ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「運命なんてクソっくらえ よね?」

概要

CV井上あずみ

予知能力を持つ神秘的な少女。父は大江山の酒呑童子、母は火の一族の子孫である綾姫で、鬼族と人間のハーフ。ちなみに両親は駆け落ち結婚で、輿入れ途中の綾姫を酒呑童子がさらって結婚した(その算段を考えたのは綾姫である)。
火の一族と鬼族の力を併せ持つためか、主要キャラ4人の中では、潜在能力は絹が一番高い。だが、聖剣卍丸しか扱えないため、絹は自分の聖剣を打てるまでにはいたらなかった。

予知能力で卍丸の来訪と自らの宿命を感じ、卍丸の仲間に加わる。

両親を根の一族に殺められたことが深い心の傷となっており、戦う事を恐れ自らの腕に純潔の鎖を付けている(このため彼女は「戦う」コマンドができない)常に巨犬「シロ」が彼女のそばに寄り添っており、戦闘中も絹の代わりに攻撃を行ってくれる。
ちなみに風の精霊機や鋼鉄城による砲撃は普通に行っているが、自分以外による攻撃なら許容範囲の様子。


なお、格闘ゲームではシロに固有の体力が設定されておりシロがやられることがある。そうなると当然シロ関連の行動はそのラウンドでは不可能。

pixvでは単に「」のタグがつけられていることが多い。



ネタバレ

※ここから先は物語の大きなネタバレが含まれていますので、閲覧の際はご注意ください。












































前述のように、絹の父は鬼族の長たる酒呑童子、母は火の一族の末裔。つまり彼女は鬼族と火の一族の混血であり、鬼としての力を使えても決しておかしくはない。故に意に反して力を暴走させてしまう事、仲間である卍丸たち火の一族にすら被害を被る可能性を嫌い、自ら純潔の鎖をつけ実力行使を避けていたのである。砲撃による攻撃が可能なのは、威力が本人の力に依らないからだと思われる。


そんな彼女にある悲劇が降りかかる。
卍丸一行は吉備の国にて、亡くなったはずの絹の母・綾姫がデーロン博士に連れ去られるのを見る。絹は一人敵を追いかけて行ったが、綾姫と共に安芸の国の白銀城に捕まってしまう。
白銀城に乗り込み、絹と綾姫を閉じ込めていた百貫丸を倒した卍丸一行。しかし突然、捕まっていたはずの綾姫が術を使い、卍丸達を凍りづけにしてしまう。実はこの綾姫は偽者であり、絹の両親の仇である「吹雪御前」が化けた姿であった。百貫丸は吹雪御前の部下であり、実際の白銀城城主も吹雪御前だった。

「卍丸達にとどめを刺した後、お前も両親の元へ送ってやる」と嘯く吹雪御前。

悲しみに沈む絹。しかし同時に、彼女の怒りは激しく燃え上がった。

「だましたのね……何故、私が『きぬ』という名前かわかる……?」

「『鬼が怒る』……と書いて『鬼怒』!それが、私の本当の名前!」

「私の体に眠る、鬼の力……今まで、誰にも見せたことがなかったけど……もう、許せない!」

「私を怒らせた、自分の愚かさを呪いながら、死んでゆきなさい!!」  
(絹の台詞より)

「鬼怒」(絹)


絹は自ら純潔の鎖を断ち、自分の中に眠る鬼の力を解放した。そして圧倒的な力を見せつけ、今まで優位に立っていた吹雪御前を逆に恐怖に陥れる。その狼狽ぶりは恐怖のあまり自ら凍らせた卍丸に命乞いを始めてしまう程であった。そんな彼女にも絹は情け容赦なくトドメを刺したのであった。
(この場面は腕を持っていくのをはじめとした非常に残酷なものであり、そのためかリメイク版では表現が変更されてしまっている。)
当該箇所動画比較(流血表現有り 閲覧注意)



母は既に亡くなっていた。仲間達には、自分の鬼の面を見せてしまった。悲しみと絶望のあまり絹は崩れる白銀城に残り、両親の元へ行こうとする。卍丸達を魔力で城の外へ強制的に脱出させ、一人残った絹。しかし「聖剣・蛇光院松虫」に後押しされて、再び彼女の元に戻った戦国卍丸に止められる。

「絹は一人なんかじゃない。俺達は仲間なんだ。絹の背負ってる悲しみや苦しみも、全部まとめて今日から俺が背負ってやらぁ!どんな時にだって、一緒に歩いてやる!だから、ついてこい絹!」

