ピクシブ百科事典

オリュンピア

おりゅんぴあ

ギリシア文明の都市国家の一つ(市民共和国)ギリシア神話最高神ゼウス神をギリシア神話最高神ゼウス神とオリンポス十二神の神話上の統一政府を祭る聖地。古代オリンピックの歴代の開催地。ギリシア神話圏共有国家の世界首都。

Ολυμπία(オリュンピア)

ギリシア文明の都市国家の一つ(市民共和国)。『オリンピア共和国』と書いてもいいと考えられる。
 ギリシア神話最高神ゼウス神とオリンポス十二神の神話上の統一政府を祭る聖地。古代オリンピックの歴代の開催地。ギリシア神話圏共有都市国家(共和国)の共通の首都。(世界首都)的な役割を持った。

 古代ギリシア世界のエリス地方に存在した都市国家の一つで、ギリシア神話最高神のゼウスを守護神として祭るギリシア神話を共有する世界では聖域的共和国である。(確認できる年が)BC776年以来4年一度オリンピア祭り(古代オリンピック)が行われたとされ、オリンピア祭りが行われる際はペロポネス地域(ギリシア神話文明圏)のでの争いごと(戦争・内戦・政治的対立)はいったんギリシア神話圏の空想統治者ゼウス神(架空の帝王)に対して無礼なので終止符を打ち、祭りに集中したとされる。
 
 難しい話になるけれど、『古代ギリシャ文明』と呼ばれる物は、最初島国文明として登場をはじめギリシャ神話の女神エウロペ(ヨーロッパ)の子孫の神の子孫ミノス王として、クレタ島の島ににクレタ王国(ミノス王国)を作る。このクレタ王国の文化その後のギリシア文明のモデルとなった。
 その後クレタ王国は外からの侵入者(謎の勢力)などとの戦乱や制度疲弊などで消滅、ミュケナイ王国・ピュロス王国・マケドニア王国などが登場したが『海の民』といういろいろ有名な謎の勢力滅ぼされ、これ以降ギリシア世界ではギリシア神話を国教にした人間による決定的な英雄・覇者が現れず、統一政権いろいろな意味で中央集権国家が構築されなかった。そして非常に解するのが難しいけれど。ギリシア地方統一政権が人間世界では存在しないが、神話の世界の空想世界的な共有でいうと、架空のギリシア地方の帝王中央政府・国家は最高神ゼウス神・オリンポス十二神

 (編集中です)

コメント