ピクシブ百科事典

CV:日笠陽子

人物

三章から登場。竜人族
ウルの町の北の山脈で出会う。
天職は守護者。のじゃ+和装+スイカ+変態属性。

出会った当初は清水幸利に黒竜の姿で操られていたため、南雲ハジメ達と壮絶な戦いをするが、自我はあったらしく、鱗を砕くほどの戦闘力に関心をする。
竜だからか暑さに非常に強く、魔法もユエに引けを取らない実力もあり、知識もそれなりにある。500年強生きていて、年相応の落ち着きと博識さも持っている。

黙っていれば人間の姿は相当な美人なのだが、ウルでの戦闘中のハジメの行動により、ある方向に目覚めてしまう。
本来の目的は、エヒトが召喚した異世界からの来訪者の確認で人里に降りて来たが、洗脳から目覚めた結果、ハジメのドSさをいたく気に入ったのか「ご主人様」と呼び、半ば強制的にパーティーに加わる。
以降はハジメからの罵倒と制裁、そして稀に見せる優しさを受けては息を荒くしながら悦に浸っている。
なお、ただ優しいだけの光輝ではダメらしく、ハジメから解放すると手を差し伸べられた際は「ちょっと違うのじゃ」と拒絶している。
主に和服を着ている。

実は竜人族の現族長の孫娘にして姫で、両親はかつてのエヒトが起こした戦いで戦死している。
数少ない世界の真実を知る種族の一員。

ユエほどではないが、魔法の適性は高く、作中で習得した神代魔法を使いこなしている。

なお、公式スピンオフギャグ漫画『ありふれた日常で世界最強』では、他のキャラクターが(特にユエ香織)キャラ崩壊しまくっているため、変態キャラであるはずなのに、何故かハジメ一行の中で比較的まともなキャラに描かれ、よくツッコミ役になっている。
重ねて書くが、これは彼女が真面目になったわけではなく、周囲がギャグ補正込みで彼女以上の変態になったからであり、ティオが変態であることに変わりはなく、一応、ティオ自身の変態ネタも稀にだがある。

また、ドラマCDでは別行動をとっているなどの理由で、ハジメ一行の中で何故か登場していない。
そのため、他のメインキャラと違い、2019年の追加キャスト発表時までCVが公表されていなかったため、『日常』では、「アニメ化された際に自分だけハブられるのでは?」と危惧する場面も見せていた。
ただし、アニメ版のキービジュアルやPVではティオの姿もあるため、ちゃんと登場はする。

関連タグ

ありふれた職業で世界最強
マゾヒスト/ドM 残念な美人

関連記事

親記事

ありふれた職業で世界最強 ありふれたしょくぎょうでせかいさいきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティオ・クラルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19163

コメント