ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

南雲ハジメのクラスメイトで、白崎香織八重樫雫・坂上龍太郎の幼馴染。17歳。容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の完璧超人。地球では八重樫道場に在籍しており、腕前は全国クラス。天職は勇者

プロフィール

出演作品ありふれた職業で世界最強
性別男性
誕生日
出身地日本
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
CV柿原徹也




※以下、web版のネタバレを含むため、注意。









人物

正義感と善意の塊のような性格で、持ち前のルックスとカリスマ性も相まって学校の生徒達から強い信頼と高い人気を持つ。傍らに香織や雫がいることから少ないが、月に二回以上告白されるほど女子からモテている。

一方で、その完璧超人ぶりのせいで雫曰く「自分の正しさを疑うことを知らない」ため、自分の考えが常に正しいと信じて疑わず、悪く言えば自分と違う他人の価値観を受け入れられない、自分の非を認められない等の性格上の欠点も多く、その自覚もない。精神的には子供っぽく自分本位な面が目立ち、このことを周囲(特に雫)が諫めても真剣に耳を傾けようとしない。

正義感の強さゆえに思い込みが激しく、人の善意を無条件で信じてはいいように利用されたり、自分にとって不都合な事態に直面すると他人に責任転嫁して自分の行いを正当化する「ご都合解釈」をする悪癖がある。また、強いヒーロー願望も持っており、地球から異世界トータスへ召喚されるまでは人生で挫折らしい挫折も味わったことがなかったため、苦労や現実の厳しさも分かっていない。

こういった人格が形成されたのは、敏腕弁護士だった祖父・完治の影響によるところが大きい。完治は幼少期の光輝を気遣って、弁護士としての自身の体験談を語る際には意図的に美化した表現を使っており、現実的な体験談は光輝がもっと年を重ねてから話すつもりでいた。しかし、完治が後者を話す前に急死したため、光輝は前者の体験談のみを胸に刻み込んでしまった。加えて、光輝自身の能力の高さゆえに地球では失敗や挫折を経験したことがなく、現実では通用しない理想的な正しさを抱いたまま成長してしまったのである。

幼馴染の香織、雫、龍太郎のことは大切に思っており、特に香織に好意を抱いており、ずっと自分の傍にいると思い込んでいた(雫に対しても独占欲を抱いていたが、これも無自覚だった)。基本的に誰にでも優しいのだが、香織に構ってもらっているハジメにだけは嫌悪感を抱いており、事あるごとに彼に突っ掛かる。香織や雫がフォローしてもすぐに彼に非があるかのように反論する(訓練場で檜山達がハジメを虐めていた時は怒って止めたものの、香織がハジメを心配して気遣うと逆に檜山達を正当化するような物言いをしていた)上に、それに悪気も下心も無いため香織を困惑させ、雫には呆れられている。
しかも、香織がハジメに恋心を抱いていることに気付いておらず、彼女がハジメに構っているのも「オタクで独りぼっちのハジメに同情しているから」だと解釈していた。香織ほどではないが雫も大切に想っており、道場に入門した当初は彼女に好意を抱かれていた。だが、小学生の頃に雫が嫌がらせを受けて助けを求めた際、「言えば分かってもらえる」という安易な考えで事態を重く捉えず、迂闊に相手を注意して事態を悪化させた上、そのまま自己完結してその後助けなかったため、現在は恋愛感情を抱かれていない。
中村恵里に関しても、精神的に追い詰められている彼女に「力になるよ」と優しい声をかけたものの、具体的に何をするわけでもなく中途半端となってしまい、これが彼女の暴走の遠因となってしまう。

そして、トータスにクラスメイト達と共に召喚されたのを切っ掛けに、彼のそれまで信じていた物が崩れ始める。勇者として皆のリーダー格となっていたが、女魔人族カトレアに追い詰められたところを死んだと思われていたハジメに助けられる。しかし、さっきまで自分が殺されそうになっていたのに、戦意を失ったカトレアを殺したハジメを一方的に糾弾し、その場にいたほぼ全員に呆れられた。
更には、ハジメ一行に付いていく事を決意した香織が彼に告白するのを目の当たりにし、それを受け入れられずハジメに言い掛かりをつけて決闘騒ぎを起こすが、呆気なく返り討ちにされる醜態を晒してしまう(アニメ版では決闘騒ぎまでは起こしていない)。

香織が自分達と別れたその後も当然納得せず、雫に諫められている。

以降もハジメとはそのスタンスの違いから何度も衝突しているが、当のハジメからは相手にされておらず、異世界であるトータスに召喚されて以降、何度も直面する現実の壁を前に激しく苦悩する様になる。
勇者として世界を救う戦いのために神代魔法を手に入れようと、雫、龍太郎、谷口鈴と共に強引にハジメ一行に同行するが、実力が開きすぎてハジメの足手まといになっていること・ハジメが自分と違い確固たる信念と覚悟を持っていること・幼馴染の香織や雫が自分ではなくハジメに惹かれていることなどから次第にハジメへの劣等感や嫉妬心を抱き、憎悪を募らせていく。

第七章の氷雪洞窟では、負の感情をコピーした虚像に言い包められてついにハジメへの憎しみが爆発。「ハジメは幼馴染や複数の女の子を洗脳し、勇者として世界を救おうとする自分を邪魔する諸悪の根源であり、彼を殺せばすべてを取り戻せる」という妄想に囚われハジメを攻撃するが、結局手も足も出ず敗北し、自分だけ変成魔法を手に入れられなかった。

最終章では恵里の洗脳により同様の妄想により強く囚われ、世界を救うはずの勇者が世界の敵となってしまう。最終決戦「神話大戦」では龍太郎と雫と戦い、激闘の末に叩きのめされて正気に戻る。しかし、正気に戻ってすぐ、光輝を失ったことで絶望した恵里が自害するのを目の当たりにしてしまう。
この大きな失敗を経て、ようやく自分の間違いを自覚し、現実を受け入れる事となった。以降はこれまでの独りよがりな行いを悔いる様になったのだが、自分を責めることが増え、性格がやや暗くなった(恵里の一件に関しても「彼女を救ってなどいなかった」と自責の念を抱いている)。

後日談では一度は高校に復学し、学園祭に参加するなどある程度の期間在学していたが、やはり自責の念は強く自主退学。贖罪のために単身トータスに戻り、ギルドからの討伐依頼を受けるなどして魔物退治の日々を送っていた。
依頼されていない魔物までついでに倒したりとオーバーワーク気味に行動することが多い上に、神話大戦で洗脳されていたとは言え、人々を裏切ってしまったことで陰口を叩かれても敢えて受け入れたりと、自分を顧みない行動も目立つようになる。自分では既に勇者の資格はないと思っているが、専用武器である「聖剣」が自分の元を離れようとせず、なぜ自分がいまだ「勇者」のままなのか悩み続けていたが、神話大戦から約一年後にトータスとは別の異世界にあるシンクレア王国に召喚され、王女モアナとの出会いとシンクレアを守るための戦いの中で「答え」を見つけていく。
また、戦いの終盤で彼の捜索に来たハジメに
「俺、やっぱりお前のことが大っ嫌いだ」
ハジメ「奇遇だな。俺もそう思ったところだ」
と、言葉を交わしており、遅まきながらハジメの事を認めることができた。

以降の後日談では吹っ切れたのかやや明るくはなっているが、勇者であるためか他にも様々な世界に召喚されたり、ハジメやミュウに振り回されたり、モアナに加えてシンクレアとは別世界の元女神アウラロッドがトータスまでついてきて三角関係になったりと前途多難な日々を送っている模様。

関連タグ

ありふれた職業で世界最強
勇者
自己中心的
引き立て役……結果としてハジメの引き立て役となってしまっている。

社畜……上記の通り、後日談では次々と異世界に召喚されて休む間もなく戦い続ける羽目に……。

関連記事

親記事

ありふれた職業で世界最強 ありふれたしょくぎょうでせかいさいきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天之河光輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429

コメント