ピクシブ百科事典

聖杯転臨

せいはいてんりん

聖杯転臨とは『Fate/Grand Order』におけるシステムの一つ。
目次[非表示]

概要

本編ストーリー(各特異点)や一部の期間限定イベントをクリアした際に獲得できる聖杯(アートグラフ)を消費する事で、最終再臨時の最大レベルを超えてレベル限界を解放できるシステム。

マシュ・キリエライトを除く全てのサーヴァントに対して使用可能で、レアリティに関係なく最大100にすることができる。ただし、レアリティが低いサーヴァントの場合、レベル100にするまでにはより多くの聖杯が必要になる。
最大レベルが上がると、セイントグラフの枠の色が、その最大レベルを本来持つレアリティの色になる。そしてレアリティを示す星の中央に聖杯のマークがつく。
この聖杯はアンリマユだけ聖杯転臨すると例外的に黒色になる。

☆0~2のサーヴァントに聖杯を1個使うと最大値が70にまで上がり、☆3~4のサーヴァントに使うと1個辺り5上がる。
しかし90を超えて上げようとすると1個辺りの上昇値は2になり、効率が大きく落ちる。
さらに最大レベルが多いほど、実行に必要なQPも増大するため、レベル98から100に上げるためには1300万ものQPが必要になる。

効率的な戦力増強という面だけで言えば、目ぼしいスキル・宝具を持った☆3~4のサーヴァントをレベル90になるまで強化していくのが有効である。
だが、手間ひま掛かるがゆえに、レベル100まで強化する事は「マスターが持つサーヴァントへの愛情を示す一種のステータス」としても見られている。
そのため、まだ未実装な押しサーヴァントがいつ来ても良いようにと聖杯やQPを溜め込んでいる人もいる。

効果

最大レベルが上がるということは当然、HPとATKの最大値も増える。しかも聖杯転臨をしても編成コストはそのまま
そのかわりコストの低いサーヴァントとコストの高いサーヴァントが両方レベル100になった場合も、HPとATKは高レア英霊のほうが高くなる。

おおよその目安として、
☆3(上限70レベル)をレベル90まで上げた場合のHP・ATKは☆4のレベル80時の平均ステータスとほぼ同じ、
☆4(上限レベル80)のレベル100は☆5のレベル90時の平均ステータスとほぼ同じとなる。
つまり、本来のレベル上限から20底上げすると、一つ上のレアリティ並みのステータスになるという事である。
☆5のサーヴァントをレベル100に育てた場合はすさまじいステータスになる。

レベル100までの必要聖杯数

  • ☆0~2:10個
  • ☆3:9個
  • ☆4:7個
  • ☆5:5個


関連タグ

Fate/GrandOrder

pixivに投稿された作品 pixivで「聖杯転臨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 507576

コメント