ピクシブ百科事典

ランサー(Fate/staynight)

らんさー

ランサーとは、『Fate/stay night』に登場する槍兵のサーヴァント。
目次[非表示]

その心臓、貰い受ける───!

プロフィール

真名クー・フーリン
身長185cm
体重70kg
出典ケルト神話アルスター神話
地域アイルランド
属性秩序・中庸
イメージカラー
特技魚釣り素潜り山登り
好きなもの気の強い女無茶な約束
苦手なもの回りくどい方針、裏切り
天敵ギルガメッシュアーチャー
CV神奈延年
人気投票20位(男性7位・型月10周年記念)


概要

第五次聖杯戦争において召喚されたランサーサーヴァント

Fate/stay night』物語開始当初から登場。
アーチャーと交戦する姿を衛宮士郎に目撃されたことから、口封じに彼を殺害しようと襲いかかるが、その末に士郎が召喚したセイバーと交戦となり、宝具を回避されたのち撤退する。
初戦以降は中々姿を見せない、神出鬼没な存在。

続編『Fate/hollow ataraxia』では傍観の姿勢を貫き、気ままな生活を送る。しかし、夜の聖杯戦争において重要な役割を担う。

人物

奔放で口は悪いものの愛嬌があり面倒見も良い、さっぱりとした性格。
信念と義を重んじ、死力を尽くした戦いを望むなど、武人としての魅力も高い。作中での活躍によって、ファンからは「兄貴」と呼ばれることも。
hollow ataraxia』では、サーヴァント中で誰よりも現代社会に溶け込んでみせ、アルバイトナンパ釣りにあけくれたり、アロハシャツがとても似合う様を披露してくれた。

普段は気さくな性格だが、こと戦闘に関してはどこまでもシビアで冷徹。
たとえ家族であろうが親友であろうが「敵」となれば躊躇なく殺し、どんなに嫌な相手でも「主」であるなら裏切る事はなく忠義を尽くす。

戦場を駆け抜け、多くのものを手にかけたその人生に、無念はあれど未練はない。
聖杯にかける願いは無く、望むのは「死力を尽くし、強者と戦う」ことである。

真名

アイルランドの光の御子、「クランの猛犬」と謳われた赤枝の騎士クー・フーリン
惚れ込んだ姫君を射止めるために武勲を立てるべく、影の国の女王スカサハに弟子入りし、彼女の元で様々な魔術と体術を学び、魔槍ゲイボルクを授かる。
影の国を去った後はアルスター王の元、赤枝の騎士として数々の戦場を駆け巡り、アイルランド中にその名を轟かせた。

しかし、コノートの女王メイヴの奸計により無二の親友フェルディアを殺害。また存在を知らなかったとはいえ息子であるコンラもその手にかけてしまう。
彼の最期は、メイヴの策略によりゲッシュを次々と破る事になり、半身が痺れたところを敵に奪われたゲイボルグに刺し貫かれて命を落とす。しかし、こぼれ落ちた内臓を水で洗って腹におさめ、石柱に己の体を縛りつけ、最後まで倒れなかったという。

能力

高い白兵戦の技術とサーヴァント中でも有数とされる敏捷性を持ち、神速の如き卓越した技量の槍さばきは、歴戦の猛者でも躱すのは困難。

赤き弓兵からも「『槍兵』のクラスに選ばれる英雄の中でも選りすぐり」「これほどの槍手は世界に三人といまい」と評されている。本気を出した際の攻撃は、の穂先は勿論、得物を振るう腕の動き、足捌きに至るまで『鷹の瞳』を持ってしても全く視認出来ないレベルに加速する。

そして、どんな死地からでも生還する「生き残る」事に特化したサーヴァントでもあり、本人や遠坂凛によると、セイバーとアーチャーを同時に相手をしても守りに徹すれば充分に持ちこたえる事が出来る模様。
また本編では語られていないが、設定集ではギルガメッシュを相手に半日以上戦い抜き、それなりに消耗させたことが語られる。

