ピクシブ百科事典

酒呑童子

しゅてんどうじ

日本の伝承に登場する鬼。 丹波の大江山(もしく伊吹山)に居を構え、茨木童子などの数多の鬼を従えて京都を攻めようとした。 大嶽丸、金毛白面九尾孤と並んで『日本三大妖怪』に数えられる。
目次[非表示]

酒吞童子とは、日本の伝承に登場するである。

概要

 中世の日本で恐れられた大嶽丸金毛白面九尾狐と並んで日本三大妖怪に数えられる、稀代の大悪鬼。
 一説には八岐大蛇の子孫とされ、出雲からスサノオ命に敗れて丹波に落ち伸びた大蛇が、その地の豪族のと契りを交わして生まれたという。

 配下には副首領の茨木童子、そして四天王として熊童子虎熊童子星熊童子金熊童子の四人を従えている。

来歴

 大江山の伝承と伊吹山の伝承で差異が存在し、出生も大江山や伊吹山、越後新潟)、大和奈良)など諸説あるが、そのどちらにおいても山神の加護を受けうまれた男児が、人々を惑わし、やがて鬼となり、放浪ののち大江山に棲み付くという点において共通している。
 金棒や刀を奮い、配下の鬼と共に夜の平安京を荒らしまわり京の都の姫君達を誘拐し、仕えさせたりその血肉を喰ったという。乱暴で、嘘や謀を嫌い、名称通り酒が大好物というまさに鬼であった。

天皇の命を受けた源頼光と頼光四天王は、神仏の協力を得て山伏に身をやつして酒呑童子の住処へ潜入。鬼たちの仲間であると説得し、鬼の力を封じるという神酒を呑ませ、身の上話を語りながら気をゆるした酒呑童子の寝首を掻いて討伐した。
 だまし討ちにあったことを知った酒呑童子は、首を落とされながらも頭だけで頼光に襲い掛かり、「鬼に横道なし」(意訳:鬼ですらここまで卑劣な輩はいない。恥を知れ。)と激しく罵ったという。

現在、酒呑童子の首は京都で有名な首塚大明神の塚に葬られており、首から上の病に霊験あらたかな神社として知られている。
これは改心した酒呑童子が「首から上の病に苦しむ人を助けたい」と願ったためであるらしい。
また、酒の神でもあり、今もなお、酒のお供えが絶える事はないという。

余談だが、酒呑童子と同じ読み方で、漢字を捩った朱点童子という鬼が俺の屍を越えてゆけという作品に登場している。

俺屍とリンダキューブ


おそらく名前の由来は酒呑童子。

主な登場作品

無双OROCHI2

酒吞童子
酒呑童子


CV:小西克幸
武器:巨大徳利(縄付き) 一人称:私  身長:210cm

力強さと風格を兼ね備えつつ、どこか影のある大男。赤髪で瞳は右目が黄色で左目が紫のオッドアイ、口元の金色の、面頬から伸びる2本の角が、独特の風体を際立たせている。立ち絵などではふてぶてしくすら見える笑顔を浮かべているが、実際は朴訥な好青年
高い戦闘力を持つが自身の名前以外の記憶を喪失している謎の存在。また、己の出自を知りたいという強い欲求を抱いている。妖魔軍に拾われて以降、言われるがままに討伐軍と対峙する。
太公望曰く彼は「妖蛇討伐のカギとなる存在」であり、記憶を取り戻すために討伐軍に加わる事となる。
無類の酒好きで、あるDLCシナリオでは張飛と共に戦う事も。


その正体は、妖蛇出現の際に遠呂智から剥離した力が鬼の姿を成した存在。遠呂智が死した事で抑えられなくなった力が妖蛇であり、その力の源流は同じなのである。彼の力こそが妖蛇に対抗する唯一の希望であり、暫くシナリオを進める事で妖蛇を撃退可能になる。

司馬昭らにとって敵ともいうべき遠呂智の残り滓という事で本人に苦悩もあったようだが
最終的には太公望らに「お前は遠呂智ではない」と励まされ、人間と共に過ごすうちに酒天童子としての自身を確立し、自分に自信を持つ。言わば遠呂智の裏の顔、遠呂智からこぼれ落ちた良心なのかも知れない。

アタッカータイプはワンダー。武器は手にもっている大きなひょうたん
よくいっしょに描かれている雪だるまは、彼のユニーク武器の一つである。

第二衣装では青基調の黒髪になる。

酒呑童子



乃木若葉は勇者である

高嶋友奈の精霊として登場。
切り札として憑依させる事で通常では歯が立たない十二星座バーテックスをも圧倒する強大な攻撃力を得るが、その分自身への反動もすさまじく、普通にパンチを繰り出しただけで腕から血が出るレベル。万全の状態でなかった際は殴りかかろうとしただけで気絶してしまうほど。そのため、大社でも切り札中の切り札として使用を禁じていたが、ある人物の死による怒りで封印を解かれる事になる。

私は・・・・高嶋友奈は、みんなが大好きだーーーー!!


