ピクシブ百科事典

鬼一法眼(Fate)

きいちほうげん

鬼一法眼とは、『Fate/Grand Order』に登場するアサシンのサーヴァント。
目次[非表示]

『天晴れ、天晴れ!』
『人の身でよう鍛え抜いたものぞ、遮那王』
『だがな、僕の六韜三略を盗み見たことは許さぬ』

プロフィール

真名鬼一法眼
クラスアサシン
性別---(現在の肉体は女性)
身長171cm
体重57㎏
出典『義経記』、御伽草子、鞍馬天狗伝説など
地域日本
属性混沌・中庸・地
好きなもの特にない (可憐な乙女?)
嫌いなもの特にない
設定担当不明
ILLUST大森葵
CV加隈亜衣


概要

Fate/Grand Order』に登場するアサシンサーヴァント
期間限定イベント「いざ鎌倉にさよならを ~Little Big Tengu~」にて登場。同イベント内のメインシナリオを進める事で期間限定加入し、メインシナリオを完全クリアすることで正式に加入する。

真名

京の一条堀川に住んだ陰陽師にして兵法家。
古流剣術である京八流の開祖とも云われる。
中華より伝わった兵法書『六韜』『三略』を管理しており、弟子の源義経はその書を娘を誑かして盗み見た…という伝説は有名である。

また一説では、その正体は鞍馬山に住まう大天狗烏天狗であると謂われており、攻撃モーションでも烏らしき黒い鳥を飛ばしたり鳥に変化して攻撃し、音を聞くと烏の鳴き声のようなものも聞こえる

人物

白や黒の羽飾りを備えた、紅色の甲冑に身を包む白髪ロングの女性。
一人称は。常に飾らない自然体で、細かなことは然程気にせず笑い飛ばす豪放磊落な性格。

面倒見や包容力があり、協調性や人間味がある、頼もしい言動の好人物。…なのだが、どこか達観した価値観など、悪気のないままに人間とはかけ離れた感性も有しており、長時間共に居れば「根本的にズレている」ことが分かる模様。

これは人間社会と殆ど関わりを持たなかった事も影響しているらしく、一世一代の賢者にもかからわず浮世離れのあまり、間の抜けた言動を稀に見せることもある。
特に泰然と構え過ぎてうっかり言質を取られ、体裁を取り繕おうと相手の意に沿う方へ向けられてしまうなど、自身の失態に付け入られると弱いところがある。

この様に、その本質は神格化された人間やサーヴァントなどには収まらない強力な存在らしく、加えて漂白された地球をどこからか眺めるなど、色々と底が知れない。
肉体についても体格・性別共に自由自在という、ヴリトラ同様のまつろわぬ魔である事が伺え、一番多く取る姿は現在のものだが、一番威厳がある姿とは別らしい。

能力

大妖「鞍馬天狗」としての神出鬼没さからか、はたまた馬鹿弟子に灸を据えるためか、今回の現界ではアサシンとして召喚された。
本来は兵法家にして陰陽師であるためキャスター、西の剣術流派の開祖とされる剣豪故にセイバー、その剣術から高弟が静形薙刀を生み出し自身も得意とするためランサー、など複数のサーヴァント適性を備えている。

なお本来であれば神性スキルも持ち合わせているが、今回は持ち込まずに伝説に謳われる一介の法師として現界している模様。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DCA+EXBA+


アサシンの霊基のせいか、怪力とされる天狗にあって肉体面の補正は薄い。
しかしアサシン補正も加味してか、敏捷は驚異のA+判定。
何より陰陽師鬼一法眼としての伝承補正に、験力無尽の天狗の特性もあってか、魔力はアサシン霊基にも関わらず計測不能のEXという規格外。

保有スキル

気配遮断(C)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。本人の性格故かランクはCと高くないが、自前の絶技と併用する事で高い隠密性を発揮できる。
対魔力(EX)魔力に対する抵抗力。規格外のEXランクならば、『魔術』に分類される物で害することは不可能と言える。ただし効果は当人にしか及ばないため、広範囲の大魔術となると味方の被害は防げない。
陣地作成(B+)陰陽師という出自から得たキャスターのクラススキル。魔術師として自らに有利な陣地を作り上げる。
天下万世の剣(A+)法眼は伝説の古流剣術“京八流”の開祖であると伝えられ、それは西国における剣術の源流とされる八つの流派であり、鬼一が八人の高弟に伝えた戦闘術であったという。
陰陽道(法) (C)平安時代末期の京で権勢をふるった法師陰陽師という謂れに由来するスキル。
六韜兵法(EX) 天下に秘蔵されたる兵法の窮極。『三略』と並ぶ伝説の兵法書であり、中国では武経七書の一つとされる。法眼はこの書物の保管者であり、守護者である。


宝具

六韜三略・魔王尊大羽扇(りくとうさんりゃく・まおうそんだいうせん)

1/20


  • ランク:A
  • 種別:対城宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:500人

天鼓、音有り。雷の如きも雷に非ず 天狗、状大流星の如し
無道心ゆえ往生ならず 我らが立つは魔界なれば── いざ

羽扇とは、鷹や鷲などの羽で作られたを指す。
軍勢を指揮するために用いられた道具だが、一方で、仙人や天狗が使用する神秘の宝具―――膨大な神通力を秘めた道具として伝説や図画に登場する。

いわゆる「天狗のうちわ」である。
アサシン鬼一法眼が宝具として用いるのも、この羽扇(羽団扇)。

破壊力は絶大の一語。
陰陽師にして兵法者としての鬼一法眼ではなく、鞍馬天狗こと大天狗・鞍馬山僧正坊としての性質が強く顕れた宝具であり、真名解放と共に放たれる風はもはや嵐、山を割り大地を揺るがせる天変地異の領域である。

真名開放後、天狗の面を被り験力で空へと舞い上がり、4騎に分身。
それぞれ四方から羽団扇を仰ぎ、烈風・驟雨・雷轟・獄炎を次々と繰り出し、敵陣を無慈悲に蹂躙する。

ゲームでの性能

肉体こそ女性だが、黒ひげの「紳士的な愛」以外の性別判定に引っかからない、性別不詳のグループに属している。
カード配分は《Quick:2/Arts:1/Buster:2》のランサー型だが、Artsカード性能は「陣地作成」の恩恵で高く4hitするお陰でNP獲得量も高い。一方でQuick性能自体は3hitするが凡庸で、NPとスターの獲得量もそこまでではない。
「対魔力(EX)」の恩恵で弱体耐性が高く、易々とデバフやバステに引っかからない点は強い。

Q性能アップ(3T)&回避付与(3T/2回)の「天下万世の剣(A+)」、NP獲得(10~20%)&スター集中率アップ(1T)の「陰陽道(法)(A)」、味方全体の攻撃力アップ(1T)&NP獲得量アップ(3T)の「六韜兵法(EX)」と、スキルは強化型で固まっている。
ただ微妙にどれも突き抜けた性能は持っておらず、無遠慮に使うと戦略的に手詰まりを起こすことも考えられる。特に「陰陽道(法)」によるスター集中は倍率が固定でそこそこの効果しかないため、スターが潤沢にある状態でNPを早急に補給させたい味方に掛けてやるのがベストか。
いっそ自身が宝具を切るタイミングで全部載せする、という方向の方が使いやすいかもしれない。

宝具は【Quick性能アップ(1T)〔オーバーチャージで効果アップ〕&敵全体に強力な攻撃&敵全体の防御強化状態を解除】の効果。
事前に威力が強化されるうえに7hitするため、バフの盛り方次第ではかなりのスター発生とNPのリチャージが見込める。
解除効果はメディアの「破戒すべき全ての符」等と同様に、攻撃判定後に入るため、無敵・回避そのものを突き破ることはできないもの、敵陣営に掛かった防御強化状態を根こそぎひっぺ替えせるので、宝具チェインを利用して別の味方がまとめて薙ぎ払うといった戦術が組める。

総合すると宝具運用を前提としたサブアタッカー
「陰陽道(法)」と「六韜兵法」によるNP獲得と宝具の多段ヒットを利用することで、スカスカシステムに適合することも可能で、この場合はメインアタッカーとして猛威を振るう。
概念礼装に宝具威力アップを持つ初期NP獲得系の礼装を付けることで、威力面に加えて宝具発動のタイミングを早めることが出来る。

戦わせ方に創意工夫が求められるが、コツと運用目的を掴めば希代の剣士にして賢者として存分に力を振るってくれるだろう。


関連人物

牛若丸
不肖にして優秀なバカ弟子。
自分の教えを終ぞ聴き入れなかった為に弟子失格の烙印を押しているが、お互いやらかし体質で遠慮とも遠い性格故か、仲自体はけっこう良好。
生まれついて牛若丸に纏わり憑く「怨」の業から解放できなかったことは悔いており、今回の現界に際してマスター共々に真っ当に導いてみせると誓っている。

スカサハ
師匠属性かつスパルタ気質な体育会系賢者という似た者同士。
世界からズレた領域に住む不老の存在で、が武勇と忠義の末に非業の死を遂げてしまった等、経歴まで酷似している。
邂逅してすぐ矛を交えて意気投合しており、性格的な相性もいい模様。
なおスカサハはアサシンの霊基を持ち、鬼一も自身最優の霊基はランサーであり、さらに両者ともキャスターの適性も持つなど、能力面まで非常に似通っている。

蘆屋道満
同じ陰陽師として面識があったらしく、優等生だった当時から激変した今の有り様に爆笑している。
一方で晴明とは違い、"歴とした道満の一部"として受け入れてはいる。

マーリン
人理に対する大規模攻撃から生き延び、観覧できるという意味で同じ立場。本人同士も旧知の間柄らしいが、具体的な内容を口にしようとしたら止められた。

アーサー・ペンドラゴン
彼が稀人であることを一目で気づいた。

藤丸立香
マスター。当初は牛若丸の当てつけとして新しい弟子とみていたが最終的にはかなり気に入ったようで養子、もしくは嫁(男の場合でも)にすると言い出す。

幸寿前
愛娘。牛若丸に子どもらしさを取り戻させるための遊び相手として側に置いたが、鬼一自身のズレた感性に起因する親娘間の齟齬もあって、逆に牛若丸に感化されてしまう。結果として牛若丸に誑かされて鬼一に無断で六韜三略を持ち出し、取り返しのつかない結果を招いた。なお、のちの世には皆鶴姫としても知られる(諸説アリ)。

余談

霊基再臨素材は宝具使用時に付ける天狗のお面である。
実装以前に地獄界曼荼羅にもセリフと名前のみ登場しており、大晦日特番でシルエットが公開された。


関連イラスト

鬼一法眼
鬼一法眼


鬼一法眼
鬼一法眼



関連タグ

Fateシリーズ Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate) ボクっ娘 天狗

鱗滝左近次:天狗系の師匠キャラクター繋がり。ちなみに加隈女史は彼の弟子の役で出演している。

関連記事

親記事

アサシン(Fate) あさしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼一法眼(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2059306

コメント