ピクシブ百科事典

スパルタ

すぱるた

ペロポネソス半島南部にあったドーリス人の都市国家。Σπάρτη。
目次[非表示]

はじめに

極端にストイック軍事国家として有名。
正式名かつ自称はラケダイモンだが、スパルタの名で有名である。
紀元前600年ころはギリシャ世界を暴れまくったが、結局紀元前146年に都市国家ローマに属州として組み込まれてしまう。

外道に見えてしょうがない




スパルタではこれが日常生活・・・。(レオニダス王時代)

読み方一覧

  • 正式:ラケダイモン
  • 日本語:スパルタ
  • 英語: Sparta
  • ドーリス語: Σπάρτα / Spártā スパルター
  • アッティカ方言:Σπάρτη / Spartē スパルテー
  • 現代ギリシャ語:Σπάρτη / Sparti スパルティー
  • ギリシャ語:Λακεδαίμων / Lakedaimōn ラケダイモーン

『スパルタ』の表記由来
アッティカ方言では『ラケダイモン』のことを『スパルテー』といい、それをギリシャ人が『スパルタ』という表記で『ラケダイモン』を指すようになったため。

概要

ペロポネソス同盟の盟主となりアテナイテーバイなどと覇権を争った。他のギリシャ諸都市とは異なる国家制度を有しておりとくに軍事的教育制度は「スパルタ教育」として知られる。
初期
紀元前10世紀ころに祖先がギリシア北方からペロポネソス半島に侵入し、ミュケナイ時代の先住民アカイア人を征服しヘイロタイ奴隷)にした
この段階において「スパルタ市民(みんながよく知るスパルタ人、ラケダイモン人)」「ペリオイコイ(市民ではないけど、脳禁に代わって経済を回す庇護民および従者たちで構成された民)」「ヘイロータイ(農奴身分の被征服民。成人の儀式のたびにスパルタの子供たちに村を襲撃されるかわいそうな身分)」に分けられる。
この3階層を完全に分離し、徹底させる完全な身分制度・差別主義がスパルタという国家の根幹にある。その中で、スパルタを実質動かしているのはスパルタ市民。すなわちラケダイモン人と他のギリシア人たちから呼ばれた人物たちであった。
スパルタに関する記録は、スパルタ本国には無く、書物なども発見されていないことから……ほぼすべてがアテナイを筆頭とする他のギリシア人たちによる記録のみを根拠にされた存在である。
(書物はおろか、国家すら更地になったため、何も残っていない。唯一“生き様”だけが伝えられていると言ってよいギリシアの民族であり、古代社会だかこそ成立した国家だったのかもしれない。)

最盛期

こうしてペロポネソス半島をほぼ蹂躙したスパルタは、紀元前600年ごろにペロポネソス同盟というスパルタを主として、その参加国をスパルタの属国とする軍事同盟を作る。

紀元前481年、時のアケメネス朝ペルシア国王クセルクセス1世は自らギリシャ遠征軍の指揮を執り、ギリシャ全土を征服せんと出陣した。そして紀元前480年8月、スパルタ王レオニダス1世率いるスパルタ市民の重装歩兵300人が、テルモピュレーにおいて(5万とも100万とも言われる)ペルシアの大軍の眼前に立ちふさがり、1週間にわたってペルシア軍と交戦した。スパルタ軍はレオニダス1世を含む全員が戦死したが、ペルシアもクセルクセス1世の弟2人を含む2万の戦死者を出した。

さらに紀元前479年のプラタイアの戦いにおいては、スパルタは王パウサニアスが率いる1万人(スパルタ市民で兵役の義務がある20歳~60歳の市民をほぼ総動員)の重装歩兵を動員し、アテネやコリントスなどの連合軍と共に戦った。この時にスパルタ軍はペルシア軍の突撃を受け止めた後、一気に反撃に転じてペルシア軍を蹂躙し、将軍マルドニオスを討ち取るなどの大戦果を上げ、その武名はギリシャ全土のみならずペルシアにまでとどろいた。

ここがスパルタの最盛期とされている。というのも、ペルシャ戦争後はさしたる戦争も起こらなかったからである。紀元前400年代には、ペルシア戦争後の好景気と戦前戦中と続けてきた経済政策を担保にして、アテネも経済同盟デロス同盟を組織した。対ペルシャ用に建造したアテネ軍船を輸送船にして商売を開始。また港街であったピレウス港とアテナイ都市を城壁で結ぶことでアテネの経済を活性化。ギリシア世界(コスモポリタン)経済圏を形成することに成功。これがアテネが200隻の船を使ってギリシア世界中にネットワークを構成して作り上げたデロス同盟であった。スパルタとペロポネソス同盟には再戦準備行為に映ったために、会議の結果デロス同盟に戦いを挑んだ(ペロポネソス戦争)。

