2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

水着に着替えたことだし、張り切ってハワイを楽しむわよ、マスター。
霊基が変質したことによってクラスがバーサーカーになったけど、まあ些細なことよね。

プロフィール

真名ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕
クラスバーサーカー
性別女性
身長159cm
体重44kg
出典史実
地域フランス
属性混沌・夏・人
好きなもの漫画
嫌いなものイルカを操る聖女
設定担当東出祐一郎
ILLUST武内崇
CV坂本真綾


概要

2018年水着イベント『サーヴァント・サマー・フェスティバル!』に登場するジャンヌ・オルタの水着版。レアリティは☆4。

ジャンヌ・オルタの配布サーヴァント化自体は『FGO』実装初期から検討されていたもので、当時は第1部1章のオルレアンで登場したルーラー仕様の予定だった。
それがバーサーカーへと変更されたものの、ようやく念願叶って実現したといえる。

再臨素材は羽先が赤くなっている「漆黒の羽根ペン」。

容姿

全身の色合いは黒と赤で統一され中心となっているのは黒で赤は刺し色に近い。
水着の上からジャケット(?)を羽織っており水着の左胸部分とジャケットの左腕の部分には赤い炎の模様が入っている。
首には黒のチョーカーを付け右足には赤のハイソックスを着用。
腰と左太ももには鞘を固定するためのベルトを付け刀は左足に一本、腰に二本装着しており、足には黒のミュールを着用している。

人物

「アイツが水着になるのなら!私も当然、水着にならなければならないのよ!」

宿敵(だと本人は思っている)であるジャンヌに対抗すべく、水着に着替えた邪ンヌ。

夏の魔力は竜の魔女さえも追い詰める。
今回の任務先がハワイであると聞いて徹夜でガイドブックを付箋だらけにし、限られた日数で観光地をどう巡るかを考察。
お忍びでリゾート地に上陸するハリウッド女優よろしくのキメキメのコーディネートに身を包む。

最強のエージェントと化した一匹のはぐれ英霊。
彼女こそが漆黒の復讐の炎に焼かれるバーサーカーである。

……それで、クラスがアヴェンジャーからバーサーカーになったが本人的にはあまり変わりないらしい。
しかし普段なら誰しもを刺々しい態度で遠ざけている態度が幾分か軟化しており、協力するマスター達や興行相手にも気配りや労りの情を見せている等アヴェンジャー時よりも素直な言動が目立つようになった(たぶん本人に自覚はない)。

また若干(かなり)趣味傾向が強くなり、フランスの者でありながらドイツ語の単語を多用するようになっている。

マスターについては相変わらずで自分と一緒にいる事、ついてくることが当たり前だと考えている節がある。とはいえ夏騒動に関してはサークル活動に巻き込んでしまい、少しだけ後ろめたく思っているとの事。

能力

日本刀を3本装備しているが、使うのは2本までで1本は飾り。銘は「荒覇吐七十二閃」と「大黒毒竜万破(ブラックマンバ)」で、本人の弁から自作らしい。また紫黒の炎を操る。
ブラックマンバとは実在する超危険生物(毒蛇)であるが、日本刀である事から元ネタは『キル・ビル』のほうではないかとも推測されている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BDABDEX


保有スキル

狂化(EX)バーサーカーのクラス特性。「漫画?私が?何を馬鹿なことを言っているのかしら?脳に虫でも湧いたの?」→「全然ダメよ、こんなのではあの同人には勝てない……!」「描くのよ、全身全霊で……!」……漫画を書くことに狂っている。
シュヴァルツバルト・ファルケ(B)ドイツ語で「黒き森の鷹」を意味する言葉だが、特に深い意味はない。名付けた理由は本人曰く、「なんかカッコイイから」らしい。不思議パワー。というより中二病か?
失墜の魔女(A+)アヴェンジャー時の『竜の魔女』が変化したスキル。
ムール・ウ・テュ・ドワ(EX)正確には“Va où tu peux, meurs où tu dois”(ヴァ・ウ・テュ・プー、ムール・ウ・テュ・ドワ)。行くべき場所まで行って、死ぬべき場所で死ぬ……というフランス語のことわざ。何だかんだで、アヴェンジャーである彼女は死ぬべき場所を求めているのである。心地良い、穏やかな死ではなく。たとえどれほど烈しく、絶望的でも。それが納得のいくものであることを望み、彼女は日々戦い続ける。


宝具

焼却天理・鏖殺竜(フェルカーモルト・フォイアドラッヘ)

  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~5
  • 最大捕捉:50人




「刻むわよ、覚悟はいい?」
「焔は獣に、竜は我が手に。楔を破壊し、命の鎖を引きちぎれ!斬撃一殺!『焼却天理・鏖殺竜(フェルカーモルト・フォイアドラッヘ)』!!」

ジャンヌ・ダルクに対抗するために海と言えば山。水と言えば火という発想の元に生み出されたもの。かつての竜の魔女としての力で黒竜らしきものを召喚して、災厄を撒き散らす。ドイツ語である理由はもう言うまでもない。

詳細は該当記事を参照。

ゲーム上での性能

カード構成はBuster3枚のバーサーカーの典型。ただしBusterが3Hit、ArtsとQuickが4Hit、エクストラアタックが5Hitとそれぞれ多いためNPとスターは貯まる方である。

スキルは全て自己強化用。
『シュバルツバルト・ファルケ』は、3ターンの間NP獲得量をアップさせつつ「自身に毎ターン1ターン・1回の回避状態を付与する状態」を付与する。自分のターン終了後に回避が付与され、次のターン初撃のみ回避が適用される。ただし攻撃を受けなかった場合残っている回避を次のターンに持ち越すことはできないため注意。

『失墜の魔女』は、3ターンの間自身の攻撃力アップと「通常攻撃時にやけど状態を付加する」効果を持つ。
このやけど状態は500ダメージが3ターン続き、当然ながら重複有効である事からブレイブチェインを決めれば2000×3ターンのスリップダメージと、割と無視できないダメージを与えられる。
そのため、殿になると事実上毎ターンブレイブチェインが発動可能なのでスリップダメージの量もえらいことになるのだが、肝心の彼女自身は殿にはイマイチ向いていないのでややロマン。

『ムール・ウ・テュ・ドワ』は、「うたかたの夢」に似ており、1ターンBusterカード性能を引き上げNPを20増加させるが、HP1000ダウンという代償を払う必要がある。
レアリティランクが1下がった影響なのか、それとも似ているだけで本質が異なるのか、無敵効果は失われているので純粋なブーストスキルとなっている。

宝具性能は上記の通り。
シンプルゆえにバフを盛っただけ威力が素直に上がるうえ、バーサーカークラスでの単体攻撃なので大半のクラスに痛打を叩き込める。
火傷ダメージもOC.100%時点で3,000とかなり高めで、『失墜の魔女』での火傷の追加効果も重複する。アーチャー・インフェルノの宝具などによる延焼効果が合わされば、スリップダメージが加速して効果中はHPの多い敵でもじわじわと攻め続けることができる。

攻撃・回避・NP獲得といった基本要素が揃っているが、「シュバルツバルト・ファルケ」の都合上初撃しか防げないため連続攻撃に弱い。また回復能力やガッツ状態(戦闘不能から1度だけ復活)を持たないため粘りが効かず墜ちるときはあっさり撃墜されてしまうため、むしろ前衛向き。

総評すれば「バリバリの宝具アタッカー」。
アヴェンジャー時の「クリティカルの火力でガンガン攻める空母・戦艦スタイル」から一転し、紙一重で敵の攻撃を避けつつ削りを入れ、ここぞという時に一撃必中を叩きこむ戦闘機スタイルへと戦い方も変化した。
味方からのサポートで活躍のお膳立てが必須なのは変わらないが、基本的に素直な性能で使いやすいため、尽く敵を斬焼せしめるだろう。

関連人物

ジャンヌ・ダルク(弓)
自分のオリジナルが水着になった姿。サバフェスで彼女に勝つべく同人誌執筆に励む。
普段からそうではあるが、それに輪をかけてお姉さんぶることには辟易し口では相も変わらず容赦なく罵るものの、上記の通り本来のアヴェンジャー時よりは態度が軟化している。

藤丸立香マシュ・キリエライトロビンフッド牛若丸(殺)茨木童子(槍)
ハワイの異変を調査に来たカルデアメンバー一同。サバフェス参戦時には、特異点解決を兼ねて彼女の同人活動のアシスタントとなった(茨木のみ途中参加)。

黒髭刑部姫葛飾北斎
サバフェスのためにいろいろ世話になった面々。

メイヴ(剣)
サバフェス優勝候補。
反則スレスレな手段も辞さずあの手この手で必ずトップをかっさらっていく、オルタにとってサバフェスのラスボス的存在と化している。

ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ
一応の妹的存在。上記の通り軟化しているからか日差しの悪さが身体に悪いということに気を遣ったり、先導する様な言動を取ったりと心なしか普段より姉らしくなっている。

余談

センシティブな作品



実装が発表された大いに沸き立った一方イベントの元凶がフォーリナーと判明した途端「何の嫌がらせだコレは」「クラスを変えてバーサーカーで殴ればいいとは流石はオルタちゃん」「ポンコツ具合が悪化してませんかねぇ……」といろんな反応が返ってくることになった。

芸術センスについてだが『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』で概念礼装「モナ・リザ」を粗っぽくもほぼ完コピしていたことからわかる通り、かなりの画力とセンスを持っている。
かつてオルタちゃんの記事に「黒髭氏に会わせてはいけない……」と言及があったがまさかの公式となってしまった。
サバフェスの設定のおかげで以降は公式・二次創作問わずに漫画好きだったり、この子みたく夏と冬は本を仕上げるために奮闘しているということが多い。

なお戦闘モーションや宝具演出に某霊能力バトル漫画の影響が見受けられる。因みにオルタは通常ver.時「読み書きが出来るように勉強した」と言っていたが、そのための資料が漫画だった様子。

オリジナルとなったジャンヌの史実での脳筋的な側面からバーサーカークラスでの現界を予想するマスターは結構いたが、今回オルタの水着バージョンという形で実現した。しかし蓋を開けてみればそこまで狂化してるというわけでもなかった。
どちらかというとの方がよっぽど狂化している。

ぐだぐだイベント第4弾の裏ステージ『オールオルタ総進撃 ぐだぐだまじん戦線2019』では本家邪ンヌを差し置いてこちらがまさかの参戦を果たしている。
黒川城に登場する事から恐らく伊達政宗役と思われ、彼の「独眼竜」という別名にちょっと憧れている一方、どうも締切直前で召喚されてしまったらしく非常に焦っていた。
実際『ぐだぐだファイナル本能寺』の後に『サバフェス』復刻ライト版の開催が決定したのだが、あろうことか開催期間が微妙に被ってしまった。

2021年1月実装の期間限定イベント『いざ鎌倉にさよならを』では、事件の首謀者によって「打ち出の小槌」を使われた結果―――

センシティブな作品センシティブな作品



リリィが小槌で成長して水着オルタになり、オルタが小槌で退行してリリィと化してしまう。
ややこしいが入れ替わりではなくあくまでリリィが大人化状態である。なお水着霊基なのは、がキツかったからとか。
あのグンバツセクシーボディーで無邪気に走り寄って抱きつきに来たため、多くのマスターが困惑しつつも色んな意味で役得状態だった。
ちなみに元に戻すとオルタの方は鎧のサイズに問題は無かったとの事……となると、リリィが大人化するとオルタ以上のダイナマイトとなるか、もしく小槌の加減で普段のオルタより歳上にされたのか?疑問は尽きn(ここから先のページが真っ黒に燃え落ちている)

関連イラスト

実装以前に投稿されたものにもタグ付けされている。

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

Fate/GrandOrder バーサーカー(Fate)
黒ビキニ 中二病 コスプレイヤー 同人作家 三刀流

関連記事

親記事

ジャンヌ・オルタ じゃんぬおるた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39063622

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました