ピクシブ百科事典

ディルムッド・オディナ(Fate)

でぃるむっどおでぃな

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。この記事ではセイバークラスで召喚されたディルムッド・オディナについて扱う。
目次[非表示]

サーヴァント、セイバー。フィオナ騎士団ディルムッド・オディナ。
騎士として貴方に仕えさせて戴きます。

プロフィール

真名ディルムッド・オディナ
クラスセイバー
性別男性
身長184cm
体重85kg
出典ケルト神話、フィオナ騎士団
地域アイルランド
属性秩序・中庸・地
好きなもの仲間たちとの語らい
嫌いなもの主からの妬み
ILLUSTAzusa
CV緑川光

スキル「愛の黒子」はこの霊基では基本的に使用されない。制御が効いている。

概要

Fate/Grand Order』に登場するセイバークラスサーヴァント。レアリティは☆4(SR)。『Fate/Zero』のランサーとは同一人物の別側面という関係である。

第五章「北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム」予告CMにて初登場。公式でも実装を予定しているとのコメントがあったもの、ストーリー内で出番があったのはランサー版のほうでこちらは一切登場しないままだった。
実に約2年経過した後、なんとFate/Zeroコラボイベント『Fate/Accel_Zero_orderの復刻版である「LAP2」開催に伴い、☆4セイバークラスのサーヴァントとして実装が決定した
過去に復刻版イベントで追加された浅上藤乃とは異なり、ピックアップ期間を過ぎても恒常召喚のラインナップに含まれている。

ランサークラスで召喚された場合については、ランサー(Fate/Zero)を参照。
FGOにおけるランサー版の概要も記載されている。

人物

忠義に篤く、誠実さを有する高潔な英霊。
基本的にはランサー時と同一人物だが、
セイバーとして召喚された彼は『騎士』としての自覚が特に強くなっている。
強敵との戦いを楽しみ、求めている自分自身を憚らない。また、自覚的なのか無自覚的なのか、ランサー時よりも自己肯定感がやや強い。

霊基性能はランサーの時より増しているが、反面、召喚の難易度もあがっている。
召喚者の技量がどれほど優れていようと、特定の条件が揃わなければ霊基として成立せず、雲散霧消する事も。

FGOにおけるサーヴァントのレアリティは必ずしも設定上の強さとイコールではないのだが、彼に関しては珍しく「☆3ランサーよりも☆4セイバーのほうが召喚が難しい」と言及されている。

真名

英霊ディルムッド・オディナはセイバーランサーの2つのクラスに適性を持つことが明言されている。

逸話によれば、真に生死を懸けた冒険へと赴くディルムッドは魔剣モラ・ルタと魔槍ゲイ・ジャルグを持ち歩き、危険は少ないと判断した際には魔剣ベガ・ルタと魔槍ゲイ・ボウを持ったという。

───ディルムッドが死した時、
身に付けていた装備は後者であった。

前者の装備で山に入っていれば、魔猪は倒され、フィオナ騎士団最強の騎士は命を永らえていたかもしれない。


魔剣二振りを携えた彼は、
此度の現界をどのように捉えるというのだろうか?

答えは明快だ
「すなわち、ただひたすらに騎士として在らん。」
これが魔剣二振りを携えたディルムッドの在り方である。
生前のように剣と槍を持てぬのであれば、常在戦場の覚悟で主人に仕え使命を果たす。例え霊器が変わったとしてもこの信念は変わらない。

能力

セイバーとして現界した彼は二つの剣『モラルタ』と『ベガルタ』を用いて戦う。
とはいえ生前では片方に槍、もう片方に剣という特殊な戦闘スタイルであったために、どちらのクラスで召喚されたとしても完全とは言い難い。
残念な事に、2つのクラス能力を付与する事が出来るスキル『二重召喚』は、よりにもよって三騎士内では適応できない。流石の幸運E

仮にスキル『武の祝福』があれば剣と槍両方持ってくることも可能だが、ディルムッドはそのスキルを持っていない。望みを持つとしたらアイルランドの知名度補正でこのスキルが追加されることを願うくらいか..。(現状『武の祝福』をスキルとして持っているのはラーマのみ)
後に長尾景虎がランサークラスにも関わらず「毘沙門天の加護」で槍・刀・鉾など多種多様の武器を持ち込んできたので、ディルの境遇がまた気の毒なものになったしまった。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+BADEA

ランサー時と比べると、敏捷がダウンしている代わりに筋力と耐久が上がっている。残念ながらやはり幸運はEのまま。

クラススキル

対魔力(A+)セイバーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。EXを除けば最高のA+ランクになっている。
騎乗(B)セイバーのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。。


保有スキル

魔力放出(跳躍)(A)神々に育てられたディルムッドは超人的な跳躍力を獲得している。セイバーとして現界した彼は、ランサー時よりも敏捷パラメーターが低下している代わりに本スキルを所有する。魔力を放出することで爆発的に機動性を上昇させ、総合的な攻撃力を底上げする。
フィオナ騎士の誉れ(B)ディルムッドの類い希なる覚悟。筆頭騎士としての精神性が形となったもの。
激情の細波(B+)詳細不明。小さな激情という語源から察するに魔剣ベガルタのことと思われ、彼の『波濤と細波』という絆礼装でもモラルタとベガルタが描かれている。
愛の黒子(-)この霊基では基本的に使用されない。制御が効いている。 とのこと。こちらで現界が叶っていれば第四次聖杯戦争でのとの関係も少しは良好だった…かもしれない。


宝具

憤怒の波濤(モラ・ルタ)


  • ランク:B 
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~20 
  • 最大捕捉:1人
生死を分かつ境界線……見定める! はああああっ! ここだ!『憤怒の波濤(モラ・ルタ)』!

モラ・ルタ。
ディルムッド・オディナが操る多くの武具の中で最も強力なものを挙げるとすれば、この恐るべき魔剣を措いて他ない。
一撃必殺、初撃必勝。
抜き放たれた魔剣はディルムッドに確実な勝利を与え、敵対者に敗北と死をもたらす。

運命をも操るが如き魔剣モラ・ルタは、
ケルトにおける海と異界の神マナナンによって授けられた。マナナンこそは太陽神ルーに宝具フラガラック等を与えた神性であり、数多くの宝具を所有、提供する存在であった。

真名解放時には、セイバーのクラスでの現界によって顕れた人智を超えた超跳躍を利用した落下攻撃を遂行する。この時、モラ・ルタは伝説に語られる『マナナン神の脚』にも似て、三本の刃となって敵を寸断する。

ベガ・ルタ

  • ランク:???
  • 種別:???
  • レンジ:??? 
  • 最大捕捉:???人

ディルムッド・オディナが操るもう一つの魔剣。
マテリアル等でも言及されておらずどのような効果があるかは不明。
スキルとして実装されている『激情の細波』がこれのことだとすると、防御用の効果であったと推察される。

ゲーム内での性能

最大HP11362
最大ATK10048
カード配分Quick×2/Arts×1/Buster×2
スキル1魔力放出(跳躍)A/自身に回避状態を付与&自身のQuickカード性能をアップ&自身の攻撃力をアップ(1ターン)
スキル2フィオナ騎士の誉れB/自身のスター集中度をアップ(3ターン)&スターを獲得
スキル3激情の細波B+/自身の防御力をアップ&自身のNP獲得量をアップ(3ターン)
宝具Quick/敵単体に超強力な攻撃&防御強化状態を解除&中確率で即死効果<オーバーチャージで確率アップ>


クイック中心の自己完結型であり☆4でも上位に入る性能を誇る。
スキル、カードどちらもスターを稼ぎやすく全体宝具ではないがhit数が多いQ宝具であることからも星は結構出せ、これにより自身で稼いだスターでクリティカルを狙える。
回避と防御の二種類の防御バフを駆使して耐久も可能。
QとA両方ともNP効率が良好で礼装次第ではスキルとの合わせ技でジャック並のQ性能になる。

強いて言えば自力でクリティカル威力を上げる術を持たないので、その辺りを補えるサーヴァントと組ませるのが良いだろう。

関連人物

ディルムッド(ランサー)
ランサークラスで召喚された場合の彼。幕間『双剣、来たる』にて意外な形で関わることになる。

フィン・マックール
生前の主君。謙虚さはあるがあちらの彼ほど苦手意識は無い様子。それどころかこちらのディルムッドの方が若干天然ボケ寄りの性格なため、逆にフィンがツッコミを入れる立ち位置になっている。

アルトリア(セイバー)
かつての聖杯戦争での好敵手。同じクラスになった故か、再戦を強く望んでいる。

宮本武蔵
とある聖杯戦争の最中に邂逅した放浪者のサーヴァント。彼女からカルデアの話を聞かされたことがきっかけで主人公達の元へやって来る。

柳生但馬守宗矩
彼の幕間の物語にて共演。時おり剣の手ほどきを受けている模様。

関連イラスト

ディルムッド(セイバー)
剣ディル


剣ディル
ディルムッド(セイバー)


関連タグ

Fate/GrandOrder セイバー(Fate) サーヴァント

関連記事

親記事

ランサー(Fate/Zero) でぃるむっどおでぃな

pixivに投稿された作品 pixivで「ディルムッド・オディナ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 770916

コメント