陸軍国家のスパルタと、海軍国家のアテネの戦いはなかなか決着はつかなかった。
アテネは(古代ギリシャには珍しく)市街地を城壁で囲んだ城塞都市であり、スパルタ軍は会戦では無敵であったが攻城戦は大の苦手だったため、開戦当時のアテネの指導者ペリクレスは「陸では篭城戦に徹しつつ、海軍を出動させて海からスパルタ領を攻撃する」作戦で戦おうとした。

これに対しスパルタ軍は毎年夏にアテネ本土のアッティカへ進軍し、そこで農地を荒らし作物を略奪することでアテネ市民を挑発し会戦を挑もうとしたが、効果は無かった。
アテネの城壁はアテネ市街地だけでなく、アテネの港であるピレウス港とアテネ市街地を結ぶ道路をも守っていたため、「ピレウス港とアテネ市街地を結ぶ道路を守る城壁を攻略される」か「制海権を奪われる」かのどちらかの事態が起こらない限り兵糧攻めは不可能であった。さらに元々貿易国家であったアテネは主食の小麦を輸入に頼っていたため、上記の略奪も嫌がらせ以上の効果は見込めなかったのである。

アテネは開戦2年目の紀元前429年に疫病が蔓延して多くの死者を出した上、同年にペリクレスが死去して以後は有能かつリーダーシップに富んだ指導者に恵まれず、戦争終結の糸口を見出せなくなっていった。
また攻城戦も苦手なら自前の海軍も無い(ペロポネソス同盟加盟国の中では最大の海軍を擁するコリントスですら、当時のアテネ海軍に比べれば量と質の両面で劣っていた)スパルタも、毎年夏にアッティカへの略奪行を恒例行事として行う以外にアテネ攻略の糸口を見出せなかったため、戦争は長期化した。

紀元前415年にアテネがシチリア島のシラクサ(シュラクサイ)へ大軍を動員した遠征を行った際、スパルタはシラクサの要請に応じて援軍を派遣し、シラクサ軍と共同で紀元前413年にはアテネ遠征軍を増援部隊共々壊滅させる。
しかし、シラクサに派遣されたスパルタ軍の総大将ギュリッポス(ギリッポス)はスパルタ市民の父と奴隷身分の母との間に産まれた人物であり、その部下たちも今回の援軍派遣に際して特別に武装を許可された奴隷たちであった。
スパルタ市民からなる重装歩兵の国外派遣を惜しんだスパルタ政府の決定に基づいたものであったが、これがスパルタの身分制に亀裂を生じさせる一因となる(古代ギリシャにおいては、兵役義務は参政権と表裏一体である)

シチリアにおけるアテネの大敗の後、デロス同盟加盟国に動揺が走ったため、主戦場はアテネの領域であったエーゲ海(沿岸の町や島の多くがデロス同盟加盟国)に移ってゆく。スパルタはアテネを最終的に屈服させるには海軍が不可欠であると考え、海軍の建設に乗り出すが、この時スパルタは中立をとっていたペルシャと通じて、戦費を捻出してもらうなどの借りを作ってしまう。

この海軍を率いたのは奴隷出身のリュサンドロスであり、ペルシアの王族小キュロスからの莫大な資金援助を元に、艦長や漕ぎ手などの熟練技術者を敵国のアテネから金で引き抜いて海軍を編成した。紀元前405年のアイゴスポタモイの海戦では、リュサンドロス率いるスパルタ海軍の擬態敗走をみて油断したアテネ海軍の将兵が内陸へ食料調達に赴いた隙を突いて、一気に反転攻勢をかけ、アテネ海軍を完全に壊滅させる大勝利を収めた。海軍を壊滅させられデロス同盟も解体されたアテネは制海権を失い、海上の食糧補給路を断たれて兵糧攻めに陥り、翌・紀元前404年にペロポネソス同盟に対して無条件降伏した。
それまで優勢を誇ったアテネは凋落し、代わってスパルタがギリシア世界の覇権を握り支配者として君臨した。しかし、この覇権はあくまで「軍事」においてでおり、アテネが本当に握っていた「政治」や「経済」といった覇権は引き継がれなかったために、ギリシア世界全体を巻き込んだ迷走がはじまる。

