ピクシブ百科事典

ヴラド三世(バーサーカー)

ゔらどさんせい

「ヴラド三世が鮮血の伝承を使用し吸血鬼ドラキュラへと変貌した姿」であり「バーサーカークラスで召喚されたヴラド三世」。
目次[非表示]

「護国の槍―――民を守る武器は、さぞ貴様の手に映えるだろう―――」

プロフィール

真名ヴラド三世
性別男性
身長191cm
体重??kg
出典ドラキュラ
地域ルーマニア
属性混沌・悪
誕生日11月10日
設定担当東出祐一郎虚淵玄
Illust前田浩孝
CV置鮎龍太郎(Grand Order)


概要

英霊ヴラド三世が聖杯戦争に召喚される場合、彼の該当クラスはランサーバーサーカーであり、本記事では『Fate/GrandOrder』においてのバーサーカーについて解説する。

彼は他にも月の聖杯戦争聖杯大戦の2つの聖杯戦争に参加しているが、登場している聖杯戦争によって容姿、性格が大きく異なる。
聖杯大戦』の方はヴラド三世(Fate)
月の聖杯戦争』の方はランサー(Fate/EXTRA)をそれぞれ参照。

略歴

ヴラド三世ルーマニアの王であり、英雄。本来はランサーとして召喚されるが、今回の聖杯戦争(『GrandOrder』)ではバーサーカーとして召喚。
吸血鬼としての力を容赦なく振るう、災禍の化身。
バーサーカーとして召喚される場合、宝具『鮮血の伝承』が発動された状態がデフォルトとなる。
狂化はEXランクだが、会話は通じる。しかし、余程のマスターでない限り、ヴラド三世はいつしかマスターの血を啜るだろう。

人物像

ランサーの頃にあった気品は消えている。
吸血鬼ドラキュラ、その不名誉を拭うためにヴラド三世ランサーとして召喚に応じ、聖杯戦争を戦う。だが、極稀にバーサーカーとして召喚されることがある。この場合、知名度は「吸血鬼ドラキュラ」に準拠する。
この姿で召喚されたことに怒りを感じてはいるが、それが意図的なものでないならば鷹揚に付き合ってはくれるだろう。
とはいえ紛れもない王なので常に尊大であり、あくまで自身が王でマスターが臣下という態度は崩さないが。
吸血鬼として現界したことはある程度許容しているが、やはり「吸血鬼として扱われる」ことには怒りを覚えるとのことで、彼の絆クエストではこの辺りを巡ってロンドンの闇夜を進軍することになる。

だが、一方でどのような状況であろうと己の信念や考え方を崩すつもりはなく、良くも悪くも空気を読まずに道化であろうとやると決めたら大真面目、かつ全力で物事に取り組む。また、意外と人付き合いも良く、かつて国を治めていたこともあることからお祭りの重要性も理解している。

そして、ハロウィンイベントではなんと趣味が「刺繍」であるという衝撃の設定が現れる。
ただ、王という立場上自分で刺繍をする機会がほとんどなく、一度くらい自分の服も自分で仕上げてみたいとのこと。
ちなみに、この刺繍設定は嘘八百ではなく一応史実に基づいている。ハンガリーに幽閉されていた時代に手慰みで習ったところハマってしまった模様(つまり、イベントで手に入る『いたずらこうもり』は彼の自作の可能性が)。
カルデアにいる間もよく裁縫をやっているようでバレンタインではお礼としてお手製のぬいぐるみをプレゼントしてくれたり、他のサーヴァントに裁縫を教えていたりもする。

また、同イベントのハロウィンエリザを娘のように見守るなど、ハロウィン補正故なのか或いは元々なのか、王という立場抜きであれば思いの外温厚な節がある。
ちなみに、これは本人曰く「同類相哀れむ」、つまりは「吸血鬼と謗られ蔑まれる痛みを知るがゆえ」の部分が大きいからだとか(彼自身「護国の鬼将」以前に一人の父親でもあるので一種の親心もあるだろう)。

第二の絆クエストではカメラの存在について理解していることが判明。しかも自信満々にその旨を語ってくれるうえに、助けた市民からの写真撮影の要求に気前よく応じるなど、機嫌の良い時にはなかなかにおちゃめな言動が増えることも判明した。なお、サーヴァントであるヴラドを撮影した市民は(神秘の秘匿的に)その後どうなったかは不明。

絆クエストの市民との会話や出現したエネミーの特徴などの要素がヴラド三世の活躍と混じり合って『ドラキュラ』が生まれた事が仄めかされている。(元々の吸血鬼がアンデッドとして伝承されているので、死んだはずのヴラドが人前に現れた事でそれがより強固なものになったものと思われる。)
ドラキュラのモデルがあれだけはっきりとしているのも、ヴラドがご丁寧に自己紹介しまくったからだと思われる。ドラキュラではないと必死に否定する姿が余計に怪しまれた感も否めない。
自分がドラキュラである事を否定するつもりが、逆にそれを確固たるものにしてしまったのでぶっちゃけレイシフトしない方が良かったのでは…。


