ピクシブ百科事典

酒呑童子

しゅてんどうじ

日本の伝承に登場する鬼。 丹波の大江山(もしく伊吹山)に居を構え、茨木童子などの数多の鬼を従えて京都を攻めようとした。 大嶽丸、金毛白面九尾孤と並んで『日本三大妖怪』に数えられる。
目次[非表示]

酒吞童子とは、日本の伝承に登場するである。

概要

 中世の日本で恐れられた大嶽丸金毛白面九尾狐と並んで日本三大妖怪に数えられる、稀代の大悪鬼。
 一説には八岐大蛇の子孫とされ、出雲からスサノオ命に敗れて丹波に落ち伸びた大蛇が、その地の豪族のと契りを交わして生まれたという。

 配下には副首領の茨木童子、そして四天王として熊童子虎熊童子星熊童子金熊童子の四人を従えている。

来歴

 大江山の伝承と伊吹山の伝承で差異が存在し、出生も大江山や伊吹山、越後新潟)、大和奈良)など諸説あるが、そのどちらにおいても山神の加護を受けうまれた男児が、人々を惑わし、やがて鬼となり、放浪ののち大江山に棲み付くという点において共通している。
 金棒や刀を奮い、配下の鬼と共に夜の平安京を荒らしまわり京の都の姫君達を誘拐し、仕えさせたりその血肉を喰ったという。乱暴で、嘘や謀を嫌い、名称通り酒が大好物というまさに鬼であった。

天皇の命を受けた源頼光と頼光四天王は、神仏の協力を得て山伏に身をやつして酒呑童子の住処へ潜入。鬼たちの仲間であると説得し、鬼の力を封じるという神酒を呑ませ、身の上話を語りながら気をゆるした酒呑童子の寝首を掻いて討伐した。
 だまし討ちにあったことを知った酒呑童子は、首を落とされながらも頭だけで頼光に襲い掛かり、「鬼に横道なし」(意訳:鬼ですらここまで卑劣な輩はいない。恥を知れ。)と激しく罵ったという。

現在、酒呑童子の首は京都で有名な首塚大明神の塚に葬られており、首から上の病に霊験あらたかな神社として知られている。
これは改心した酒呑童子が「首から上の病に苦しむ人を助けたい」と願ったためであるらしい。
また、酒の神でもあり、今もなお、酒のお供えが絶える事はないという。

余談だが、酒呑童子と同じ読み方で、漢字を捩った朱点童子という鬼が俺の屍を越えてゆけという作品に登場している。

俺屍とリンダキューブ


おそらく名前の由来は酒呑童子。

主な登場作品

無双OROCHI2

酒吞童子
酒呑童子


CV:小西克幸
武器:巨大徳利(縄付き) 一人称:私  身長:210cm

力強さと風格を兼ね備えつつ、どこか影のある大男。赤髪で瞳は右目が黄色で左目が紫のオッドアイ、口元の金色の、面頬から伸びる2本の角が、独特の風体を際立たせている。立ち絵などではふてぶてしくすら見える笑顔を浮かべているが、実際は朴訥な好青年
高い戦闘力を持つが自身の名前以外の記憶を喪失している謎の存在。また、己の出自を知りたいという強い欲求を抱いている。妖魔軍に拾われて以降、言われるがままに討伐軍と対峙する。
太公望曰く彼は「妖蛇討伐のカギとなる存在」であり、記憶を取り戻すために討伐軍に加わる事となる。
無類の酒好きで、あるDLCシナリオでは張飛と共に戦う事も。


その正体は、妖蛇出現の際に遠呂智から剥離した力が鬼の姿を成した存在。遠呂智が死した事で抑えられなくなった力が妖蛇であり、その力の源流は同じなのである。彼の力こそが妖蛇に対抗する唯一の希望であり、暫くシナリオを進める事で妖蛇を撃退可能になる。

司馬昭らにとって敵ともいうべき遠呂智の残り滓という事で本人に苦悩もあったようだが
最終的には太公望らに「お前は遠呂智ではない」と励まされ、人間と共に過ごすうちに酒天童子としての自身を確立し、自分に自信を持つ。言わば遠呂智の裏の顔、遠呂智からこぼれ落ちた良心なのかも知れない。

アタッカータイプはワンダー。武器は手にもっている大きなひょうたん
よくいっしょに描かれている雪だるまは、彼のユニーク武器の一つである。

第二衣装では青基調の黒髪になる。

酒呑童子



Fate/GrandOrder

酒呑童子ちゃん


酒呑童子(Fate)を参照

妖怪ウォッチ

スシ/テンプラ


酒呑童子(妖怪ウォッチ)を参照

百獣戦隊ガオレンジャー

ハイネスデュークオルグ シュテン 擬人化


オルグ(百獣戦隊ガオレンジャー)を参照

手裏剣戦隊ニンニンジャー

妖怪メダル37


超上級妖怪シュテンドウジを参照

関連タグ

 酒吞童子 成田亨

pixivに投稿された作品 pixivで「酒呑童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18606201

コメント