ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

真名鬼女紅葉
クラスバーサーカー
性別女性
身長234cm(恐竜時)/ 172cm(人時)/ 178cm(鬼時)
体重450kg(恐竜時)/ 56kg(人時)/ 69kg(鬼時)
出典紅葉伝説、Fate/Requiem
地域日本信州戸隠
属性中立・悪・地
好きなもの戸隠の冴々とした山並
嫌いなもの母子丸
設定担当星空めてお
ILLUSTNOCO
CV日笠陽子

※ 恐竜時の体高は角を含まないもの。マスターには唸り声の意味がなんとなく解る。


概要

Fate/Requiem』に登場するバーサーカークラスサーヴァント

真名は「もみじ」ではなく「こうよう」と呼ぶが、マスターのカリンからは「もみじ」の方をもじった「モミ」というあだ名で呼ばれている。


酒呑童子茨木童子といった鬼種の前例たちと比べると、鬼というよりもはや肉食恐竜という凄まじい容貌になっている。眼窩が正面方向に向いている等、全体的にティラノサウルスめいた特徴を持つが、手(前肢)の指の数は人間と同じ五本。


外見から窺えるのは、鬼だと辛うじてわかる角、元人間だというのが辛うじてわかる嫁入りの衣装と長い黒髪に五指くらいの名残しか残っていない。


一応以前の作品には、バーサーカーのクラスにより怪物じみた姿に変貌する前例が存在しており、彼女も似た理由でこのような姿となった可能性がある。サーヴァントの存在が当たり前となった作中においても未だ珍しいタイプらしく、普段は無為に周囲の注目を集めないよう霊体化している。


真名

信州戸隠の伝説における鬼女、紅葉

子供が生まれなかった夫婦が第六天魔王に祈ったのちに授かった娘。幼い頃は呉羽(くれは)と呼ばれ、成長し都に行く際に読みが同じの「紅葉」と改名した。


生まれながらに才に恵まれた彼女は琴の腕前を高め、源経基に見初められて結婚。

しかし他の妻を呪殺しようとしたという疑いをかけられ、死罪の判決がくだる(伝承では彼女が呪った相手は経基の正妻だが、型月世界では紅葉が正妻となっている)。


経基の子を妊娠していたため、死刑ではなく信濃への流罪という形となった。

信濃の水無瀬(みなせ)で暮らすことになった彼女は土地の人々に受け入れられたが、その後に山賊たちをも纏め上げ「鬼女」と恐れられる存在となる。


彼女のもとには平貞盛に討たれた平将門の残党たちも集い、「鬼のお万」という別の鬼も片腕として紅葉の脇を固めるという、朝廷からしても看過できない勢力となっていった。


そうして平貞盛の養子平維茂に紅葉討伐の勅命がくだった。山中にて紅葉と遭遇する維茂であったが、自身も呪術の手練れである紅葉に苦戦を強いられ、神仏に祈り降魔の霊剣を授けられた維茂は、旅の僧侶に扮して敵本拠の戸隠山に入り、単身で紅葉に挑みかかってついに討ち果たすことに成功した。こうして、彼女が過ごした水無瀬は「鬼無里」と呼ばれるようになった。


人物

バーサーカーのクラスによって人型と言語能力を失っている為、正確な人物像を窺い知ることは叶わない。一方でフラン呂布のように、言語は失っても知性は失っていないタイプの様で、同世界において技術開発が進んだ翻訳礼装により、周囲ともある程度の意志疎通が可能となっている。


劇中では周囲のTPOに配慮したり、傷ついた人間を繊細に救い上げたりと、悪女と言われた伝承に反し、比較的温厚で常識的な性格である事が窺える。マスターの友人たるエリセとも気が合う様で、彼女からはマスター以上に信頼されている(過去に何度も助けられていたらしい)。


センシティブな作品


実は恐竜のような姿は、スキル「変化(恐竜)」で変身した姿であり、その正体は花嫁衣装を着た高貴な女性。『FGO』では霊基再臨を行うことで、元々の姿である角の生えた白無垢を着た女性、和装の女性へと戻っていき、言葉もはっきりとした人間のものとなる。


一人称は「身ども」

古風かつ雅な言い回しの所謂のじゃ口調で、気位の高い落ち着いた人物。

恐らく恐竜時でも言っている事や性格はほぼ同じ。


どうして恐竜の姿を選んだかは定かではないが、本人曰く、生前山で竜神の骨骸(恐らく恐竜の化石)を目にしてその力強さに感銘を受けた事が影響しているらしい。酒呑童子のように、日本の伝承において竜種と鬼種には密接な関係があるらしく、彼女が九頭龍大神を祀っていた事も後押しになったと推測される。なお、化石も型月的には幻想種の死骸という事になる。