能力

知名度補正が吸血鬼ドラキュラの知名度に準拠する事や狂化も含めて、知名度補正が最高のランサーでの召喚時にも見劣りしない程高いステータスとなっている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香AACBEA


クラススキル

狂化(EX)狂化しているが思考は真っ当であり、聖杯に対する願望すら変化していない。では、何故規格外なのかと言うと、吸血や変化といった吸血鬼の特徴を受け入れて戦っていることそのものが、ヴラドにとっては異例中の異例、すなわち正気の沙汰ではないからである。


保有スキル

吸血(A)吸血鬼としての力の1つ。血を啜ることで、相手を下僕とする。吸われた側は生きながら死んでいるのと同じになり、基本的に吸った側に隷属する。また、この行為は『攻撃』ではなく『親愛』であるため、「あらゆる攻撃を撥ね除ける肉体」を持っていても防ぐことは出来ない。
変化(C)吸血鬼としての能力の1つ。霧、あるいは無数の蝙蝠などに姿を変化させる。近接戦闘においては極めて有能だが、広範囲攻撃に対しては効果が薄い。
戦闘続行(A)吸血鬼としての能力の1つ。往生際が悪い。瀕死の傷でも戦闘を可能とし、肉体の損傷を全く気に掛けない。


宝具

血塗れ王鬼(カズィクル・ベイ)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
さあ串刺しの時間だよ~


血に濡れた我が人生をここに捧げよう……

体内で生成した「杭」を射出する。材質は木の他に骨、肉、影、毛髪など様々。射程距離内に存在する物を取り込み、杭にすることも可能。
しかし、この宝具の本来の姿は対軍宝具であり、その場合はレンジも広く、無数の杭を結合、操作することも可能────尤も、本来の姿でなくともサーヴァント一騎を討ち滅ぼすには十分ではあるが。

鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)

  • ランク:A+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:−
  • 最大捕捉:1人

後の口伝によるドラキュラ像を具現化させ、吸血鬼へ変貌する。
吸血鬼となった彼は通常のスキル・宝具を封印される代わりに、身体能力の大幅増幅、動物や霧への形態変化、治癒能力、魅了の魔眼といった特殊能力を得て、遥かに強大化する。
だがその圧倒的な力の代償として陽光や聖印に弱いという弱点も得てしまう。
尤も、陽光に関してはそこまで致命的なものではないらしく、とある概念礼装ではビーチパラソルの下でポーカーに興じているなど普通に活動するには問題は少ないようだ。
バーサーカーである彼は常時この宝具を発動している。

Fate/GrandOrderでの性能

バーサーカーとしては最高ランクの☆5(SSR)。
HPが最大13,000という破格の高さを持つうえ、攻撃力も11,000を超えてくるため、育て上げてしまえば第一線で大きな戦力となってくれる。
同格の坂田金時と比較すると耐久型のステータスであり、スキルももっぱら耐久重視になっている。多くのバーサーカーが長期戦を不得意とする中、ヴラド公は例外的に長期戦に強いバーサーカーであり、単体でも十分な生存能力がある。

カードバランスも《Quick:1/Arts:2/Buster:2》というセイバー型。
保有スキルの「変化(C)」(防御力UP)・「戦闘続行(A)」(HP0なっても一度だけ復活)でとにかくタフに立ち回れるため、余ほど集中的に攻撃されない限りあっさり沈むことはない。
加えて、育ち切るまで若干物足りない攻撃力も、「狂化<EX>」の恩恵でBuster性能が高めなので、Busterを2枚絡めてExtra Attackに繋げれば、大抵の雑魚は無残に串刺しにされて散ることになる。

ただ、ここに至るLv40までのステータスが伸びづらく、主力に据えるまでに根気が必要になる。
また耐久型とは言えあくまでバーサーカーなので、HP周辺には気を配っておきたい。
霊基解放については、第三までならクエストを攻略していけば手に入る範疇で賄える。

宝具の効果は【敵単体に超強力な攻撃&クリティカルスター大量獲得】で種別はArts。
…なのだが、バグか仕様なのか威力倍率が異常に低く、ユーザーからは「普通に殴ったほうが強い」とまで言われてしまっている。
しかし2015年12月28日の更新で、第四章に待望の宝具強化用の絆クエストが追加され、ようやく期待通りの攻撃力を発揮できるようになった。
さらに2017年5月25日に同じく第四章にスキル強化用の絆クエストが追加され、「変化(C)」が「鮮血の伝承(A+)」【3ターン、防御アップ&攻撃アップ】へと更新可能となった。これにより兼ねてから不足していた火力面を自前で補強できるうえに、スキルランクの向上で防御アップ性能も強化され、ますますしぶとさに磨きがかかるようになった。元の「変化」のチャージターンも7ターンと割と短く、スキルレベルをとりあえずLv6まで挙げておくだけでも、スキルの使い回しはかなり良くなる。