宿した際の姿も、他の勇者のものと違って角のような装飾が付き、ごつごつした拳と相まって禍々しくも見える。
姿は作中では見せていないが、花結いのきらめきでは勇者システムが最新式に統一された関係で結城友奈は勇者であるの精霊達と同じデフォルメされた容姿が明かされている。

いつかの未来で貴方と


凶悪な能力に反して意外とかわいい

tactics(漫画)

酒顛童子と呼ばれている。
その昔、鬼喰い天狗と争ったと言われる災厄をもたらす鬼。その玉には「時を止める」力がある。
強力な霊力を持つ源頼光や勘太郎に興味を抱いている。
鬼喰い天狗の主人であり彼に恋慕する藤と共に鬼喰い天狗を封印した。
頼光らの手によって魂を現世に呼び戻され、さらにその媒体となる身体も作られていた。

鬼っ子

(画像下)
身体の方はスギノによって破壊されてしまったが、魂はロザリーに宿って、鬼喰い天狗春華と戦った。幻術を用いて戦う。最後は藤に玉を砕かれて消滅した。

東方project

伊吹萃香
名字などから、酒吞童子がモチーフである可能性が非常に高い。
二次創作では、ほぼ確実に酒吞童子本人として扱われている。
初出は『東方萃夢想』。

\ レベルを上げて物理で殴ればいい/


薄い茶色のロングヘアーを先っぽのほうで一つにまとめている。そして、頭の左右から身長と不釣り合いに長くねじれた角が二本生えている。
かなりの大酒飲みでいつも酔っており、萃夢想と緋想天のドット絵では常に前後にフラフラしている。
能力は、密と疎を操る程度の能力で、あらゆるものの密度を自在に操ることができる。
物質は密度を高めれば高熱を帯び、逆に密度を下げれば物質は霧状になる性質がある。この特性を使い彼女は霧になることが出来る。この時でも体当たりなど物理的な干渉は可能。
更に、概念的な物も操れるため、東方萃夢想では人々の意識を集めることで、幻想郷の住人に3日ごとに宴会を開かせた。

その能力に鬼の単純な力が合わさり、戦闘能力はかなり高い。
使用するスペルカードや技の中には、自分の小さな分身を作り出したり、体を巨大化させたりするものなどがあり、分身からミクロ化マクロ化まで変幻自在。
怪力無双、酔っ払いながら戦うため動きは酔拳のそれであり、酒を含んで口から火を吐き、能力を応用して疑似ブラックホールを生成する。
その力は、彼女の古い友人の八雲紫が「存在そのものがインチキ」と愚痴るほど。
完全なブーメランである

武器は両手についている鎖と手に持つ伊吹瓢。
伊吹瓢は酒虫という少量の水を多量の酒に変える生物の体液が塗布されていることによって酒が無限に沸き出るようになっている。出てくる酒は鬼専用の相当キツい酒なので、人間等が飲むと大変な事になるらしい。

代表的なスペルカードは「ミッシングパワー」や「百万鬼夜行」
テーマ曲は、「御伽の国の鬼が島~Missing_Power」と「砕月」。

実は、萃香の戦闘テーマとしては「御伽の国の鬼が島~Missing_Power」が初出かつ神主曲であるのだが、戦闘前に流れるあきやまうに氏作曲の「砕月」のインパクトが強く、後の緋想天でも砕月が萃香のテーマとして採用された。
その為、知名度もアレンジ曲の数も「砕月」の方が圧倒的に多かったりする。

東方幻奏画報弐



Fate/GrandOrder

酒呑童子ちゃん


酒呑童子(Fate)を参照

妖怪ウォッチ

スシ/テンプラ


酒呑童子(妖怪ウォッチ)を参照

百獣戦隊ガオレンジャー

ハイネスデュークオルグ シュテン 擬人化


オルグ(百獣戦隊ガオレンジャー)を参照

手裏剣戦隊ニンニンジャー

妖怪メダル37


超上級妖怪シュテンドウジを参照

陰陽師(ゲーム)

酒吞來我家了


酒呑童子(阴阳师)を参照

十鬼の絆

ネタバレ
酒呑童子(十鬼の絆)を参照。

関連タグ

酒吞童子     源頼光 茨木童子 
成田亨 伊吹萃香

pixivに投稿された作品 pixivで「酒呑童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29679104

コメント