心を許していない者に「もみじ」と読まれるのは地雷なようで、「身共をそう呼ぶは業火に焚べられる覚悟を持つ者だけぞ」と発言している。『Requiem』では上記の愛称を受け入れているが、これはカリンとの関係性によるところも大きいだろう。


能力

その異形と体躯の割にステータス自体はそこまで飛び抜けておらず、肉弾系サーヴァントとして平均的な数値といった所。しかし鬼種の特性によって高い狂化ランクのデメリットを全く受けていない為、マスターや共闘者との連携を問題なくこなすことも可能。


変化スキルによるものなので、恐竜時の小さい腕もサイズは可変。巨大化させた手による叩き付けや引っ掻き攻撃をする姿を見ることができ、エクストラアタックでは口からビームも出る。

また、出身地由来の治癒術もスキルとして表れている。


『FGO』では、噛みつきやプレス攻撃、巨大化させた腕による斬撃、角による突進、尻尾の叩きつけ、口からの熱線など、恐竜の体格を生かしたパワフルな戦い方を披露している。


第2再臨以降は、爪での引き裂きの他、金輪をムチのように操ったり、七枝刀を用いて突き刺しや回転斬りをしたり(紅葉が飛び散る)、七枝刀に炎を纏わせた斬撃や雷の発生を見せたり、敵の足元から火柱を上げたりというように鬼女としての雅な戦法に切り替わる。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
カリンBBDBDC
藤丸立香BBDBDC

保有スキル

狂化(A)バーサーカーのクラススキル。理性と引き換えに驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。意識の深層レベルに達する『狂化』によって言語思考能力は奪われ、身体共にほぼ獣同然(というより恐竜か)となっている。だが逆に感情の暴走は抑制され、あたかも温和で理知的な状態に見える。上臈または鬼女スタイル(第2、3再臨)をとる間は、会話を取り戻すが、容易に暴走する危険がある。
対魔力(C)本来はセイバーなどのクラススキル。魔術に対する抵抗力。二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術や儀礼呪法などに関しては無効化出来ない。
変化(恐竜)(C)麗しき上臈(身分の高い女官)から、恐ろしい鬼女の姿に変化出来る。更には自ら『狂化』を欲した為に、異形なる竜(恐竜)の巨体を持つに至った。
九頭竜の雷火(A)荒ぶる鬼にして水神である九頭竜大神を奉る、祈祷と神楽。天の万象の猛威を鎮め操る。戸隠神社に祀られた、九頭龍大神の加護の一種と思われる。
命の綱(B)病患を退け長寿を齎す、飯縄権現の守護の呪法がスキル化したもの。

宝具

紅葉狩(もみじがり)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大補足:1人


「身共に任せよ。」

「時雨を急ぐ『紅葉狩(もみじがり)』。あまり淋しき夕まぐれ。げにや夜嵐のもの凄ましさ。夢ばし覚まし給ふなよ。夢ばし、覚まし給ふなよ……」


大切なものを奪われ、裏切りに苛まれた鬼女紅葉の生涯の具現。それを息を吐くこともままらない苛烈な連続攻撃として繰り出す。使用中は憎しみと復讐の炎を纏うことになるが、紅葉は狂気の寸前で踏みとどまり、代償として苦しみを引き受けることになる非情の宝具である。


『FGO』では、使用前に3ターン継続のやけど状態とオーバーチャージで効果が上昇する攻撃力アップを自身に付加したのちに、敵単体に超強力な攻撃をぶつけるBuster宝具。


演出としては、第1第2第3再臨姿に早変わりするが、舞台「紅葉狩」や広島の神楽にも見せ場の一つで鬼女への早変わりがあり、それを模したものだと思われる。


ちなみに、現代で秋の紅葉を見に行くことを指す言葉「紅葉狩り」は、文字通り鬼女紅葉が狩られた=討伐されたことに由来するという。


他作品での活躍

Fate/Grand Order

『Requiem』コラボイベント『盤上遊戯黙示録』にて実装。レアリティは☆4。

本作では再臨により、人形形態を見ることが可能。


ゲーム上での性能

変化(恐竜)(C)自身の防御力をアップ(3T)&スター集中度をアップ(1T)
九頭竜の雷火(A)自身のクイック性能をアップ(3T)&バスター性能をアップ(3T)&味方単体のOCを1段階強化(1回・3T)
命の綱(B)味方全体のHPを回復&弱体状態を1つ解除&即死無効状態を付与(3T)
宝具自身に火傷状態を付与(3T)【デメリット】&攻撃力をアップ(3T)〈オーバーチャージで効果UP〉&敵単体に超強力な攻撃

