ピクシブ百科事典

ニーベルンゲンの歌

にーべるんげんのうた

ニーベルンゲンの歌とは、ドイツ系の叙事詩であり、英雄・ジークフリートの活躍とその妻クリームヒルトの復讐を記したものである。
目次[非表示]

概要

前半は英雄ジークフリートの英雄譚、後半は妻のクリームヒルトの復讐譚と構成される叙事詩。全39編からなる。 現在現存する写本A、B、Cはユネスコ記憶遺産に登録されている。

竜殺しの英雄の栄光と悲劇を主軸とするニーベルンゲン伝説とブルグント族の滅亡の叙事詩の2つの物語を下敷として成立したものであり、同じくニーベルンゲン伝説を起源とする北欧神話の『ヴォルスンガ・サガ』と度々比較される。更にリヒャルト・ワーグナーのオペラ『ニーベルングの指環』は北欧神話を元にしながらもニーベルンゲンの歌からも多くの要素が引用されている。

主な登場人物

前半の主人公。ネーデルラントの王子。竜を退治し、その血を浴びて無敵の肉体を得たが唯一血がかからなかった背中が弱点となっている。
クリームヒルト求婚のためブルグントを訪れ、グンテル王の求婚に協力することになるがそれが悲劇の始まりとなる。
北欧神話のシグルドに相当する人物。

後半の主人公。ブルグントの姫君。
北欧神話のグズルーンに相当する人物だが、グズルーンの母親の名前がグリームヒルドと似た名前であったりする。

ブルグントの勇将。
北欧神話のホグニに相当する人物。

  • グンテル(グンター)
ブルグントの王。ジークフリートに対し、妹クリームヒルトとの結婚の条件に自身の求婚の手助けを求める。
北欧神話のグンナルに相当する人物。

イースラントの女王。
北欧神話のブリュンヒルデに相当する人物。

フン族の王。ジークフリート死後のクリームヒルトと結婚する。
北欧神話のアトリ王に相当する人物。

  • リューディガー(リュエデゲール)
エッツェルの配下。クリームヒルトとの結婚をエッツェルに勧める。

東ゴート族の王。「ディートリッヒ伝説」の登場人物。謀反を起こされ亡命しエッツェルの元に身を寄せている。また別の伝説ではジークフリートと御前試合を行ったこともある。
史実ではエッツェルの死後に誕生しているため本来エッツェルと出会うことはない。

  • ヒルデブラント
ディートリッヒの配下。ディートリッヒ同様「ディートリッヒ伝説」の登場人物。

用語

北欧神話のグラムに相当する魔剣
小人族ニーベルング族との一件でジークフリートが入手したもの。彼の死後も持ち主が転々とする。

  • ニーベルングの財宝(ニーベルンゲンの財宝)
北欧神話のアンドヴァリの黄金、ニーベルングの指環のラインの黄金に相当する。
バルムンクと同様ニーベルング族との一件で入手したもの。

  • ネーデルラント
ジークフリートの故郷。現在のオランダその他周辺国に該当する。

  • ニーベルング族(ニーベルンゲン族)
小人族。

  • ブルグント
ブルグント族の国。

  • イースラント
女王ブリュンヒルトの統治する国。現在のアイスランドに該当する。

  • フン帝国
エッツェルが率いる遊牧民族・フン族の国。ヨーロッパの広範囲を征服した。

関連タグ

叙事詩 悲劇 ドラゴン退治
Fateシリーズ グランブルーファンタジー

関連記事

親記事

叙事詩 じょじし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニーベルンゲンの歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26295

コメント