ピクシブ百科事典

ミュウ(ありふれ)

まおうのむすめ

ここでは、小説『ありふれた職業で世界最強』の登場人物のミュウを扱う。
目次[非表示]

人物

南雲ハジメが中立商業都市フューレンでシア・ハウリアとのデート中に保護した『海人族(うみびとぞく)』の少女。エメラルドグリーンの髪と「~なの」と言う口調が特徴の4歳児。

海人族とは「海上の町エリセン」に住む亜人の一種で、指の股に薄い膜と、耳のところにヒレがある水中活動に適した種族。この世界では亜人は差別されているのだが、海人族は大陸に出回る海産物の大半を扱っているため、特別にハインリヒ王国からの保護を受けている。
しかし、ミュウは母親とはぐれたところで人間に捕まり、フューレンに運ばれ人身売買にかけられそうになっていた。一瞬の隙をついて下水道に脱出したものの、衰弱していたため力尽き、ハジメに助けられたのである。

ハジメは当初、「保安署(この世界の警察署)」に預けたのだが、人身売買組織「フリートホーフ」が情報隠蔽もかねて保安署を爆破してミュウを再度さらい、さらには彼女を餌にしてシアをも手に入れようとしたためにハジメの逆鱗に触れてしまい、組織は壊滅。再び保護されたミュウは彼女に情が移ったシアの懇願もあり、フューレン冒険者ギルドからの依頼という形でエリセンまでハジメ達と共に行くことになる。

ハジメのことは最初は「お兄ちゃん」と呼んでいたが、「むず痒いから「お兄ちゃん」は止めてくれないか?」という訴えに対し、なんと「パパ」と呼び出してしまう。ハジメはなんとか撤回してもらおうとするが頑なに譲らなかったため、結局そのまま「パパ」で定着してしまい、ここにハジメは父親となってしまうのだった。
ちなみに、何故「パパ」にこだわったかというと、ミュウの父親は彼女が生まれる前に死亡しており、父親が欲しかったという彼女なりのちゃんとした理由がある。

以降はハジメに懐き、ハジメもミュウに対しては過保護で親バカな面を見せるようになる。

普段は天真爛漫で元気いっぱいだが、内心では母親と離れていることに寂しさも感じている。
また、スピンオフギャグ漫画『ありふれた日常で世界最強』では、さらわれてからフューレンまで移送されているときに、一緒に馬車に詰め込まれていた奴隷の子供たちが過酷な旅に耐え切れずに次々死んでいったというトラウマを抱えていることが明らかになった。

旅路の果てに、エリセンで母のレミアと再会。しかしそれは「パパ」との別れも意味していた。ミュウは直接口には出さないもののハジメ達を引き止め、すっかり情が移っていたハジメもなかなか別れを切り出せなかった。
しかし、レミアに背中を押されたハジメは遂に別れを決意。その際、
今度はミュウがパパを迎えに行くの
というミュウの発言から、彼女が短いながらも「パパ」の背を見て成長していたことに気付いたハジメは、
元の世界に戻る方法を手に入れたら、ミュウとレミアを迎えに行く
と約束するのだった。












以下、web版ネタバレ











終盤で再登場。
ハジメを抑えるための人質として母と共に誘拐された。
解放後は本編の黒幕である神「エヒト」にユエを奪われ、絶望と憎悪で暴走し、魔人族を無差別殺戮しようとしたハジメの前に立ちはだかり、
ミュウのパパは、こんなに格好悪くないの!
と一喝。ハジメを正気に戻すきっかけを作った。

その後、オルクス大迷宮の奥のオスカー・オルクスの住処に母とともに避難させられ、エヒトとの決戦では、「大罪戦隊 デモンレンジャー」(後述)を遠隔操作して人類側を援護している。

後日談「ありふれたアフター」ではアーティファクトの力で人間そっくりに擬態し、約束通りレミアと共に南雲家に迎えられて、現代日本で暮らしている。
「パパ」やユエ達の英才教育を受けて色々な意味でたくましく育ち、その結果デモンレンジャー以外にも様々なアーティファクトを使いこなすまでになり、更には人間とは異なる異形のなにかと遭遇しては友達になっているようであり、『魔王の娘』として、ハジメ達に勝るとも劣らないチートキャラになりつつある。

また、成長に伴い、ハジメのことを「パパ」ではなく異性として意識しだしており、性的な意味でいつかハジメを頂く気満々であり、ハジメも少し警戒しだしている。

主な使用アーティファクト

※デモンレンジャー以外は本編未使用で、後日談で登場

  • 大罪戦隊 デモンレンジャー
ハジメが作った7体の生体ゴーレム部隊。
それぞれ〝べるふぇごーる〟〝さたん〟〝あすもでうす〟〝るしふぁ~〟〝まもん〟〝れう゛ぃあたん〟〝ばあるぜぶぶ〟と、どっかで聞いたような名前。
自立思考型でないはずなのに、何故か自我があり、チーム名も自称。

実は、支配とか争いとかに嫌気が差していた本物の悪魔(個々の名前も、ミュウが付けたと思われていたが、本名だった)がエヒトの力を感じて異世界トータスに来て、偶然にも生体ゴーレムに取り付き、ミュウに懐いた存在であることが後日談で判明している。

  • どんなぁ・しゅらーくぅ
ハジメの銃をモデルとした専用拳銃。

  • ぴっこぴこはんまぁ
シアの武器「ドリュッケン」をモデルにしたハンマー。

他にも、様々なアーティファクトを使用する。

関連タグ

ありふれた職業で世界最強
南雲ハジメ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュウ(ありふれ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31

コメント