかも、一部の超強力なものを除き、切り札である精霊を使っても完成前の十二星座には傷一つ付けられないことも多々あった。
他にも、他の勇者やバーテックスの位置を示すレーダー、樹海化を知らせる樹海化警報が実装されている。
なお、当初は神樹の意志で変身を強制解除させる事も可能だったが、ある勇者の戦死に繋がってしまった事で廃止された。

天の神と講和を結んだ際に勇者の力を手放す事を条件とされたため、(秘密裏に研究は続けられたが)最終的にこの時代の勇者システムは封印される事となった。

鷲尾須美は勇者である

神世紀298年時点の勇者システム。装束のデザインは、黒を基調としたインナー服を纏うという共通点がある。
西暦時代から200年以上のブランクがあったせいか、以前と比べるとレーダーや樹海化警報が存在しないなど劣っている部分があるが、代わりに基礎性能、特に攻撃力の向上が見られ、変身者の回復能力を向上させる能力もある。
ただしそれでも十二星座バーテックスを完全に倒す事は不可能であり、良くて撤退させるしかない(アニメ版では一定のダメージを与えて神樹による「鎮花の儀」を発動させる)。
また、使用武器は変身に合わせて自動で出現するようになり、スマートフォン自体も変身中は直接携帯せず使用する時のみ呼び出せるようになった。

終盤にはレーダーと樹海化警報が復活した他、精霊を連れ歩く事で攻撃の補助や新たな能力の付加、致命傷となり得る攻撃を自動で防ぐ「精霊バリア」の発動が可能になり、攻撃・防御双方の弱さが解決すると共に「満開」が実装され、装束のどこかに「満開ゲージ」が追加された。この精霊の力によって激しい鍛錬が必要なくなり勇者の選定の幅が広がる一方、神樹の力を大きく消費するため、勇者の数は5、6人が限界とされている。

結城友奈は勇者である

神世紀300年時点の勇者システム。装束のデザインは、脇が露出しているという共通点がある。
十二星座バーテックスの弱点たる御魂を封印する「封印の儀」が可能になる。封印の際は祝詞を唱える事になっているが、必ずしも唱える必要はない。この際、御魂の分離と同時にカウントダウンが開始され、この間に御魂を破壊する必要がある。樹海化警報以上の脅威が迫った場合に発令される「特別警報」という機能があり、作中では東郷が壁を破壊してバーテックスを結界に侵入させた際や天の神が直接襲来した際に発令された。
『勇者の章』では満開の代償がなくなった代わりに精霊バリアに回数制限が付き、一回でも精霊バリアを使用していると満開が不可能になった。また精霊は最初の1体のみに制限された模様。
『勇者の章』最終話で全てが終わって讃州中学屋上に転送された際には端末そのものが破損し(画面が割れ電源も入っていなかった)、システムは使用不能になっている。

花結いのきらめき』では登場するすべての勇者の勇者システムがこの時代のものに統一されているが、世界観の関係で満開は登場せず満開ゲージ自体が存在しない。
また、(ゲームシステム上の機能としてだが)精霊を変更できる機能や、巫女がいる場所を出発地点として解放地域間をワープできる「カガミブネ」といった独自の機能もある。さらに、樹海化警報とは異なる警報音を鳴らしてシステム所有者に招集をかける「緊急招集」という機能が結城友奈の誕生日イベントで発動されたが、東郷が全員のスマホをハッキングして行ったため、元からあった機能なのかは不明(少なくともシステムについて多少の知識を持っていたはずの風は知らなかった)。

楠芽吹は勇者である

芽吹


防人が使用する、量産型の勇者システムと言えるものが登場。
変身手段こそ同じだが纏う装束は戦衣(いくさぎぬ)と呼ばれる共通のもの。銃剣付きライフルを持った銃剣型、巨大な盾を持った護盾型、武器は銃剣付きライフルだが火力と防御力は若干高い指揮官型(イラスト)の3種類に分けられる。戦衣のモチーフはナズナで、勇者のものと比べるとどこどなく鎧のような印象を与える。
精霊はなく集団戦を想定している事もあり性能は大きく劣るが、それでも西暦時代の勇者システム並みの能力はある様子。また、灼熱の環境である「壁の外」での活動を前提としているため、耐久性は正式な勇者のものを上回っている。
なお、任務の都合上樹海に入る事はなかったため、勇者と同じく樹海に入れるのかどうかは不明である。

余談

西暦時代に勇者システムが使われていたのは四国のみらしく、諏訪の勇者である白鳥歌野は神の力を宿す装束に普通の服から着替えて勇者となる(同じく四国の勇者ではない秋原雪花古波蔵棗も勇者システムを使えなかったのかは不明)。

なお、赤嶺友奈時代では勇者システムが封印されていたため、『花結いのきらめき』では造反神が用意した勇者服を着用している。

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者システム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 687

コメント