ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ほら、この目を見て下さらない? 私の目は、太陽
陽の目を持つ女――それが、私の名前よ。さあ、全てを告白しなさい

プロフィール

真名マタ・ハリ(マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ)
クラスアサシン
性別女性
身長165cm
体重49kg
出典史実
地域フランスドイツ
属性混沌・中庸・人
好きなもの気高い人、楽しいお酒
苦手なもの権力者
ILLUSTこやまひろかず
CV種田梨沙


概要

Fate/Grand Order」に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆1。
サービス開始時から4周年でシャルロット・コルデーと交代するまで、フレンドポイント召喚(ポイント制無償ガチャ)のグラフィックでセンターを飾っていた。

終章を除けば長らくイベントシナリオのみの活躍だったが、第1.5部禁忌降臨庭園セイレム」にて遂にメインシナリオ参戦を果たす。17世紀のセイレム村で「劇団」に扮する事となったカルデア一行を、持ち前の美貌と処世術・隠密技術でサポートする事に。

その後の「徳川廻天迷宮大奥」では、能力を見込んだ黒幕に操られる形で現れるが、洗脳が解けてからはマスターに合流。他のサーヴァント達には決して真似できない活躍で、(生前夢にも思わなかったであろう)世界を滅ぼす魔王を打倒する1ピースを担う。

真名

マタハリちゃん


世界の裏側で活躍した女スパイマタ・ハリスパイの中で、最も奇異な存在であっただろう。
ストリップダンサーである彼女はスパイとして処刑されるまで、その肢体で軍の将校たちを翻弄し続けた。

思えばマタ・ハリは人生のスタート地点、彼女にはどうにもならないところで躓いていた。
父は経営していた会社を倒産してしまい、母は心労で病んでしまった。そして、マタ・ハリが十四歳の頃に亡くなってしまった。
結婚生活も夫の暴力、酒、浮気癖で失敗し、青春時代の大半を、男たちのセックスで浪費させられた彼女にとって、男たちを翻弄するスパイは恐ろしいほど性に合っていたらしい。
――たとえ最期に処刑が待ち構えていたとしても。

女スパイとして暗躍し、数々の敵軍の高官を骨抜きにした結果、彼女の元には貢物として高価な宝石や貴金属が集まっていったことだろう。だが、彼女が真に欲しかった「たからもの」は愛した者と築いた幸福な家庭。即ち「真の愛情」。
どれだけ高価な「タカラモノ」と言えど、彼女にとっては価値など無いタダの「ガラクタ」だった。そしてその「価値なき宝」が貯まれば貯まるほど、彼女が真に望んだ「たからもの」はどんどん遠くに離れていった……。

また、後述のようにマスター達の新たな性癖を開いてしまった訳だが、史実では幼稚園の先生志望だった時期や二児の母親だった事があるので納得である。
しかし、前者は学長のセクハラにより断念、後者に関しては元々愛のない結婚だった事に加え、息子に先立たされ、残った子供を夫が引き取る事になったという苦い経験を持っている。

聖杯に懸ける願いがあるとすれば、愛した者と幸福な家庭を築くことだろう。
もっとも彼女は自分の英霊としての弱さを知っており、そんな望みが叶うことはないだろうと諦めてもいるのだが。

人物

明るく朗らか、蠱惑的な言動が多い一方、本質は芯の通ったしたたかさを秘めた女性。
同時に母性も旺盛で、よくマスターを甘やかそうとしてくる。
絆クエストでは諜報のために返り討ちにした兵士甘やかして籠絡するという、恐るべき手段で骨抜きしてみせた。なお、その兵士は新たな性癖の扉を開いてしまった模様……。

人の色恋にちょっかいを出すのも好きらしく、バレンタインではサーファーのモーさん秦良玉に色々吹き込んで陰から応援をしている様子が描写されていた。

何かと色っぽいが、聖杯への願いや「小指で触れ合う距離」にときめきと温もりを感じるなどの点を鑑みると、性的なものを介さない純愛を欲する、生娘のような純朴さも残しているようにも見える。

重い裏設定のあるマタ・ハリだが、カルデアで召喚されたことはおそらく幸いだったに違いない。
その証拠に、遅蒔きながら登場したイベントストーリーでは、他のサーヴァントとの交流を謳歌する楽しそうな姿を見せてくれる。

能力

近代英霊、しかも武勇にまつわる逸話もない人物のため、基礎ステータスは軒並みEランクとまったく補正がかからない。
ダメ押しにアサシンとしては“目立つことで潜入する”という手法に頼ったため、アサシンのクラススキル「気配遮断」を有していない
ただ彼女の素性を上回って伝説的な部分が独り歩きしている節もあるため、その具現である宝具“だけ”はA+という突出したランクを有している。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EEEEDA+


保有スキル

気配遮断(-)「諜報」スキルにより、気配遮断は失われている。
諜報(A++)このスキルは気配を遮断するのではなく、気配そのものを敵対者だと感じさせない。親しい隣人、無害な石ころ、最愛の人間などと勘違いさせる。A++ともなれば味方陣営からの告発のない限り、敵対していることに気付くのは不可能である。ただし直接的な攻撃に出た瞬間、このスキルは効果を失う。
フェロモン(B)フェロモンとは動物の体内から分泌・放出され、同様の他個体の行動や生理状態に影響を与える物質の総称。傾国の美女とまではいかずとも、男女の区別なく警戒心を溶かし、会話のアプローチさえ間違えなければ最深部の情報まで手に入れられるだろう。
ダブルクロス(B)詳細不明。意味は「裏切り・欺き」。「二重スパイ」という意味合いもある。


宝具

陽の眼を持つ女(マタ・ハリ)

センシティブな作品


  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1
  • 最大補足:100人
結び、開き、私という女に溺れて頂戴!

伝説の具現化、洗脳宝具。妖艶な舞踊により、思考回路を麻痺させ、操り人形にする。精神耐性スキルの無いサーヴァントも標的に該当する。詳しくは個別記事を参照。

ゲーム上での性能

☆1ランクだけあって、ステータス自体は低成長で止まるが、メインシナリオ第一章がライダー属性の竜種が多数出現するため、それなりに活躍できる。
同じ☆1の佐々木小次郎と比べてHPで若干勝るものの、攻撃性自体がかなり低い。なによりクラススキルを一切持たない異例のサーヴァントでもあり、下支えとなる強みをほとんど持たない。

スキルは、自身のクリティカルスター発生率を上げる「諜報(A++)」と、敵の男性全員を魅了し、さらに3ターン防御力を低下させる「フェロモン(B)」。特に「フェロモン(B)」は効果範囲が広く、防御低下効果については性別の判定が無いので、単純な弱体化スキルとして使う分には申し分ない。

宝具の効果は上述通り。
効果自体はシュヴァリエ・デオンとほぼ同じだが、デオンが弱体化の比重が大きい分、マタ・ハリは魅了に傾倒している。
この魅了は性別・種族に関係なく有効で、上手く決まればサーヴァントさえ陥落させてしまう猛毒と化す。
クラスのアサシンとも相性が良く、我がカルデアのドラゴンスレイヤーは小次郎ではなくマタ・ハリと豪語するプレイヤーも少なからず存在する。

また、「サーヴァント強化クエスト第4弾」にて、第3スキル「ダブルクロス(B)」が追加。効果は【敵単体に1ターンのスキル封印状態を付与&3ターンの防御力ダウン】で、無敵・回避といった厄介なスキルを封殺できる。防御力低下も「フェロモン(B)」や宝具と重複させれば、バカにならない効果を発揮する。

2021年8月2日に強化クエストが実装。
諜報が新スキル「バンセンヌに陽は落ちる」へと変化。
効果としては味方全体にスター発生率とクリティカルバフを付与というものだが、倍率はなんとスター発生率が100%、クリバフが50%と非常に強力。

元々スキル封印や防御デバフが優秀だっただけに、低レアのサポーターとしても一気に有用となった。

使い続けるにはが最大要項になるものの、敵陣を魅了や防御低下で撹乱しながら攻め落とす面白い戦術が採れる。敵の弱体耐性を下げる風魔小太郎等と組んでデバフの確実性を上げるのも有効である。

絆礼装は「この礼装を装備したマタ・ハリ(アサシン)が自分フィールドに存在する限り、味方全員のNP獲得量を15%増やす」というもの。
パーティに縛りこそ発生するが、このセットを前線に維持するだけで味方全員に「魔術鉱石」を装備した状態と同じ状態を付加できるという優れもの。ただ、彼女自身打たれ弱いうえに火力も低いのでそこのところはご愛敬。


2015年の期間限定イベント『ぐだぐだ本能寺』では、衆合地獄のボスとして登場。
ちなみに「公序良俗の境界」という、妙に意味深な名前をつけられていた。
「どうせ☆1だし~」と、なめてかかったマスターたちだったが、ここにきて彼女の宝具の威力のえげつなさを嫌というほど叩き込まれることになった

センシティブな作品


攻撃性が低いため即死級の攻撃こそ貰わないものの、敵アサシン特有のチャージの速さで宝具を連発、さらに魅了の効果で戦線を麻痺させられ、防御低下でじわじわと追い詰められ、と真綿で首を絞められるような攻めで大苦戦を強いられることに……。特に男性サーヴァントで打線を組んでいたマスターは、彼女の放つフェロモンによって戦力を骨抜きにされてしまい、ストレスがマッハだっとか。
トリビアだが、衆合地獄とは”色欲に溺れたものが堕ちる地獄”なので、適任だったといえる。

オール・ザ・ステイツメン!〜マンガで分かる合衆国開拓史〜』では「私にも……きっとどこかに、聖杯を使ってレベル100にしてくれるマスターがいるはず……」と期待を寄せていた。
もしレベル100にしたマスターがいるなら彼女は報われているかも…。

他作品

Fate/Requiem

カフェーの女給として登場。

関連人物

主人公
自分を召喚したカルデアのマスター。
娼婦やスパイといった経歴を持つ自分を、まっすぐ一人の人間として見てくれるため好意的に接している。
2016年のクリスマスイベントでは、あわよくばお酒の力で既成事実を作ろうかと冗談半分にぶっちゃけており、それなり以上の想いは持っているのかもしれない。実際、日常的にすり寄ってみたりと誘惑をしていながらも、いつも逃げられていると愚痴気味に零していた。

ブーディカ
女子力高い系サーヴァント仲間。
ともに母性おっぱい・悲壮な人生と、キャラクター的にもよく似ており、当人らも仲がいい。

エドワード・ティーチ
『超☆極大かぼちゃ村』にて言及。
酒場の女主人として登場したマタ・ハリから酒場への出禁を食らっている。
荒くれの多い酒場なので、女性に粉かけるくらいは許容範囲だと思われるが……。
黒髭氏、汝殿何をされ申した……?(汗)

モードレッド(水着)
2017年のバレンタインイベントにて「チョコスティックゲームが流行っている」と吹き込み、主人公と興じるように差し向けている。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate) 
魅惑の谷間 女スパイ 諜報員 美女 踊り子

関連記事

親記事

アサシン(Fate) あさしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マタ・ハリ(Fate)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マタ・ハリ(Fate)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8775277

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました