ピクシブ百科事典

クー・フーリン・オルタ

くーふーりんおるた

クー・フーリン・オルタとは、バーサーカーとして召喚されたオルタ化したクー・フーリンである。
目次[非表示]

さて、……殺すか

プロフィール

真名クー・フーリン
クラスバーサーカー
性別男性
身長185cm
体重72kg
出典ケルト神話
地域欧州(アイルランド)
属性混沌・悪・地
ILLUSTしまどりる
CV神奈延年

ルーン魔術は己の肉体の補強、身体強化や宝具使用の際の肉体再生のみに使用している。

概要

Fate/GrandOrder』に登場するバーサーカーサーヴァント。レアリティは☆5。

女王メイヴが願望機である聖杯に「自分と共にあれる邪悪な王のクー・フーリン」を願ったことによって、変転した姿。狂王クー・フーリンとしてアメリカの大地を食い荒らした。彼女からは「クーちゃん」と呼ばれている。
生前の狂戦士状態ですらない、本来のバーサーカーとはまた異なる姿での召喚。

聖杯のバックアップを受けていた時は、無尽蔵の魔力供給によってランサーキャスターの状態は元より、かの師匠ですら「戦ったら負ける」と断言するほどの強さを得ていた。

メインシナリオ第五章における災厄クラスのエネミー。

真名

ケルト・アルスター伝説の勇士。
赤枝騎士団の一員にしてアルスター最強の戦士であり、異界「影の国」の盟主スカサハから授かった無敵の魔槍術を駆使して勇名を馳せた。
通常とは異なりバーサーカーとして現界している。

なお、クー・フーリンにも狂戦士としての伝承は存在する。
「戦場に立つと頭から光の柱がそそり立ち、全身が筋肉の膨張で倍以上に膨れ上がって巨躯を成し、顎は頭ほど肥大化し、片目は小さく顔に埋もれ反対の目が大きく出てくる。目の中に七つの瞳が現れ、全身が赤黒く染まり、髪からは血が滴って湯気が立ち、踝の関節は裏返る」と、まさに怪物そのものの姿に変化し、魔獣の如く暴れ狂って、敵も味方もなくことごとく血祭りに上げていったという。
元に戻るには「大樽(桶)一杯の冷水」が必要で、戦場から帰ってきたクー・フーリンにたちを見せて羞恥で動きを鈍らせ、その隙に冷水の中に放り込むのだという。しかも、一杯目はすぐに蒸発し、二杯目は熱湯に変わり、三杯目でぬるま湯となってようやく治まる。

しかしクー・フーリン・オルタは、ゲイ・ボルグの素材となった「波濤の獣(クリード)」に近い姿をしており、伝承にある異形の狂戦士とは異なっている。

人物

メイヴの願いによるオルタ化によって全身の装備が変化し、性格も反転。表情は冷酷、宝具である魔槍も黒混じりの赤となり、禍々しい気配を湛えている。
クラスはバーサーカーだが一応対話可能な程度には理性が残っている。

以前よりも屈強になった肉体と、生気を宿さない虚ろで殺意に満ちた瞳、全身を彩る赤黒い魔術的な紋様の刺青、腕と下半身を覆う魔獣じみた甲冑、至る所から無数の棘を生やして変質した魔の朱槍。
快男児と言い得た壮健な人格は、ただひたすら戦場を血に染める戦闘機械のように無感動になった。
これらの性質・人格は、メイヴの中に渦巻く“アルスターの戦士”クー・フーリンへの強い愛憎が反映された結果であり、「王になる」という点にひたすら偏執したクー・フーリンを生み出したことに繋がった。
誰をも寄せ付けない傍若無人で圧倒的な暴力、そこから生み出される脅威――
「王になる」というシステムそのものとも言える狂王クー・フーリンの王としての行為は、ただ蹂躙し絶滅し尽くすだけ。
その在り方は、戦争がもたらす“虚無”と“荒廃”の化身と言い得るだろう。
実際にその暴虐の様を目の当たりにしたラーマからは「魔王(ラーヴァナ)」と喩えられた。

これでも性格としては本来のバーサーカーのクー・フーリンよりもマシらしく、そちらは「世界最高にロクでもない代物」らしい。

サーヴァントとして召喚された場合、意外にもマスターの命令にはある程度柔軟に対応してくれる。
むしろ恐ろしげな印象とは正反対、「マスターとサーヴァントの在り方」という定義に自身を律義に当てはめようとし、マスターに危機が迫れば特攻さえ吝かでない姿勢さえ見せる。
これは「狂王として王になるシステム」という性質同様、「サーヴァントというシステム」に自身を置換してそれに準じている故にである。
ならばマスターが示すべきものは何か。
歩く災厄たる“狂王”を制するのは、他ならぬマスターの判断なのだ。

なお、褐色肌のように見えるが、実際はカードイラストでの周囲の光源の影響により影になっているだけである。
コマンドカードでは寧ろ色白に描かれているのが確認でき、オルタ化する前より僅かに白い。

能力

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
AB+A+CDA


保有スキル

戦闘続行(A)往生際がとことんまで悪い。獣の執念。戦闘を続行する能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の重傷を負っても戦闘が可能。
精霊の狂騒(A)クー・フーリンの唸り声は、地に眠る精霊たちを目覚めさせ、敵軍の兵士たちの精神を砕く。精神系の干渉。敵陣全員の筋力と敏捷のパラメーターが一時的にランクダウンする。
ルーン魔術(B)北欧の魔術刻印ルーンの所持。この状態で現界するに当たって、クー・フーリンは「対魔力」スキルに相当する魔術を自動発動させている。
矢避けの加護(C)飛び道具に対する防御効果。魔術に依らない飛び道具は、目で見て回避する。狂化されているため、大幅にランクダウンしている。
狂化(EX)(C相当)聖杯への願望によって誕生したバーサーカークラスなため、Cランク相当でありながら、論理的な会話は可能。しかし如何なる詭弁を弄しても効果がなく、目的に向かって邁進する以外の選択を行わないため、実質的に敵対者との会話は不可能であるといえる。
神性(C)神霊適性。太陽神ルーの子であるクー・フーリンは、高い神性適性を有する。オルタ化しているため、神性が通常よりランクダウンしている。


宝具

抉り穿つ鏖殺の槍(ゲイ・ボルク)

The Mad King


  • ランク:B++
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:5~50
  • 最大捕捉:100人
ホーミング魔槍ミサイル。クー・フーリン本来の宝具。またしても別の文字が当てられている。
詳細は該当記事にて参照。

噛み砕く死牙の獣(クリード・コインヘン)

狂王クー・フーリン・オルタ


  • ランク:A
  • 種別:対人宝具(自身)
  • レンジ:─
  • 最大捕捉:1人

全呪開放、加減は無しだ……絶望に挑むがいい。――『噛み砕く死牙の獣』!

荒れ狂うクー・フーリンの怒りが、魔槍ゲイ・ボルクの元となった紅海の怪物・海獣クリードの外骨格を一時的に具象化させ、鎧のように身に纏う。攻撃型骨アーマー。
詳細は該当記事にて参照。

ゲーム上での性能

ステータスはATK:12,800を超える火力特化型。この数値は、実装時点ではトップ、現在もジャンヌ・オルタに次ぐ2位という高さを誇る。
《Quick:1/Arts:1/Buster:3》と、バーサーカーらしいカード配分で、Busterカード3枚によるBraveチェインで驚異的な膂力を発揮する。

ランサークラス時から保持するスキル「矢避けの加護<C>」のおかげで、他のバーサーカーにはない無敵性があり、ATK値を下回るHPでもしぶとく生き残る。
オマケに「戦闘続行(A)」も引き継いでいるので、土壇場での粘り強さも健在。
ただ「矢避けの加護」は性能が若干劣化しており、付与される回避効果が3回から2回に減っている。
ヘラクレスも回避スキルだが、あちらは1ターン完全に避ける半面、効果は使用ターンで終了してしまうので、無駄使いに終わるリスクがあるため、確実性ではこちらが上。
敵全体に攻撃とクリティカル威力の低下を付与する「精霊の狂騒(A)」で敵の攻撃性を損なわせることもできるので、結果的に自分の生存力は高まる。
HPの多さと「変化」による防御バフでしぶとさを獲得したヴラド三世とはまた別の角度から生存力の高さを維持しており、これだけの攻撃性を持ちながらヴラド三世同様に“介護要員の必要性が低いバーサーカー”という、ほぼ唯一無二の特性を持っている。

