ピクシブ百科事典

牛若丸(水着)

うしわかまる

2018年水着イベントに登場する牛若丸
目次[非表示]

プロフィール

真名牛若丸
クラスアサシン
性別女性
身長168cm
体重55kg
出典義経記」「平家物語
地域日本
属性中立・
好きなもの悪戯
嫌いなもの
Ilust坂本みねぢ
CV早見沙織


概要

Fate/GrandOrder』2018年の水着イベント「サーヴァント・サマー・フェスティバル!」にて、アサシンにクラスチェンジした牛若丸。レアリティは☆4。
元々のライダー版よりも背が高いように見えるが、そちらはイラストの方が設定よりも身長が低く見えたため、今回の方が設定に則した身長のイラストになっている。
なお属性の関係で第七特異点での特殊バフを持つボスに最も有利なサーヴァントである。

ちなみに水着姿なのはスカサハに霊基をいじってもらったらしい。
また、なぜアサシンクラスなのかと質問すると、
「寝ているお師さまから木刀で一本取るため、森の動物たちを練習台にしてひたすら隠形の修行をした事がありますので、それで」
「うそ、それだけでアサシンに?」
「はあ。だって天才ですから」
とのこと。

人物

霊基変化の影響か、肉体はそのままに『山野を駆け回り遊ぶことこそ修行』という教育方針だった鞍馬山での修業時代に精神状態が遡ったことで、『不心得者がいればバチを食らわせる天狗』に生態が近くなっている。そのため、思考が普段よりも人外寄り。ちなみに根っからの悪人は「悪即斬」らしい。
また野生児だったころの精神状態なので、動物に対して仲間意識が強くなっている。

遊ぶ=修行ということでライダーの時より幾分脳筋寄りでテンションがカットんでいるが、主君のためなら敵対者に容赦のない首狩り族なのは相変わらず。
ただ、この霊基では忠義より遊ぶことを優先しているところがあり、その様は忠犬というより完全に遊び盛りな子犬である。
なのでマスターに対する態度も部下や相棒というより、「娘」に近いものがある。

第三再臨では天狗の面をちびアサちゃん風に髪にあしらっており、以前から一部でテングハサンとか呼ばれていたのがクラスチェンジによって実現してしまった。まさに鞍馬山の翁

兼ねてより意外な高身長が取り沙汰されていたが、本イベントにて体育会系の健康美スタイルであることが明言される。
しっかりとした体幹に軽くゴツめの肩・ウエストなど、肌の下に絶妙な筋肉が伺えるのが眩しい。
同じ坂本みねぢデザイン・同じ早見沙織ボイス・同じ方向性の肉付きに兼ねてより変人同士で括られていた性格など、イベントでも言及されている通り、マルタとは色んな面で似た者同士である。

能力

メイン武器は天狗の団扇で、風を自在に操り、時に竜巻を巻き起こして攻撃を行う。
通常時に使用する愛刀「薄緑」も携帯しており、超加速で敵を翻弄・撹乱する。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DCA++BAB


保有スキル

動物会話(D)言葉を持たない動物との意思疎通が可能。お山を駆け回っていたときの若い感性によるものなので、山を下りてから(ライダー時)は失われている。ちゃんとした動物語を喋っているわけではなく、あくまでフィーリング。普段、たまにタヌキっぽい言葉を漏らすのは昔の修行時代の名残なのかもしれない。
天狗の遊法(夏)(EX)詳細不明。
鞍馬の申し子(A+)鞍馬の山に存在する『何か』から与えられる加護。牛若丸は「御山の天狗からの加護」であると信じている模様だが、詳細は不明。
気配遮断(C-)自身の気配を消す能力。攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
単独行動(A+)マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。マスターを失っても一週間以上は現界可能。
騎乗(A+)乗り物を乗りこなせる能力。古今東西を問わず幻獣を含めた大方の騎乗物を乗りこなすことができる。


宝具

天狗ノ羽団扇・暴風(てんぐのはうちわ・あからしまかぜ)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~30
  • 最大捕捉:300人

鞍馬山で開発した数々のお遊び技の奥義、
遮那王遊戯譚の一。
修行時代に遮那王が行っていた遊びの記憶の再現であり、遮那王流離譚のように他にもいくつか技がある。
これは師匠が持っていた羽団扇をコッソリ使っていた遊びの再現。
効果は勿論のこと暴風(あからしまかぜ)を巻き起こすのがメインだが、他にも天狗の羽団扇は分身、飛行、縮地法、火焔操作、魔の調伏……と多岐にわたる能力を持っているとされる。

関連人物

弁慶
珍しく別行動をしており、サバフェスの運営スタッフとして見本誌の献本を行っていた。
また、主君が子供サーヴァント達と修行という名の全力遊びに興じていた際には、遠方から感慨深く見守っていた。

メルトリリス
中の人繋がり。
新刊を見に来た際、牛若丸が「腹を出すな!前を隠せ!」と叱りつけるのだが、水着どころか普段の衣装も相まって説得力皆無である。

メイヴ
犬猿の仲。
女性としての美を追求するメイヴに対して、健康美を極めた牛若丸は対極の存在だとされている。
また、自らを「絶対の女王」と定義しながら理想の実現と維持に余念がないメイヴ、第一の忠臣となるため邁進するが実態はあらゆる障害を天賦の才で悠々と突破する牛若丸、と同じライダークラス出身でありながら存在の仕方自体が対照的といえる。

新宿のアヴェンジャー
スキル「動物会話」を得たことでコミュニケーションを試みるも無視された。最も、スキルランクが低いためにやっていることは具体的な会話ではなくフィーリングらしい。

関連タグ

Fate/GrandOrder 牛若丸(Fate)
暴れん坊天狗 (天狗つながりからか、スキル使用時に本作の通称の『エキサイテング』と言っているように聞こえる)

pixivに投稿された作品 pixivで「牛若丸(水着)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 768292

コメント