「運命なんて、自分の力でいくらでも変えられるんだ!」

「運命なんてな……運命なんてなぁ!くそっくらえだあっ!
(卍丸の台詞より)

卍丸の説得に心を開いた絹は、仲間のために生き抜くことを決め、一行の元に戻るのであった。


ちなみに、このイベント後、彼女の奥義欄の中途半端な部分にずっと居座っていた「??」がようやく埋まる。その名も「鬼怒」で、戦闘中に使用可能で自分の攻撃・守備・素早さが大きく上がるが、体力を消耗するというデメリットもある。鬼の話によると、酒呑童子直伝の奥義とのこと。…娘にこんなやばい奥義を伝授するあたり鬼らしいというかなんというか…。まあ彼を殺せるような者が現れる程根の一族が跋扈している世界なのでもしもの時の護身術として教えたのかもしれない。


白銀城攻略後は、本来の気さくな性格に戻り、「星寝」の巻物を使えるようになったり、卍丸への愛を自覚して絹が精神的に強くなった描写や台詞が随所で見られる。

浪花で「星寝」の巻物を授けてくれる天狗も、白銀城のイベントをクリアする前と後で会話内容が変わり、クリア前は「そんな暗い顔じゃ男が寄り付かないぜ」「恋でもすれば女は変わるって言うから、いずれ(星寝の巻物も)使えるようになるかもな」と話していたが、クリア後は絹に「ふっきれたようないい顔をしているじゃないか。好きな男でもできたのかい?」と言っていた。
綾鬼城にいる鬼も、白銀城クリア後に話しかけると、綾姫の死を悲しく思いつつも、「こういったときに言うべきではありませんが、(絹様は)ますます綾姫様に似てこられました。親を捨て酒呑様のもとにいらした頃の綾姫様そっくりです」と言っている。
白銀城がある安芸の国のモブキャラたち(主に女性)の台詞でも、絹が変わったと思わせる台詞が見られる。

エンディングでは、マリの力で生き返った両親やシロに囲まれて、これ以上ない笑顔を見せていた。

運命なんて、クソっくらえ よね?




髑髏譚では

『髑髏譚』の絹


小説『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』では、二章にあたる「髑髏譚:2 酒呑童子」に登場。酒呑童子と綾姫や配下の鬼たちと共に大江山の鬼ヶ城に住んでいる。8歳の幼女だが、生まれながらにして持つ力で(無意識に発動していた)大江山の法水院(聖剣の鍛冶場の一つ)を守っていた。幻王丸は絹のことを「鬼の乙女」「法水院の乙女」と呼んでいた。
ヨミ復活の条件として、暗黒蘭から聖剣を抜く必要があったが、聖剣に力を注いでいる聖剣が作られた鍛冶場を破壊しないといけないため、幻王丸たちは絹の精神を不安定にすることで法水院を守る絹の力を弱めようと企む。
シロを使った幻王丸の謀略で誘拐された綾姫は無残に殺され、絹は綾姫に化けた吹雪御前に罵られたあげく、絹を守ろうとした酒呑童子も目の前で殺害されてしまい、絹が心に深い傷を負ったことで法水院の結界が弱まり、法水院は幻王丸たちに攻め込まれて破壊されてしまう。酒呑童子は亡くなったが、絹は酒呑童子の配下の鬼によって逃がされた。

『髑髏譚』では吹雪御前たちの勝利で終わったが、阿観が吹雪御前が絹によって殺されるという予知をしたことや、殺された綾姫の魂が吹雪御前にとりついていたことから、いずれ絹が吹雪御前に報復するフラグは立っていると思われる。


余談

  • 2020年10月27日の辻野芳輝氏のツイッターでは、「設定では卍丸のほうが絹より身長が高いのにゲーム内では絹のほうが身長が高いのは何故ですか?」という問いに対して、「絵の設定では絹のほうが背が高い。表記が誤り。」とコメントされていることから、絹の方が卍丸より背が高いことが明かされている。
  • 『あだちひろし・辻野芳輝 奇想天外話』第二回にて、絹と吹雪御前や『髑髏譚』で吹雪御前がクローズアップされた理由が語られていて、天外Ⅱは二人の因縁の物語であり、白銀城のシーンが物語のクライマックス(最重要場面)に該当すると解説されていた。



関連タグ

天外魔境Ⅱ 戦国卍丸 酒呑童子 吹雪御前 髑髏譚 卍絹

関連記事

親記事

天外魔境Ⅱ てんがいまきょうつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「絹(天外魔境)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 931623

コメント