ピクシブ百科事典

ゲルマン人

げるまんじん

ヨーロッパ北部を祖とする諸部族で現在のドイツ・オランダの人種の大部分を構成する。

概要

ヨーロッパの北部からヨーロッパ各地に広がった諸部族の総称。ヨーロッパ北部を祖とする諸部族で現在の・ドイツオランダの人種の大部分を構成する。世界史で登場する「ゲルマン人の大移動」が知られる、今の北欧から広がり欧州各地を荒し回ったノルマン人もゲルマンの一つである。

歴史上初めにゲルマン語を話した部族・部族連合である原始ゲルマン人は、上述した現在のオランダ人ドイツ人の他に、デンマーク人スウェーデン人ノルウェー人アイスランド人アングロ・サクソン人などの祖先にもなったとされる。

人種的には白人コーカソイドに含まれる人々であるが、共通の民族としての意識は存在しなかったと考えられている。彼らはヨーロッパ各地に蛮族として侵入し、現地の民族と混血した。

このゲルマン人の系譜を引く民族はゲルマン系民族と言われ、現代ではイギリスのアングロサクソン族(イングランド人の主流)、ドイツ民族、スヴェーア族(スウェーデン人)などがこれに当たると言われているが、彼らはゲルマン系の言語を話しているという共通点を持つだけで、それぞれに歴史や文化は独自のものを持つ別の民族である。またその言語も互いに通じないほどに異なる。

ナチスドイツが提唱した「ゲルマン民族こそ選ばれし民族」「アーリア人=ゲルマン民族」という説(アーリアン学説)は後世のこじつけが多く根拠薄弱である。ちなみにアーリア人とは中央アジアからインドに侵入し、カーストの上位を占めるようになった民族の自称。アーリアン学説は純粋な白人を指す名称として、この名を転用したものである。

【特徴】

  • 白人の特有の体つき金髪・碧眼・長身の条件に一番当てはまる確率が高い人種である。
  • ローマ共和国(ローマ帝国)末期に入るまではではまだヨーロッパ世界の民族とされていなかった。
  • プロシア人プロシアプロイセン)はゲルマン人の中でも相当程度偏屈、スパルタ、帝国主義気質が強く永くドイツ人気質だと思われていたがそれは適当ではない。それとプロシアはスラブ人などを(ロシア系国家構成人種)を奴隷貿易でこき使うために生活を共にしていたのでロシア人的気質が入っているとも言われる
久々


  • プロシア人についてはナチス・ドイツ文化的性質的なものがもっとも顕著に出ていると思われるが、ナチス敗戦後プロシア地域はポーランド共和国の分割などで完全に歴史的に消滅した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルマン人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1422

コメント