衰退

スパルタがアテナイに勝利した際に、まず行ったのは「アテネの軍縮」であった。(他のポリス「!? デロス同盟が儲けてた金の分配は????」)
輸送船に使っていたアテネ軍船を200隻から12隻にまで減らされ、ピレウス港とアテナイとを繋ぐ城壁はスパルタに対する軍事的挑発だとして破壊された。
これにより、アテナイ……ひいてはギリシア世界の経済は完全に破綻した。さらに、この経済を成立させる民主制もスパルタが送り込んだ傀儡政権「30人議会」によって完膚なきまでに破壊される。当然アテナイから学者・政治家・資産家・商人などが亡命をはじめた。残った著名人たちはソクラテスなどを筆頭に次々に粛清されていった。
アテナイはもちろん、経済の中心を失ったギリシア世界に恐慌の風が吹き荒れ、唯一“元々質素だった”スパルタだけ無傷というひどい有様であった。
そのため、他の諸ポリスの市民はギリシア世界で職を失ったためにペルシャへ傭兵として出稼ぎに出かけることとなる。ペルシャから見たギリシア人とは「レオニダス王」などのイメージから「最強の軍人」としてのブランドもあって「傭兵」として働くこととなった。(後のアレクサンドロス大王のペルシア遠征においても、ペルシア軍には多数のギリシア人傭兵が参加していた)
これで職が手に入ればよかったものの、ペルシャ王アルタクセルクセス二世の弟小キュロスの元へ、スパルタ主導で集められたギリシア市民たちは「小キュロスの反乱」に利用されてしまう。
ギリシア軍(だいたいスパルタ兵)は、ペルシャ王アルタクセルクセス二世の正規軍に無双し勝利目前になったものの、雇い主の小キュロスが敗走する兄を自ら討ち取ろうとして突出し、兄の部下たちに返り討ちにされ死亡。
敵国のまっただ中でギリシア兵たちは孤立してしまい、そこから本国へと総撤退しなければならなくなった。(クセノポンの「アナバシス」参照)

なんとかギリシア世界に帰還を果たしたものの……当てにしてた金も雇い主が死んだためもらえず、新しいペルシャ王の親衛隊員というVIP待遇も逃し、職が辛うじて残っていたペルシャからも不信を買ったという現実が待ち受けていた。
紀元前300年代初頭にはスパルタの支配に反発したギリシア諸都市がペルシアの援助の下に対抗したが、その軍事的優越性が揺らぐことはなかった(コリントス戦争)。
ところが、全ポリスに反感を買った状態でペルシャ王アルタクセルクセス二世もスパルタに対して宣戦布告。
板挟みになって、金も信用も持たないスパルタはついにやってはいけないことをやらかしてしまう。
それが「大王の和平」と言われる「アンタルキダスの和約」である。
歴史上は平和条約として描かれているが、その内容を端的に言うならば……

「ギリシャ本土におけるスパルタの覇権を守るために、イオニア地方をペルシアに売っ払う約束」

である。これ以後、困ったら土地を差し押さえたりするスパルタについにキレたのがテーバイだった。テーバイと言えばレオニダス王の「テルモピュライの戦い」や先の「ペロポネソス戦争」などでスパルタ側だったポリスである。覇権を握りきれず、権威を振りかざしながら筋肉だけで威張り散らすスパルタに対して……ついに、腹心ともいえるポリスが離反したのだ。(スパルタが覇権握ってから、ここまで10年経ってません。)
また、スパルタ国内に目をやれば奴隷身分出身の兵士たちや傭兵たちが本来のスパルタ兵たちの世界に首をつっこむようになり……スパルタの身分制度・差別主義政策が徐々に崩れていった。
指導的役割を担ったテーバイがギリシア世界の新たな覇権を狙いボイオティア同盟を組織し、これを打ち挫こうとしたスパルタだったが、紀元前371年に「レウクトラの戦い」でエパミノンダス率いるテーバイ軍のの前に、出陣した王クレオンブロートスも戦死する大敗を喫して覇権を失った。(脳筋に政治や経済なんてムリでした……)
その後しばらくは、テーバイの覇権に対抗してアテナイと協力することになる。
紀元前300年代前半になると、国王フィリッポス二世率いる「マケドニア王国」がアテナイやテーバイへの侵略を開始し、アテナイやテーバイはスパルタに協力を申し出るが、スパルタはこれを拒否。
結果、紀元前338年のカイロネイアの戦いでアテナイやテーバイはマケドニア軍に大敗し、マケドニア王国が組織したコリントス同盟の版図に組み込まれた。

紀元前334年にアレクサンドロス大王がペルシアへの東征に出発すると、スパルタはペルシアからの資金援助を受けてマケドニアとの戦闘準備を進めた。何しろ当時のスパルタ人は多くがペルシアに傭兵として出稼ぎに出ており、「イッソスの戦い」や「ガウガメラの戦い」においてもスパルタ人傭兵はダレイオス3世率いるペルシア軍の一角を占めていたのである。
そして紀元前331年にスパルタは、イッソスから逃げ帰った傭兵を含めて2万2千の軍勢を集め、(主力はペルシアに遠征中で不在の)マケドニア軍4万を相手に戦うが、時の国王アギス3世を含めて5千人以上の戦死者を出す大敗を喫してしまう・・・(メガロポリスの戦い)。

マケドニアに敗北後、いろいろスパルタも改革を行ったが、結局マケドニア王国→新覇権国のローマ共和国と多々抗戦するもスパルタはことごとく敗北、国家集団の体を失う・・・。というかこのじだいのローマ共和国と軍、冷酷非常の超大国皆殺しだから、怖すぎる本当、人間じゃない。

そして、紀元前146年にアカイア同盟をコリントスの戦いで破ったのを機に、ローマはスパルタを含むギリシア全土をローマの属州に組み込み属州アカエアとなる、これにより国家としてのスパルタの息の根は止まる(ただしアテナイと共に過去の功績から一定の自治権を認められた)。

社会生活 リュクルゴス 

スパルタ市民はリュクルゴス(Lykurgos)といわれる、軍団に基いた社会生活を営んだ。
スパルタ市民(5万人)は基本みな『軍人』であり、家族構成や、社会基盤がすべて軍団の構成員を基準に設置されている。 

などがある

奴隷の過酷な扱い

スパルタはギリシャ諸都市の中でも群を抜いて『侵略的』だったので、当時のギリシャ世界においてはかなりの『領土』を持つ国家集団であった。そして征服した住民への支配も苛烈を極めた。

まず奪った土地はスパルタ市民(約5万人)に均等配分され約15万人とも25万人ともいわれるヘイロタイは奴隷の身分から解放されることも移動することも許されず土地を耕してスパルタ人に死ぬまで貢納させられた。

そして、ヘイロタイに反乱の兆しが見られると、クリュプキアと呼ばれる処刑部隊が夜陰に紛れてヘイロタイの集落を襲い、住民を虐殺して回った。 そして住民の遺体は見せしめに街道に張り付けられた。

他のギリシア諸都市に見られないその過酷な奴隷制度は、国家が奴隷を厳格に管理するものであり、私有奴隷はほとんどいなかった。
このため、他のギリシア諸都市に見られた私有奴隷の過剰増加による(奴隷制度に安住した有閑階級の肥大・増加の弊害でもある)技術力や労働の質などの低下による衰退がある程度抑えられた面もある。

双頭元首政

国政においては2人の世襲の王が並立し、その権限は戦時における軍の指揮権などに限定されていた。2王家はそれぞれアギス家エウリュポン家という。
スパルタの統一過程で採られた妥協の遺制と思われる。
ペルシア戦争のテルモピュライの戦いで有名なレオニダス1世はアギス家の王である。

スパルタ教育

現代日本では厳しい教育一般について、比喩として「スパルタ教育」と呼ばれることがあるが、この言葉を教育論として執筆・推奨したのは、あの石原慎太郎である。

現代ギリシャでは県庁所在都市
前述の通り、古代ローマに併合されてからも、過去の功績から一定の自治権を認められたスパルタは、オスマン帝国を経てギリシャ共和国となった現代でも、スパルティ市の名でラコニア県の県都となっている。世界地図によっては、英語読みに従い「スパルタ」市と表記する場合もある。
県庁所在都市と言っても、人口はさすがに最盛期のスパルタ市民の総人口より少なく、2018年4月時点で4万人にも満たない。

関連タグ

300:スパルタを舞台にしたアメコミ/映画
スパルタン(spartan):「スパルタ市民」に由来する英語で、「剛健な」という意味。

pixivに投稿された作品 pixivで「スパルタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 569479

コメント