武器戦闘を好むため、(面倒くせぇと)滅多に使わないが、原初の18のルーン魔術も修得しており、ランサー時にも行使する事自体は可能。
作中では探索のベルカナと炎のアンサス、『hollow』ではアトゴウラの四文字のルーンを披露した。探知される事無く唐突に現れるのもルーンの一つだという。また、全ルーンを使用する事で発動させた結界は上級宝具すら防ぐ代物。同一と思われるこの結界でライダーの石化の魔眼も防ぐ。

またバーサーカーを相手取っても、宝具の能力を1ランク上げる事で「十二の試練」を連続突破する事が出来、きのこ氏曰く「かなりの劣勢を強いられるものの勝機がある」とのこと。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
バゼット??????
言峰綺礼BCACEB
藤丸立香BCACEB


保有スキル

対魔力(C)魔術への耐性。二節以下の詠唱による魔術は無効化できるが、大魔術・儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
戦闘続行(A)所謂「往生際の悪さ」。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負ってなお戦闘可能。『EXTRA』ではグレードを耐久と入れ替えているため(C)に下がっている。
仕切り直し(C)戦闘から離脱する能力。また、不利になった戦闘を初期状態へと戻す。
ルーン(B)北欧の魔術刻印・ルーンを所持し、キャスタークラスにも適合できるほどの知識と腕前を持つ。
矢よけの加護(B)飛び道具に対する対応力。使い手を視界に捉えた状態であればいかなる遠距離攻撃も避ける事ができる。ただし超遠距離からの直接攻撃、および広範囲の全体攻撃は対象外。
神性(B)神霊適性を持つかどうか。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされ、(B)ランクは半神半人を意味する。


以上のルーン魔術と戦闘時の荒々しさを伝える逸話から、他のクラスに対しての適性も持ち、他作品ではランサー以外にもバーサーカーキャスターのクラスで登場している。

また、これら以外にも本人の発言と描写等からセイバーライダーの適性も持っているものと思われる(ライダーで登場した際の騎乗馬は「鏖殺戦馬セングレン」というらしい)。

日本ではマイナーな英雄だが、もし知名度が高い欧州が舞台だったのならヘラクレスアーサー王に並ぶ存在になったとの事。
召喚地が地元のアイルランドであれば、戦車や城壁の宝具、不眠の加護というスキルも追加され、その強さはアーサー王をも凌ぐとされる(逆にイングランドならばこの関係は逆転する)。

宝具

刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)

ランサー


  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~4
  • 最大捕捉:1人

ランサーが編み出した対人用の刺突技
槍の持つ因果逆転の呪いによる必殺必中の一撃であり「心臓に槍が命中した」という結果をつくってから「槍を放つ」という原因を作る。
回避には因果操作を回避出来る幸運の高さ、ランサー自身が放つ神速の槍さばきを躱す技量の二つが必要であり防ぐには槍の魔力を上回る防壁を用意するしかない。

仮に心臓を穿てなくとも当たれば負傷と回復阻害の呪いを残し魔力消費の少なさにより連発も可能で対人効率が良い。
後述の宝具との区別のためかファンからはもっぱら「刺しボルク」と呼ばれる。
ちなみに公式ですら間違えることがあるが、「ゲイボル」ではなく「ゲイボル」な点は注意。

突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)

no title


  • ランク:B+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:5~40
  • 最大捕捉:50人
  • 由来:クー・フーリンが師匠スカサハから授かった魔槍

魔槍ゲイボルクの本来の使い方。
魔槍の呪いを最大限開放して渾身の力で投擲する。
刺し穿つ死棘の槍」とは違い心臓に命中させるのではなく、一撃の破壊力を重視している。生前より更にその威力は増していて、相手に向かって無数に分裂していき一発で一部隊を吹き飛ばす。

因果逆転程の強制力はないが、一度ロックオンすれば「幾たび躱されようと相手を貫く」という性質を持つため、標的が存在する限りそこが例え地球の裏側だろうと飛んでいくだろうと推測されている。
口語では「刺し穿つ死棘の槍」と区別が付けにくいため、俗に「投げボルク」とも呼ばれる。

槍投げの記録について聞かれた際には「そうだな……ま、オレに勝てるヤツはそういないハズだ。世界で二人、条件付きで三人ってところか」と応えている。

本編以外での登場

Fate/EXTRAシリーズ

エクストラ!


遠坂凛のサーヴァントとして登場。衣装は本編と違いサイバーチックなデザインになっており、槍も棘が多くなっている。実体化しての登場は少ないが、平時では凛のドジをからかい、戦闘になれば抜群のコンビネーションを見せるなど相性のいいコンビである。
詳細はクー・フーリン(EXTRA)を参照。

カーニバル・ファンタズム

出番は多いのだが、とにかく死ぬ。ランサーが死んだ!」「←この人でなし!」というやり取りがなされるほど。
「FINAL DEAD LANCER」ではそんな死の運命から逃れるべく奮闘するが…。

プリズマ☆イリヤ

プリヤゲームにランサー登場おめ!


バゼットによって本編開始以前に撃破されているため、本編ではほぼ未登場。
一応『ツヴァイ!』でバゼットが紹介された際に、回想シーンでやられ姿が1コマ描かれている。
ゲーム版にて正式なキャラクター設定が登場。ちなみにデザインは原作者ひろやまひろし氏によるもの。

一方で、槍の方は使い勝手の良さから美遊の必殺技として活躍。命中率は本編よりも高い

Fate/Prototype

モンスター狩ってそう


玲瓏館美沙夜のサーヴァントとして登場。
元々は原型としての設定のみの存在であったが、旧Fate(Fate/Prototype)の映像化により新たに設定が組み直された。『stay night』の彼とは同一人物(ただしプロトランサーの方が若い)とされている。
詳しくは旧ランサーを参照。

Fate/GrandOrder

初期から実装されている☆3(R)サーヴァント。
その幅広い適正からキャスター・バーサーカーとしての参戦も実現。
そちらはクー・フーリン(キャスター)クー・フーリン・オルタを参照。
本記事のランサー版はイベントに時々登場するのみ。
第二霊基ではスカサハの元へ修行に向かった頃と思われる短髪姿になっており、カルデアでは主にこの格好で過ごしている様だ。

カード性能

最大HP9593(LV70)
最大ATK7239(LV70)
コマンドカードArts:1/Quick:2/Buster:2
宝具カードQuick
スキル1戦闘続行(A) / 自身にガッツ状態を付与(1回・5T)
スキル2矢避けの加護(B) / 自身に回避状態を付与(3回)+自身の防御力をアップ(3T)
スキル3仕切り直し(C) / 自身の弱体状態を解除+自身のHPを回復
宝具敵単体に超強力な攻撃+防御力ダウン(3T)+中確率で即死効果
宝具(強化後)自身に必中付与(1T)+同上


原作や伝承の通り「生き残る」事に特化したスキルによるしぶとさが特徴的なサーヴァント。
窮地であってもしぶとく生き残り、いい意味でのレアリティ詐欺と称えられるほど。
「戦闘続行」で死の淵から蘇り、「矢避けの加護」で敵の攻撃を掻い潜り、「仕切り直し」で回復しつつバステやデバフを解除するという、まさに生き残り特化の耐久型。

ただしカード性能はお世辞にも良いとは言えず、スキル構成も合わさってNPやスターの稼ぎ辛さ、攻撃力不足は否めない。
攻撃力不足については、概念礼装やパーティ構成で上手く補いたい。

長らく強化がなかったものの、2018年の3周年記念強化クエストでようやく宝具が強化される。
攻撃前に必中状態が付与されるため、自前のカードでコンボを組めば後続の攻撃も必中扱いになる。相性で有利なアーチャーのサーヴァントには回避スキル持ちが多いため、利便性は高い。
即死確率も補強され、ザコ相手ではあるがこれまで以上に即死が刺さるようになった。

先んじて2017年2月1日に戦闘モーションもTV版『UBW』準拠に改定され、よりダイナミックかつ俊敏なアクションを拝めるようになった。

人間関係

stay night、hollow ataraxia

バゼット・フラガ・マクレミッツ
第五次聖杯戦争における本来のマスター。「繰り返される四日間」で彼なりのけじめをつける。

言峰綺礼
令呪により鞍替えを強制させられたマスター。彼の命じる方針のため、ある一戦を除き死力を尽くした戦闘を行うことが出来なかった。
彼による台詞「自害せよ、ランサー」は余りにも有名。
ちなみに、必中であるはずのランサーの槍が悉く外れるのは、彼の令呪による命令のせいで、シリーズを超えて当たらないのはもう呪いの域である。

衛宮士郎
staynightの主人公。夜の穂群原学園で下記のアーチャーとの戦闘を目撃されたため、始末した。
が、何らかの方法で士郎が蘇生した事を察知し、再度襲撃をかけるが、セイバーを召喚されてしまい、撤退を余儀なくされる。
ルートによっては後に共闘関係となるが、これらの出来事が有ったため、士郎からは苦手意識を持たれている。

遠坂凛
ルートによっては共闘する敵マスター。初見からその人柄を気に入っていたらしい。
とある平行世界ではパートナーに。

アーチャー
どこまでもソリが合わない犬猿の仲。しかしランサーがどこに召喚されても、必ず同じ戦場に召喚されている腐れ縁。FGOでも一緒になった時は流石に「運命か」とウンザリしていた。

ギルガメッシュ
アーチャー同様腐れ縁。自分を「狗」呼ばわりして侮蔑してくる天敵。実力は評価されているが組む気など一片も湧かない。
それこそ現在の在り方を『欲の皮の突っ張った怨霊』と一蹴するほど気に入らない奴。
ただし性格がだいぶマシな部類である幼年期の彼とは割と仲がいい。

カレン・オルテンシア
繰り返す四日間でのマスター。かなりこき使われていた模様。

生前・同郷

エメル、スカサハ、モリガン、アイフェ
hollowやFGOのマイルームで語られた四人の女。
エメルはクーフーリンの本妻であり彼女を娶る為に影の国の修行に赴いた。
スカサハは生前の師匠である影の国の女王。主にhollowで語られFGOでも登場した。
モリガンは死の女神。あまりFateシリーズでは語られていない。
アイフェは影の国の隣国の領主。一騎打ちで負かした後妻にし、子供も孕ませた。

フェルグス
育ての親にして剣の師にあたる盟友。「フェルグス叔父貴」と呼んでいる。

フェルディア
コノートの騎士。共にスカサハの下で修行した親友。
数少ない、ゲイボルクを使わなければ殺さなかった相手。

メイヴ
敵国コノートの女王。様々なゲッシュを負わせ死のきっかけを作った人物。
彼によると、生前より面倒臭い女になっている模様。

コンラ
実子、スカサハの妹であるオイフェとの間に生まれた子。ゲイボルグこそ継承出来なかったものの幼少からスカサハの元で鍛錬し、父を超える武勇を身に着けていたとのこと。
しかし、ゲッシュによる誓約などから名前を明かせずクーフーリンと相対し、ゲイボルグによって殺害される。

ディルムッド・オディナ
ケルト神話における後輩英雄。『unlimited codes』では勝利した際にその武勇を讃えつつも、私怨で彼を見殺しにしたフィンを若干遠回しながらも批判する台詞を言っている。
『Grand Order』では絆クエストで彼について語ることがあるが、その内容は上記の一件とも関わる笑えないジョークになっている。
ランサーの方からは特に言及はないが、セイバーの彼からは「光の御子」と呼ばれ、敬愛されている。

関連イラスト

戦闘続行
クー・フーリン


クー・フーリン
槍氏



関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント ランサー(Fate) 
Fate/staynight Fate/hollowataraxia Fate/EXTRA Fate/GrandOrder Fate/EXTELLA
クー・フーリン(Fate) クー・フーリン(EXTRA) クー・フーリン(キャスター) クー・フーリン・オルタ

教会組 三大騎士クラス Wランサー 槍師弟
ランサーが死んだ! 幸運E

関連記事

親記事

ランサー(Fate) らんさー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ランサー(Fate/staynight)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4778323

コメント