宝具は『噛み砕く死牙の獣』で、詳細は同項目を参照。

同じ攻撃型のバーサーカーには坂田金時がいるが、あちらは「動物会話」によるNPチャージからの宝具解放という別の特性を有しているため、また運用理論が異なっており、棲み分けは可能。

欠点はバーサーカー独特のNPチャージ効率の悪さ。
Artsカード2枚にスキル「吸血」で相手のNPを確率で減らしながらNPチャージが出来るヴラド公や、スキル「動物会話」で最大50%を即行チャージ出来るゴールデン坂田と比べると、生存力こそ高いがチャージ効率ではどうしても後れを取ってしまう。
ランサークラスの時とは違い、しぶとさを補強する防御系礼装との相性は悪くなってしまうので、礼装もNP獲得系かBuster性能UPかのほぼ二択に絞られがちになる。
防御を意識するのであれば「月霊髄液」が効果的で、「矢避けの加護」と併用して5回も攻撃を凌げるため、相手が無敵貫通持ちで無ければCTが経過するまで生き残り、2度目の「矢避けの加護」も可能になる。

「矢避けの加護」さえ覚えれば割と器用に立ち回れるので、火力の高さと場持ちの良さを活かして、上手く運用していきたい。
同時実装されたナイチンゲールとは、性能と宝具の両面で相性がよく、運を味方につけて両方召喚できた(もしくはフレンドのサーヴァントで見かけた)場合には、一緒に組ませてやるとより安定する。

余談

原典である『Fate/staynight』では、第三ルート「Heaven's_Feel」で主人公士郎にとってそれまでのルートで頼もしい味方であり続けたセイバーセイバーオルタとして敵に回るという、衝撃的な展開が起こる。
『Grand Order』の序章では主人公とマシュにとって頼もしかったクー・フーリンが第五章で最大の敵として出てくるという点ではある意味、それのオマージュとも言えるだろう。

なお、禍々しい巨大な尾と脚部を持ちながら、通常のクー・フーリンとの体重差はわずか2㎏である。

ファン間では「兄貴」を意味する「ニキ」を付けた『オルタニキ』又は縮めて『タニキ』という愛称が早くも定着している。
その他、メイヴのせいで黒化していることから汚染されたアニキ、という意味で『汚ニキ』、メイヴに倣って『クーちゃん』、狂化(バーサーカー化)した王という意味で『狂王』と、呼ぶファンもいる。

ちなみに、オルタニキの頭巾のデザインは、古参ファンならどこかで見た覚えがあるハズ……。

実はストーリー中、7章でジャガーマンが登場するまでは唯一、サーヴァント霊基再臨最終段階の一枚絵を除く全段階イラストで登場した。殆どのサーヴァントは第1段階か第2段階のイラストで登場している。

実は…

プリヤランサー!
わんさー


黒化したクー・フーリン自体は平行世界に先駆者がいる。通称ワンサー
こちらはクリードではなく猟犬そのものに姿を変えることが可能。だが作中の黒化英霊たちは知性や理性がほとんど消失し、サーヴァントとしての力も本来より下がってしまっている。
作中の出番はルビーがバゼットの説明をした時の回想シーン、しかも倒された後という出オチ

関連イラスト

オルタニキ
無題


Cu Chulainn Alter
【FGO】クー・フーリン オルタ



関連タグ

Fate/GrandOrder バーサーカー(Fate) サーヴァント Fate黒化

ランサー(Fate/staynight)……ランサーで召喚された場合。
クー・フーリン(Fate)/兄貴キャスター……キャスターで召喚された場合。
旧ランサー……若い頃のクー・フーリン。クラスはランサー。
ミニクーちゃん……魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜に登場するマスコット化した姿。

pixivに投稿された作品 pixivで「クー・フーリン・オルタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10287667

コメント