ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

恋する夏娘はワイルド・ハニー!


プロフィール

真名モードレッド
クラスライダー
性別女性
身長154cm
体重42kg
出典アーサー王伝説(ゲームマテリアル)/ アーサー王伝説(一応)(書籍マテリアル)
地域イギリス(ゲームマテリアル)/ ブリテン(書籍マテリアル)
属性混沌・善・地
好きなもの夏、海、マス……
嫌いなもの
設定担当東出祐一郎
ILLUST近衛乙嗣
CV沢城みゆき

概要

2016年水着イベント『カルデアサマーメモリー』に登場するモードレッドの水着版。レアリティは☆4。


夏だ!海だ!サーファーだ!

イヤッホウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!!

という訳で爆誕したスーパーウルトラサーファー モードレッド・ビキニスタイルである。

略してサモさん、もといサーファーモーさん。


ちなみに初期では赤いビキニ姿だが、第1再臨では冷えたと言って白地に青襟のセラー服の上だけを裾を縛って着用。第3再臨ではマスターから貸し与えられたサーファージャケットを気に入って着込むといった変化がある。また、第1再臨以降は肌が日焼けになっている。


人物

鎧も兜も剣さえも放り出して目のやり場に困るビキニ姿になったモーさん。もはやモードレッド要素皆無である。何時も動きやすさを重視するため、今回も動きやすさ重視でビキニを選んだかと思えば、実はマスターへのアピールもちょっと含んでたりする乙女なモーさん。


生前は海で遊ぶことなど無かったせいか完全に浮かれており、傍からは「初めて海に来た中学生男子」にしか見えないノリである。この時ばかりは過去の確執やらは心の隅に蹴飛ばし、常時ハイテンション。ただし父上にアプローチして塩対応で返されるのは相変わらずの様子。


開放的になった影響なのか、普段よりもかなり素直でデレデレであり、マスターにも普段からは考えられないくらいデレデレ。性別の話に触れるなといういつもの雰囲気は鳴りを潜めている。

他にもアンに鼻の下を伸ばすマスターにヤキモチ焼いたり(「なんだそれ!?なんだそれ!?なんだそれ!?………メロン?(震え声)」と自身には無い果実に驚愕を露わにしてもいる)、ネロの水着「あかいいなずま」(スリングショット)を破廉恥だとする(「紐じゃねぇか!?アウトだバカ!」)など、やっぱり乙女なモーさんであった。


バレンタインイベントでは、ある人物からデマを吹き込まれて主人公とチョコスティックゲームに挑もうとするという、甘酸っぱい展開に発展する。


能力

今回はセイバーではなくライダーとして召喚されたため、クラレントは持ってきていない。それどころか鎧や兜も持ってきていない。そのため、サーフボードを武器に戦う。


モーション中では、サーフボードを鈍器代わりにして攻撃しており、蹴り技や騎乗してのプレスアタックも見せる他、ボードの先端部分から水弾も放つことが可能。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香C+BA+BAA

保有スキル

対魔力(B)ライダーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。詠唱が三節以下の魔術を無効化する。大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷付けるのは難しい。
サーフィン(A)『騎乗』の変種スキル。主に、サーフボードへの騎乗に対して特化したもの。Aランクであれば、大抵のサーフボードを乗りこなす事が可能。
セルリアンライド(A)『大いなる水曜日』の如き伝説の大波でも乗りこなす為の特殊スキル。騎乗するサーフボードの質に関係なく、あらゆる波を乗り越えられる。
ロデオフリップ(A+)実在するサーフィンの高難易度技(縦回転バックフリップの技)。モーさんはこの技術を攻撃に多用している為、スキルとして特別に昇華された。
終わらぬ夏(B)モーさんはいつでも夏気分。

宝具

逆巻く波濤を制する王様気分!(プリドゥエン・チューブライディング)

  • ランク:A
  • 種別:対波宝具
  • レンジ:1〜5
  • 最大補足:10人


「さぁ、大波だ!」

「来やがったな、水曜の大波!行くぞ相棒!『逆巻く波濤を制する王様気分!(プリドゥエン・チューブライディング)』!! いやっほうぅぅ!」


プリドゥエンによるサーフィン技トップクラスの難易度を誇るチューブライディング(波の間を駆け抜けるアレ)をぶちかます。やっている間はまさに海を支配した王様気分だとか。

演出としては高さ数メートルの大波に乗って突撃し、その大波で敵をまとめて押し流す。


詳細は該当記事を参照。


ゲーム上での性能

11,400のHPに9,212のATKを持つ攻撃型のバランスタイプ。

《Quick:2/Arts:2/Buster:1》のアーチャー型ライダーで、宝具と合わせてArtsチェインが組める。なにげに全体攻撃のArts宝具を持つライダー一号だったりする。騎クラスなのでスターをよく吸い、またQuick2枚のおかげで自力でそこそこスターを補給できる。


スキルは、自身のArts性能を3ターンアップする「セルリアンライド(A)」、1ターン回避状態&スター発生アップを付与する「ロデオフリップ(A+)」、3ターン継続するガッツ(HP:0から復活)状態とNP獲得(20~30%)の「終わらぬ夏(B)」。どのスキルも状況に合わせて使用することで、決して腐らない良好なラインナップとなっている。


宝具は、カードの種別はArtsで、効果は【敵全体に強力な攻撃&確率でチャージ減少〈オーバーチャージで確率アップ〉】。運が良ければ、複数の相手のゲージを減衰させられるため、必殺の一撃も遅延させることが出来る。そしてこの宝具こそ、サモさん最大の武器でもある


回避・ガッツの両面を持ち、攻撃性の向上も一人でこなせるため、性能はかなりきれいにまとまっている。最大の特性は宝具による破格のNP効率。敵3体を巻き込むのが前提となるが、他の味方からArts強化・NP獲得量アップ・NPチャージで補助していく事で、毎ターン宝具をブッパ可能になるという、最高クラスの宝具解放効率を誇る。ある動画ではW玉藻というガチャ運を要するパーティー編成だったとはいえ、15ターン連続波乗りという狂気の記録を樹立している。

ちなみに宝物庫(上級まで)を周回するだけなら、W玉藻などの突き詰めた編成でなくとも、相方にパラケルスス徐福とフレンドのアルキャスだけいれば3ターン連続宝具が可能。


そのため、サモさんを軸にArtsパーティーを組み、彼女のNP効率を最大状態にする編成は「サモさんシステム」と呼ばれており、それまで『FGO』界隈において「安定した守戦を可能にする編成」という意味で使われていた“システム”という単語の意味を「宝具を安定して3連射する編成」へと塗り替えたターニングポイント的な存在となっている。


何でも卒なくこなせるため、概念礼装の幅も広い。鉄板はAtrs強化、NP獲得量アップ、クリティカル威力アップ辺りだろう。結果的にNP効率として返ってくるので、宝具解放が捗るようになる。


ただし女性でライダーなので、最大の天敵であるジャックには注意。そしてライダークラスになったモーさんはクラス相性・アルトリア顔特性路地裏の父上の特攻対象に完璧に嵌ってしまい、「とりあえず廃嫡だよカリバー!!」によりジャック以上にエグいダメージを貰うことさえある。


また、ソーシャルゲームの常ではあるが、後発登場で役割の似たのライバルの存在も懸念点の一つ。特にハベトロットは同レアリティな上に配布+フレンドポイント召喚で手に入る事から入手機会が多く、見劣りしがち。耐久戦でのアタッカー運用ならば、前述したようにチャージ減衰も活かせるため、差別化できるだろうか。


関連人物

藤丸立香

契約したマスター。

普段より、好意が強く出ており時折言動がバグる。

そしてバレンタインではマタ・ハリの策略により……


アルトリア・ペンドラゴン(弓)

水着になった父上。

あちらからはプリドゥエンをパクったという理由でエクスカリバー or ロンゴミニアドの制裁を喰らいそうになっている……自業自得であるが。


アン・ボニー(弓)

父上と声が同じな海賊。

彼女の規格外の双丘を目の当たりにし、「メロン!?」と困惑することに。


ネロ・クラウディウス(術)

父上と顔の系統が似た皇帝。

あかいいなずまを持ち出そうとしたので「アウトだバカ!」と突っ込んだ。


カイニス(騎)

カルデア不良組の仲間で、サーファーのライダークラス繋がり。

藤丸立香はわからない』ではあろうことかカルデアの廊下で共に波乗りしていた


関連イラスト

サモさんセンシティブな作品

サマーモーさん!センシティブな作品


関連タグ

Fate/GrandOrder

モードレッド(Fate) / 赤のセイバー ライダー(Fate) サーヴァント

水着 ビキニ サーフィン 日焼け Tシャツ+水着 ダイビングスーツ

関連記事

親記事

赤のセイバー あかのせいばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7667730

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました