ピクシブ百科事典

白崎香織

しらさきかおり

『ありふれた職業で世界最強』の登場人物

概要・人物

『ありふれた職業で世界最強』のヒロインの1人。
天職は治癒師。正統派+天然+スタンド+不憫属性。

八重樫雫、天之河光輝、坂上龍太郎とは幼馴染み。

地球にいた頃にはハジメに唯一自発的な接点を持とうとしていた。
学校で二大女神と言われ男女問わず絶大な人気を誇る途轍もない美少女なので、
話しかけられるハジメに対して周りは妬みを生んでいた。

中学時代にハジメに会っており、おばあさんを助けるため不良に対して物怖じせずに土下座を続けるハジメに恋心を抱く。
強い芯を持っており、決めたことに一直線で突き進む。

とある昼休みにいつものようにハジメに声をかけている際、教室に残っていたクラスメイト達や教師と共に異世界召喚されてしまい、そのステータスなどから光輝達と前衛をつとめる事となった。

ホルアドに滞在し、オルクス大迷宮での特訓の前日、ハジメが消えてしまう悪夢を見たため、ハジメの泊まっている部屋に行き、彼を守ると約束する。

しかし、大迷宮内の罠により現れたモンスター、ベヒモスからハジメが単独でクラスメイト達を逃がすために戦い、崩壊した橋から落ちたところを目撃し、助けに行こうとするがこれ以上の戦力を失うのをよしとしないメルド団長の手刀で気絶してしまう。

その後、雫から慰められ、生きていると信じるハジメと再会するため、次は本当に守るために強くなる事を決意する。

4巻でハジメと再会するも、変わった容姿、性格に怯む。しかし、ユエの挑発と、ミュウとハジメの会話により、自分の好きな部分は変わってないと悟り、ハジメ一行に加わる。

その後は直接魔力が使えるハジメ一行との差に苦しみつつも、強くなることを決意するが、6巻で恵里の策略によって檜山大介に殺される。
その後、ハジメの魂魄魔法によって魂を固定し、ハジメは再生した自分の体に戻そうとするも、強くなるためには自分の身体ではダメだと拒否、神の使徒、ノイントの身体に魂を移す。以降は本編終了までノイントの身体で行動する。
本編後は元の姿に戻っているが神の力と知識を身につけたユエによって、使徒の状態と元の状態を切り替えられるようになっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「白崎香織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 358

コメント