ピクシブ百科事典

ランサー(Fate/Zero)

らんさーふぇいとぜろ

「ランサー(Fate/Zero)」とは、『Fate/Zero』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

フィオナ騎士団が一番槍、ディルムッド・オディナ――推して参る!

プロフィール

真名ディルムッド・オディナ
身長184cm
体重85kg
出典ケルト神話フィオナ騎士団
地域アイルランド
属性秩序・中庸
イメージカラー翡翠色
特技アウトドア料理、接客対応
好きなもの友情、仁義
苦手なもの恋する乙女、嫉妬深い
天敵ソラウケイネス
CV緑川光

生涯を通じて愛と忠義と誇りを問われ続けた騎士

概要

第四次聖杯戦争において、魔術協会魔術師であるケイネス・エルメロイ・アーチボルトによって召喚された、ランサーサーヴァント

右目下の泣き黒子は女性を恋に墜とす魅了(チャーム)の力を宿しており、その美しい風貌と黒子の存在から『輝く貌』『魔貌』の異名を持つ。
なお、黒子の力はランサー自身にもコントロール出来ない厄介な一面がある。

契約に応じたのは、生前に叶えられなかった『純粋な武と忠義に貫かれた、戦士の生き様の完遂』を果たす為。元より正々堂々を信条としていたが、緒戦でセイバーと刃を交えたことで高潔な武人としての信条に火がつき、彼女をライバル視するようになる。その真っ直ぐな性格故に、勝敗を最優先とするマスターとはそりが合わず、ケイネスの意向に反する行動をとることもしばしば。結局マスターにはランサーの武人としての心を理解してもらえず、ソラウを巻き込んだ三角関係も相まって終始仲は最悪だったといえる。

そのあまりにもドロドロした昼ドラっぷりや、相性最悪の主従関係、そして先達を連想させる最期から、「ランサー=自害」のイメージを確立させてしまった不遇のキャラ。
しかし、後に心の内を正直に話し、味方には公正な振る舞いで接し、魂の色が似ているマスターに召喚されてさえ、自害よりも悲惨な最期を迎えるランサーが登場する事に・・・。

Fate/unlimitedcodes』でも「Zeroランサー」として出演しており、第四次で戦ったセイバーや同郷の先達であるランサーなどを相手にする場合、戦闘の前後に特殊台詞がある。

真名

過去と未来


ケルト神話におけるフィオナ騎士団の団長フィン・マックールの麾下において、指折りの騎士であり、美貌の持ち主であったというディルムッド・オディナ。頬に妖精からおくられたほくろがあり、乙女達の心をときめかす魔力を持つ。

主君フィンの花嫁候補として迎えられたグラーニャという姫から一目惚れされ、彼女に「自分を連れて逃げること」をゲッシュとして課された結果、駆け落ちしてアイルランド中を逃亡する羽目になる。

ディルムッドは逃亡中もフィンへの忠節を貫き、グラーニャには指一本触れなかったという。
結局、フィンと和解した後には、晴れてグラーニャと結ばれたものの、その幸福も長くは続かなかった。

異父弟の生まれ変わりであるによって致命傷を負わされたディルムッドは、癒しの魔力を持つフィンに助けを求めるが、グラーニャの件を根に持っていたフィンは彼を見殺しにする。

なおこの最期によりディルムッドにとって猪はトラウマになっており、GrandOrder』では猪は死ぬほど嫌いと語っている。

後にこの猪(魔猪)がバーサーカー扱いのエネミーとして登場し、更にイベント『カルデアサマーメモリー』では再びフィンと共に対峙し、今度は主従揃って敗北している。無茶しやがって……。

人物

忠義に篤く、名誉ある戦いを重んずる英霊らしい英霊。生前、向けられた愛情に折れて主君を裏切り、それにより最期は主君に見殺しにされた彼であるが、忠義より愛を選んだ己の行動に後悔はなく、自分を見殺しにした主への恨みもない。主君と酌み交わした杯も、妻と囁きあった睦言もかけがえのない記憶として残っている。

彼が聖杯に託す望みは無い。その騎士としての誇りを全うしうる二度目の戦場を与えられることが、ディルムッドにとっては最大の祝福であり悲願である。葛藤なき晴れやかな武勇の誉れのみを求めて、ディルムッドは聖戦に参加する。

と、これだけ書くと、私心がないにも関わらず、主君の猜疑心ゆえに理解されなかった悲運の男と取れるが、ディルムッド自身も「忠義の対象」にできるならマスターが誰でもよかったような節があり、ケイネス個人の人格を見ていなかったなど、マスターとの関係構築において問題がなかったわけではない。
彼がケイネスの才能や人格を認めた上で腹を割って話し合っていれば、多少なりとも関係に改善は見られたであろうと言われる。
とはいえ、ランサー組にとって最大の敗因は、ケイネスと衛宮切嗣の相性が最悪であったことであり、マスターとサーヴァントの不仲はさほど重要なことではなかった。

能力

二刀流ならぬ二槍流の騎士であり、二本の槍を自在に操り巧みに戦う。
伝説によれば、彼は二本の槍だけでなく二本の剣、「モラルタ(「大いなる激情」の意)」、「ベガルタ(「小なる激情」の意)」を所持していたとされる。用語辞典には、ケイネスはむしろディルムッドがセイバーのクラスで召喚されるのを望んでいたのかも、と記されている。
伝承ではこれらの二剣二槍の武器を用い様々な敵と闘い、グラニアとの逃避行の時には空飛ぶ魔女を投げ槍で倒したり、巨人を倒すなど騎士団に所属していた時以上の武功を立てたという。
最も優れた組み合わせはゲイ・ジャルグとモラルタのようだが、クラスの都合で再現できない。
二重召喚も三騎士クラス内では適用されないため、真価を発揮させるにはそれこそエクストラクラスで召喚するしかないのかもしれない。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ケイネスBCA+DEB
FGO主人公BCA+DEB


保有スキル

対魔力(B)三節以下の詠唱による魔術を無効化。大魔術・儀礼呪法など大掛かりな魔術を持ってしても傷付けるのは難しい。
心眼(真)(B)修行・鍛錬によって培った洞察力。窮地において、その場に残された活路を導き出す戦闘論理。
愛の黒子(C)魔力を帯びた黒子による異性への誘惑。ディルムッドと退治した女性は彼に対する強烈な恋愛感情を懐く。対魔力スキルで回避可能。
騎士の武略(B)力において及ばずとも、戦いの流れを把握し、相手のミスを誘発させる戦闘法。自己強化ではなく相手の判定ミスを誘うスキル。一瞬の勝機に賭ける冷静な観察力。具体的に言うとクリティカルスターを多く発生させる。


宝具

破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~4
  • 最大捕捉:1人
  • 由来:ディルムッドが養父であるドルイドのアンガスより贈られた紅槍ゲイ・ジャルグ


ランサーが持つ紅の長槍。刃が触れた対象の魔力的効果を打ち消す。基本的には、魔術的防御を無効化させるための能力を持った宝具。セイバーの鎧のように魔力で編まれた防具や、魔術やあるいは宝具「騎士は徒手にて死せず」によって魔術的な強化・能力付加を受けた武具から、その魔力的効果を奪い、物理的な防御力のみの状態にする。
打ち消される魔力の対象は防具に限った話ではないが、「刃の触れた部分だけ」「刃の触れている間だけ」効果を発揮するため、防御的な使い方には向かない(例えば広範囲に効果を及ぼす攻撃魔術を受けた場合、槍の刃が触れた部分の効果はなくなっても、他の範囲に炸裂した魔術の効果は使い手におよぶ)。また、過去に交わされた契約や呪い、既に完了した魔術の効果を覆すことはできない。

「宝具殺しの宝具」と呼ばれる槍だが、この破魔の効果単独で宝具の破壊はできない。あくまで「刃の触れている間だけ」効果を打ち消すのみである(槍として物理的に破壊可能な宝具であれば、破魔の効果とは別に破壊は可能)。
魔術を使わないものにはただの槍だが、サーヴァント同士の戦いに魔術的なものを使わないことはまずない。効果に派手さはないが、実に有用な宝具。

必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)

薔薇は必滅


  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~3
  • 最大捕捉:1人
  • 由来:ディルムッドが妖精王マナマーン・マック・リールより贈られた黄槍ゲイ・ボウ

ランサーが持つ黄の短槍。この槍で付けられた傷は、槍を破壊するか、使い手が死なない限り癒えることがない。ゲーム的に例えれば、ただHPにダメージを与えるのではなく、同時に最大HPそのものを削り取る効果。
短期決戦においてはただの槍だが、長期に渡って同一の相手と複数回戦えば、じわじわと確実に効いてくるボディブローのようなもの。「破魔の紅薔薇」同様、派手さには欠けるが、非常に使い勝手のいい宝具。
なお、使い手はこの槍で傷つくことはない。
『GrandOrder』では、何故か「破魔の紅薔薇」とほぼ同じ長さで表示される。単なるミスなのか工期やデザイン担当者の都合なのかは不明。

外部作品での活躍

Fate/GrandOrder

2015年12月のスカサハ実装&体験キャンペーンにて、フェルグス・マック・ロイと共に恒常実装された。
ランクは☆3(R)。
彼を入手し、セイバーアレキサンダーフィン・マックールを入手していた場合、彼をお気に入り登録した際のマイルームトークにて専用台詞が聞ける。

イベント「チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016-」では、チョコサーヴァント騒ぎの真相追及における妨害役の二番手として登場。本人の実体験(?)を交えた鉛のように重い金言で、マスターにチョコサーヴァント騒ぎから手を引くように忠告してくる。普段が真面目なだけに、ギャグ補正による壊れっぷりがマスターたちの腹筋に直撃することに……。ちなみに、この時の台詞「チョコは危険ですマスター!!」と彼のイラストが入ったTシャツ公式から販売される予定。もっとも、2017年の拡大復刻版で送ってくれるお返しの内容から「生前やZeroでの女難ってあの黒子だけが原因ではなかったのでは?」と疑われる羽目に。

また、イベント「Fate/Accel_Zero_Order」ではエルメロイⅡ世の口八丁によってマスターのケイネスがソラウ共々聖杯戦争を中途放棄して帰国し、マスター権限の委譲によってカルデアチームに客将として加わり、原作とは逆に「世界の崩壊を阻止する」という騎士としての誇りを全う出来る戦いに注力でき、目的を達成した後に一切の禍根無く胸を張って座へと帰っていけるという最大級の祝福がもたらされた。

メインシナリオ第五章『北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム』ではメイヴ率いるケルト軍の将として敵対。
生前と同様にフィン・マックールの側近としての参戦だが、フィンの突拍子もない言動に終始振り回されっぱなしとなっていた。
それでも生前、結果的に裏切ってしまった主君に最期まで仕えて奮戦できたことに満足し、フィンと共に主人公たちに討たれて潔く消滅した。

また、召喚直後の時点から非常に従順で恭しいのが裏目に出て「猜疑心を向け続けたケイネスの気持ちが分かった」と零してしまったプレイヤー多数。

性能面

同格のランサーたちの中ではHPに重点が置かれた耐久型で、☆3ランクでありながらHPが無強化で10,000を突破する。
代わりにATKは現状では同格内では最下位に甘んじている。
《Quick:2/Arts:2/Buster:1》とアーチャー型のカード配分をした変則型。
そのため、他のランサーよりも宝具の回転率は一歩上を行く性能をしており、火力不足はこれで補填可能。

スキルは、1ターン回避状態付与と3ターン防御UPの「心眼(真)(B)」、女性限定で敵単体の1ターン攻撃力を大幅にダウンさせる「愛の黒子(C)」、スター発生率を3ターン強化する「騎士の武略(B)」、の三つ。
初期から「心眼(真)」を覚えているため、回復技能なしでもそこそこ場持ちがいい。
ユニークスキルである「愛の黒子」は、女性単体かつ1ターンだけと効果は短い一方、かなりの補正効果を誇り、他のサーヴァントと連携して上手く使えば敵の宝具攻撃を骨抜きにして被害を軽微に抑えることもできる。
宝具を合わせてQuickチェインが組めるので、「騎士の武略」でスターの量産も捗る。

宝具は『破魔の紅薔薇、必滅の黄薔薇』で、二槍流によるW宝具アタックとなっている。
属性はQuick、効果は【敵単体に超強力な攻撃+強化状態を無効化&5ターン呪い付与】で、赤薔薇で強化解除→黄薔薇で呪い付与の効果を発生させる。
これは本来の宝具の効果をそのまま再現するには厳しいための措置。特に黄薔薇のほうはHPそのものを弄るので再現が難しく、暫定的にHPにスリップダメージを与える「呪い」として再現されている。オーバーチャージで呪いのダメージ量が500単位で上昇する。

メディアの「破戒すべき全ての符」の上位互換といった宝具だが、あちらはキャスタークラスかつ「強力な攻撃」で止まっているのを破格のNP回転率でカバーしているので、住み分け自体は容易である。
絆クエストをクリアすることで、威力に上方修正(B→B+)が入る。

弱点は低いATKを自前でカバーできる術を持たない点。
Quickチェインとスキルでのスター発生を活かしたいところだが、ランサーのスター集中度は平均的で、パーティー内に優先度が高いアーチャーやライダーがいると、彼にはスターが回らず火力の補填に繋がらなくなってしまうのがツラい。
そのため、概念礼装でスター集中率やNP獲得量を上げたり、スター集中度の低いキャスターやバーサーカーと組ませるなど、マスター側の工夫が求められる。

関連イラスト

ディルムッド
無題


ランサー
聖杯はいらないけどランサーは欲しい



関連タグ

Fateシリーズ Fate/Zero ランサー(Fate) サーヴァント

幸運E さよなランサー 

ディルムッド・オディナ(Fate)セイバーで召喚された場合。

pixivに投稿された作品 pixivで「ランサー(Fate/Zero)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 721413

コメント