ただ、強化クエストが追加されたとはいえ、第四章までストーリーを進めたうえで第二霊基解放まで達成する必要があるため、初期は威力の低さに泣かされることになる。

最大の欠点はNP効率の劣悪さ。
全サーヴァントの中でもワーストクラスのNP効率であり、吸血で補えるほどのものではない。
何らかの形で低いNP効率を補わなくてはならず、他のバーサーカーとは違った意味で介護要員が必要になる。

介護要員としては低いNP効率を補うことのできるサポーターが必要になってくる。
有力なサポーターとして玉藻の前諸葛孔明の☆5キャスター組が鉄板となる。
キャス狐が回復とスキルのチャージターン短縮にArts性能バフ、孔明が攻防両面のバフにNP獲得と、どちらもヴラド公に欲しい要素を補填してくれる。
☆3以下ならブーディカ(※要強化クエスト)・パラケルスス等のArtsバフをもつサポーター、バフと回復の両面で仕事をするアンデルセン、盾役にArtsの枚数が多いデオンゲオルギウスマシュが候補となる。
Artsチェインとスキルで低いNP効率を補い、火力源として宝具を撃たせるようサポートする方向になる。

他のバーサーカーと比べても異色のバーサーカーであり通常のバーサーカーとして使うだけでは見劣りする。
ただしっかりとした編成と戦い方をすれば他のバーサーカーに引けを取らないだけのポテンシャルは十分にある。
大器晩成型でありスキル上げも重要なサーヴァントなので、召喚に成功した際には焦らずじっくり育てていきたい。

関連人物

竜の魔女
自身を「バーサーク・ランサー」として召喚したサーヴァント。
まさかこんな形で共闘する縁を持つとは、誰が予想しただろうか。

カーミラ
自分と同じ吸血鬼伝承を持つアサシンのサーヴァント。
表向きは相性が良さそうだが、「道化も演じ切る」覚悟を持つヴラド三世に対し、カーミラは自分の在り方を卑屈に考えるため、実際は反りが合わない。
二人の夫婦漫才のようなシュールさが、シリアスな笑いを誘う。

エリザベート・バートリー
カーミラの少女時代の姿。カーミラとは打って変わって好印象。
曰く「同病相憐れむ」関係で、「善悪や欲や夢ではなく己の楽しさに耽溺する」その様が好いとのこと。
一人の父親であった頃を思い起こすらしく、鷹揚に接している。
ちなみに彼女がよく口にするアイドルについてはよくわかっていない。

ヴラド三世(ランサー)
妻と信仰を愛する“護国の鬼将”としての側面に傾いた、自身と同一人物かつ別の霊基を持つサーヴァント。
執政者として鷹揚なこちらとは違い、あちらは“悪”に対する寛容が一切ない。


ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
かつて自身に「鮮血の伝承」を強引に行使させた、盟友であり怨敵にしてマスターであった魔術師。
『Fate/Apocrypha』コラボでは彼の妄念が黒幕となって大聖杯の簒奪を画策し、ヴラド公をランサーとして参陣するも、報復を恐れて思考回路を封じられたまま手駒とした。
しかし幾千幾万の闘いの蓄積から綻びを見つけ出し、ダーニックの計算を覆して、引導を渡した。
かつての裏切りを怒ってこそいるものの、本心ではどれほど汚名を着せられようと野心に忠実なその生き様に、自身の生前を重ねて称賛していた。故にダーニックの妄念を一方的に殺すのではなく、「英雄」として諭すかたちで看取っている。


その他

2016年のホワイトデー期間として実装された『カルデアボーイズコレクション2016』のピックアップ対象では☆4礼装「月下の四匹」に着流し姿で描かれるサプライズ演出で登場。

FGOツイッターに上げたもの


オリオン坂田金時ロビンフットと並んだ佇まいが、如何にも“年功の旦那”言った感じで渋い

また、同年7月30日の1周年記念において、ジャンヌ・ダルク諸葛孔明らと共に戦闘アニメーションが改正され、ただ槍をブン回すだけからQuickで霧に化けて攻撃したり、近接Buster攻撃で掌から血の杭を射出したり、Extra Attackで地面から無数の杭を召喚したりと多彩な動きが盛り込まれた。

余談

ハロウィンイベでは上記のようにイベントストーリー内では特に目立つ点は無かったのだが、限定クエストの中で、ある人物礼装をレアドロップで入手するために周回する上で特に効率が良いクエストが、彼の登場するものであったため、礼装のイラスト内容のせいもあってか一部ユーザーからドスケベ公という不名誉なあだ名を頂戴している。

関連イラスト

串刺し公
ヴラド三世



関連項目

Fate/GrandOrder サーヴァント バーサーカー(Fate)

領主  貴族 串刺し 吸血鬼 ドラキュラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴラド三世(バーサーカー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86113

コメント