ピクシブ百科事典

古代ギリシャ

こだいぎりしゃ

古代ローマ支配以前のギリシャ(ギリシア)地方の各都市国家文明。
目次[非表示]

概要

【Ελλάδα(HELLAS・Greek civilization)】古代ギリシャ(ヘラス
古代ローマ支配以前のギリシャ(ギリシア)地方の各都市国家文明。

後の〈ローマ帝国〉や〈西洋諸国〉等がその文化・文明を吸収した。ただし「当時の西洋人ギリシャ人」は東洋西洋並みに違う世界の人々である。対比文明は『エジプト文明

文化

釜上の毛剃り機(ストルギス)が古代の墓だった地層から出土する、らしい。

古代ギリシャ人の少年期と青年期の一般的な髪形。
反則防止の為に裸体で青少年の市民階級のみで行われた。
2000年以上前から、美男美女が現代のモデルに近い雰囲気を持つ事に驚愕。
因みに当時のアジアやアフリカ等では太った男女が美しかった。
当時のギリシャでは裸体は美しくて神聖なものであった。
自分の容姿に異常な愛着があり、自己愛が強い人。
スポーツの延長線上にある感覚だった様だ。
  • 政治学
非カースト的社会な市民社会(ある程度流動的な階層社会。しかし奴隷制度。)かつ非官僚制(中国の様に、『皇帝を頂点としたピラミッド』体制が出来なかった)。
かなり後に、カトリック教会の階位制度が社会基盤になり、
中世ヨーロッパの封建制が一応成立した。(政治的にはだいぶカオス)。
今日の写真の様なものとは少し違う。
  • 建築 黄金比の発明、それによる神殿の建築など。
  • 彫刻・絵画
エジプト文明と対比して、だいぶ動的・肉体的な物が多い。
古代ギリシャの価値観では最高の愛の形とされ、結局エリート教育で活用した。
ローマ時代にはユヴェントス、ドイツ語ではユーゲントに当たる組織。
ボーイスカウトの原型に当たる。少女団20世紀にはいってからである。
各都市国家で共通していた伝承の総称。各都市国家で違いがあったと思われるが、
今はアテナイ等の神話体系が残った。
振り返ればギリシャ世界のエリートらしき人々だが、ギリシア的文化人(民主的な人々)というと疑問がつく。一応ギリシャの神話・文化・建築を全面的に模倣した為ギリシャ文化だけは征服後も尊重していた。(実際は元首やローマ人好みに左右された。)
ユダヤ教の系譜になる宗教で全く異なるが、最終的に地中海世界での統一宗教として生き残った。キリスト教の様式はそれまでのギリシャの信仰や政治の様式が吸収され、キリスト教式に改まっていった。

追記

  • 古代の人物画を見ると髪の毛が黒かったり、色白ではないので、白人ではないのかもしれない。(ローマ人にも言える)

古代ギリシャについてⅠ

〈メンタリティ〉 

  • 男尊女卑」で「体の美を基準にしていた」
  • ただ、市民と言うのはポリス(都市)に住み参政権や奴隷を召し抱える権利、オリンピック参加権等を持つ富裕層で、ギリシャ人の中でもごく一部。

古代ギリシャについてⅡ

  • 奴隷は日本で言う年季奉公の様な物が多かったらしく、税金を免除され兵役もなく、かつ買い取る時や雇う時のお金が高額なので傷付けない様に、大事に扱われた。その為、奴隷は街中を自由に歩けたし、お金を貯めて自分を買い戻して自由人にもなれた。イソップもその一人。
  • 逆に裕福な『ギリシャ市民』も戦争に負けると『奴隷』になり、連行された。

だが、ローマの様に剣闘士にされたり、或いは料理人芸人遊女等特技を生かす仕事を求められ、優遇されたケースも少なくない。

古代ギリシャについてⅢ

※ただしイケメンに限る』的価値観

ギリシャの都市国家「ポリス

エーゲ海(ギリシャ文明発祥地)

黒海ボスポロス海峡

マケドニア地方

都市国家(ポリス)

ギリシャ中央

ペロポネソス地方
イリオス地方

その後のギリシア地方

コンスタンティヌス1世の時代からギリシャ的文化・生活習慣の見直しが進み、キリスト教の習慣が定着を始める。テオドシウス1世が完全にキリスト教をローマの国教とした。その後、東方ローマ帝国領でも引き続き帝国構成領だった。

1453年にオスマン・トルコがコンスタンティノポリスを占領し東方ローマ帝国が壊滅すると、イスラム文明の植民地になった。キリスト教徒イスラム教に改宗されながらも、一定の自治は認められてた。その後オスマン帝国が滅び、二度の世界大戦の混乱を経て現代のギリシャ地方は民主主義とキリスト教正教会)の共和国となった。

関連タグ

アテナイ ギリシャ神話 ギリシャ文明
キトン クレタ文明 古代ローマ スパルタ

関連記事

親記事

ギリシャ ぎりしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「古代ギリシャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388617

コメント