ピクシブ百科事典

ユエ(ありふれ)

ゆえ

『ありふれた職業で世界最強』の登場人物
目次[非表示]

概要・人物

本作のヒロインその1
天職は神子。クーデレ+妖艶+吸血姫+ロリ属性。

南雲ハジメがオルクス大迷宮の奥の奈落で出会った外見は12歳くらいの、金髪と紅い眼の美少女。
明らかにモンスターに守られ、封印されている状況だったのでハジメはそのまま放置しようかと思っていたが、境遇を知り解放することに。
彼女との出会いが、冷酷な性格に変貌したハジメが堕ちきらなかった切っ掛けとなる。

一見するとクールだが、ハジメが絡むとデレる。
ハジメの「特別」を自負しており、シア達ハジメの「大切」が増えても、正妻ポジションだけは譲らない。
書籍版や漫画版のおまけ小説や、スピンオフ漫画『ありふれた日常で世界最強』では、色々と残念なところやヤンデレっぽいところも見せている。

口癖は「私はユエ。○○でも××な女」(例「妹分と憧れが相手でも、遠慮容赦はしない女」「八つ当たりも常に全力全開の女」)。

なお、周囲が巨乳キャラばかりなので貧乳キャラと思われがちだが、着痩せするだけでそれなりにある。‥‥もっとも、見た目12歳の「それなり」ではあるが。

作中の動向

先祖返り吸血鬼で、再生能力が高すぎ、首を落としても再生する不死身の体。12歳から体の成長も止まっている事実上の不老不死。
300年前に存在していた吸血鬼の国の王だったが、クーデターを起こした叔父により封印されていた。
その経緯から以前の名前をすて、新たな名をハジメにもらう。名前の由来はハジメが金髪と紅い眼から「」を連想したため。
吸血鬼なので血を吸うがハジメのそれはかなりの美味だとか。

オリジナルの魔法も多く持っている。

ハジメには「この世界に居場所がないなら、一緒に俺の世界に来るか?」と誘われており、救出されたこととこの言葉が切っ掛けでハジメに惚れる。
ハジメと協力してオルクス大迷宮を攻略、反逆者オスカー・オルクスの残したメッセージにより、この世界の現状を知るがハジメの主義にあわせる。
また、この頃に(性的な意味で)ハジメを頂いている
後にオルクス大迷宮を共に脱出、大迷宮攻略の旅を始める。

魔法の適性は作中で一番であり、本作の黒幕である神「エヒト」が憑代に適任だと判断するほど。実際、ハジメよりも神代魔法の適性が強く、使用する魔法の幅も多い。

最終章で、300年前、エヒトが憑代に適任だと判断し、国を滅ぼさせてまで手に入れようとしたが、事情を察した叔父のディンリードが先に封印することで逃がしたことが発覚。
だが、数百年たった現在でエヒトに捕まり、憑代として乗っ取られてしまい、エヒトが使いやすくするため大人の姿にされる。しかし、ハジメが必ず助けに来ることを確信していたので、自身の魂をエヒトにばれないように潜ませ、最後の戦いにてハジメに解放され、共にエヒトを倒す。

決戦の後、ハジメが見つけたディンリードの遺言から、叔父が自分を実の娘のように愛していたこと、封印は彼女を助けるための苦渋の決断だったこと、自分たちを憎むことが生きる力になればとあえて真相を黙っていたこと、そして、いつか遠い未来で封印を解かれて幸せになってほしいと願っていたことを知り、涙を流した。

なお、本名は「アレーティア・ガルディエ・ウェスペリティリオ・アヴァタール」であることが判明しているが、叔父の真意を知って以降も今の名前である「ユエ」を名乗り続けている。

本編後は、ハジメやシア達と共に現代日本に移住し、南雲家の一員として暮らしている。エヒトの憑依によって活性化された大人モードと少女モードの切り替えが可能となっていて、エヒトの神の力の使い方や知識も手に入れている。

魔法

蒼天
雷龍、他

関連タグ

ありふれた職業で世界最強
南雲ハジメ
吸血姫
合法ロリ
肉食系女子

pixivに投稿された作品 pixivで「ユエ(ありふれ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107223

コメント