カード構成はQuick:1/Arts:1/Buster:3、Buster宝具の典型的バーサーカー型。

カード性能もステータスも平均的、スキルも攻撃の「九頭竜の雷火(A)」、防御の「変化(恐竜)(C)」、回復の「命の綱(B)」……ととくに見るところがなさそうだが、原作の「妖術に長けたバーサーカー」という設定を反映してか、それぞれ「味方一人にオーバーチャージ段階増加バフ」、「自身へのスター集中」、「全員に即死無効バフ&弱体解除」と珍しい効果が付いている。


特に「命の綱(B)」は耐久型のサーヴァントにとって嬉しいスキルで、不安のタネである即死攻撃や弱体効果から身を守りつつ、回復と弱体解除でパーティ全体の生存率を高められる。「九頭竜の雷火」も状況に応じてサポート宝具の強化と自身の火力向上の両面に転用でき、応用性が高い。


宝具は攻撃しつつ自身に攻撃力バフとやけどのデメリットを付与する。宝具の火力はそこそこだが、宝具攻撃前にかかる攻撃バフは3ターン続く。宝具発動後の通常攻撃で畳みかけると大きなダメージソースになる反面、手早くNPを貯めて宝具を撃つことが他のバーサーカー以上に重要。


原作で搦手を得意としていたことを反映してか、その性能はサポーターとの連携戦に長けたアタッカーという独特なもの。OCを必要とする仲間やスターを稼げる仲間が横にいれば連携しながら戦えるため、マーリンやアンデルセン、ジャンヌ、ナイチンゲールといったサポーターに支えてもらったり、自身をエースアタッカーまでの「繋ぎ」とし、ボスの前座の排除に徹したりできる。


欠点は独特のスキル以外の強みがないこと。

打たれ弱さもNP稼ぎが不得手なのも他のバーサーカー準拠であり、加えてステータスもギリギリ相手を撃ち落とし損ねる程度に低い。加えて「九頭竜の雷火(A)」を使ってもなおスターは満足に稼げないという隠れた罠もあるため、彼女一人で敵と戦うには力不足感が否めない。


言わば器用貧乏に陥りやすいサーヴァントであるため、編成時には彼女にどのような役割を持たせるのかをしっかり吟味したい。


関連人物

生前

鬼女お万

生前の部下である鬼女。

凄まじく頑強な足腰の持ち主であり、副頭領として猛威を振るった。


源経基

生前の夫であり、自分を裏切った憎い相手。

彼との因縁から、紅葉は誰かに「裏切られる」ことがトラウマになっている。


Fate/Requiem

カリン

契約したマスター。関係は良好でコミュニケーションも取り合える。

カルデアの紅葉は「自身のマスターなら怪力お万の如き、男勝りの女傑だろう」と発言している。


宇津見エリセ

マスターの友人。彼女はカリン以上に紅葉を信頼している節がある。


ボイジャー

比較的仲がいいと思われるサーヴァント。一緒に聖杯トーナメントを観戦したりと『Requiem』の挿絵では仲の良い姿を見せているのだが、本文中では意外と絡みは少なかったりする。


Fate/Grand Order

藤丸立香

契約したマスター。

バレンタインの際、紅葉から貰ったチョコについての説明が恐竜時の唸り声では理解できなかったために紅葉を落ち込ませてしまった。が、そのままではいけないと思いエリセに翻訳してもらうため、一度だけ聞いた唸り声を自身で正確に実演するというどこぞのノートとは別方向でとんでもない芸当を披露した。エリセがそれを聞いて理解できたので本当に正確な模様。


酒呑童子

自分以外の鬼(かつ竜種繋がり)。

自身も鬼であるからか、酒呑が外見は子供の姿だからなのかは不明だが好意的。


源頼光

義理の孫の息子の嫁……という離れてはいるが無関係とはいえない関係。


楊貴妃

その琵琶の腕前を評価している。

自分も披露しようとしたが、鬼と化した手では弾けない事に気づき、へこんでしまった。


織田信長

彼女の両親が祈った第六天魔王を自称する英霊。


カーマ

その第六天魔王本人。今の所絡みはなし。


その他

遠野秋葉

昔、遠野の国には紅葉という鬼女がいたとされ、遠野家の祖ではないもの、秋葉の起源なのではないかと語られている。この遠野の国の紅葉と戸隠山の紅葉が同一人物かは不明。


余談

演じた日笠女史は『プリズマ☆イリヤ』の栗原火雀や『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』の魔眼蒐集列車の支配人代行の役で出演済みである。


関連イラスト

鬼女紅葉 - Kijo Koyoディノクライシス

好きな主従センシティブな作品


関連タグ

Fate/Requiem バーサーカー(Fate) 鬼種


ティオ・クラルス和装竜種に変身するキャラクター繋がり。ついでに中の人も同じ。

関連記事

親記事

バーサーカー(Fate) ばーさーかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2933302

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました