ピクシブ百科事典

幸運E

こんなきょうつうてんはほしくなかった

「幸運E」とは Fate/staynightまたはFate/Zeroに登場するランサーのどちらか、或いは両方ともが(主に不憫に)描かれたイラストに付けられるタグのひとつ。
目次[非表示]

概要

「幸運E」とは Fate/staynightまたはFate/Zeroに登場するランサーのどちらか、或いは両方ともが描かれたイラストに付けられるタグである。

  • どちらかのみが描かれているイラストの場合
その幸運値の低さが強調されているものが多い。現在アニメが放送中であるせいか、Fate/Zeroに登場する第四次ランサー(ディルムッド)が不憫な目に遭っているイラストに付いていることが多いが、Fate/staynightに登場する第五次ランサー(クーフーリン)が不憫な目に遭っているイラストに付いているものもある。

  • 両方ともがセットで描かれているイラストの場合
自分たちの幸運値の低さについて愚痴をこぼしあったり 慰めあったり やつあたりしていたりといったものだけでなく、「幸運Eという共通点のあるランサー二人」という意味合いで付いているものもある。そういったものには「wランサー」のタグも一緒に付いている事が多いので、かっこいいランサー'sのイラストが見たい場合にはそちらのタグから辿った方が早いだろう。

由縁

これは、両者ともその幸運パラメータ値がEと低いことからきている。
第四次、第五次と続けてこのパラメータ値であることから「幸運Eはランサークラスの宿命」と取る向きもあるが、近年は幸運値が高いランサーも増えてきており、このジンクスは薄れつつある。

幸運E持ちサーヴァント

先述2人のランサーを除いても結構多く、英雄というものの業の深さを感じさせる。
主に不憫な生涯や非業の末路を遂げた者、ヒトとしての幸福を自らの意志で放棄した者などが該当する。

Fate/staynight

死後の自分自身を"道具"として世界に売り渡した「守護者」であるため。
正義のあり方が歪み失墜した彼もE。EXRTAの無銘の場合のみD。

主神たちの傲慢により、人々に倒されるべき「怪物」へと堕とされた女神。
マスターが慎二の場合D。

薄幸の代表格と言われる彼だが、本来のマスターでの数値は不明でありマスターがEXTRAのの場合Dである。
キャスターオルタ平行世界の彼もDである。

ハサン襲名のために、自己を証明する全てを捨てた男。

理不尽の極みを押し付けられて死んでいった者の成れの果て。厳密にはE+。


Fate/Zero

本人の意思とは関係なく、呪いの黒子で上司の妻となるべき女を惑わし、騎士団を混沌へ追いつめてしまった。劇中でも全く同じ悲劇を繰り返す事となる。

敬愛する聖女失う前の彼はD。

彼/彼女の宝具自体が自己を曖昧にしてしまう代物であり、「自分が真のハサンになること」という願望と矛盾するため。


Fate/EXTRA

マスターとの相性のためと思われがちだったが、ランサーとして召喚されてもE。老人の時にようやくD。


Fate/Apocrypha

原典の神話から想定すると恐らく全サーヴァント中最低。マイナスという数値がないためE止まりと推測される。

生まれてすら居ない、堕胎された子供の怨念の集合体。

英雄はおろか人としての矜持すら投げ捨て、殺戮の獣に墜ちた姿。
本来の状態ではC。


Fate/EXTRA-CCC

生前本当に欲しかったものは何一つ手に入らず、サーヴァントになる前も後も読者からの印象(呪い)を受けて苦しんでいる。

彼女に組み込まれた戦乙女の因子が大きく影響している為。


Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ

原典の神話から想定すると、黒のセイバー同様最低に値すると考えられる。更には彼女を組み込んだアルターエゴすら幸運Eにするというレベル。


Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚

傍目や経歴からはそこまで運が低く思えないが、某氏の言を借りていうなら「戦いを通じて自分を鍛え上げる」武運がなかったことが理由と思われる。


Fate/GrandOrder

謂れのない「吸血鬼」としての汚名を世界に刻まれてしまった君主。
執政者断罪者としての彼はDだが、どちらも悲惨な末路を辿っている。

思い人に騙され、化生へと墜ちてなお結ばれなかった。ランサーの場合はA+。

生まれた時から実父に怪物として蔑まれ、暗い地下迷宮の邪悪としての一生を強いられた。

技術が至らなかったのではなく、資金難のせいで世界を躍進させられた研究が実らなかった。
そのためか、技術の発展の祖とはなったが「星の開拓者」を所持していない。

聖杯を所持した者の「非業の復讐者であってほしい」という願いから創り出された存在。

抑止力の代行者として、その運命を受け入れた為。

名は体を表すが如く、愛はあれど哀しみに満ちた人生であった。

自ら存在を知られることなく、また知った者の首を断ち、知られることのない最期を迎える監視者としての人生を選んだ為。

文明発達の象徴として人々の安寧と幸福を願う小さな「願望器」であり、その恩恵を受ける対象に自身を含まない為。

原典の神話から想定すると恐らく全サーヴァント中最低。マイナスという数値がないためE止まりと推測される。

原典の神話から想定すると、フラグメンツのランサー同様最低に値すると考えられる。本人達も一度たりともヒトとしての幸福を望んだ事がなかった。

特殊なケース

幸運値が設定されていない特殊なサーヴァント達。状況次第ではE相当になる事もある。

その特性上、マスターが不幸なら自身も不幸になる鏡写しのサーヴァント。
月の聖杯戦争ではE。人理を救う物語ではB。

スキル「変容」によって、宝具以外の全ステータスを自在に変えられるサーヴァント。
合計値の上限がある為、全てを高ランクにすることはできない。

スキル「千貌」によって、宝具以外の全ステータスを自在に変えられるサーヴァント。
ランクは変身する対象やその場の状況に応じて変わる。

宝具以外のステータスが、Eどころか「-(無し)」となっているサーヴァント。
全ては彼を生み出した理論が否定されているか否かによって決まる。

全サーヴァント中唯一、幸運値が「?」となっている。波乱万丈なその生涯ゆえか。

類似・関連タグ

wランサー 不幸体質 ランサークラスの宿命 持って生まれた呪いのようなものでな
言峰綺礼:だいたいこいつのせい

pixivに投稿された作品 pixivで「幸運E」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1783250

コメント