ピクシブ百科事典

白人

はくじん

ユーラシア西方にルーツを持つ人種。コーカソイド
目次[非表示]

概要

ユーラシア大陸西方にルーツを持つ人種。主にヨーロッパから中東中央アジアインドにかけて分布している。大航海時代には、地球上のあらゆる地域大英帝国などの西洋列強諸国による進出(侵略)を受け、特に北アメリカ大陸やオーストラリア大陸(オセアニア)の殆どの地域では原住民虐殺され白人文化圏に変えられ、生き残った数少ない原住民はその後ひどい差別を受けた。
また、アフリカ大陸の殆どの地域においても白人によって原住民の黒人支配され奴隷化された。

アジア人と比べ背が高くて脚が長くの彫りが深くて目が大きく、二重が多くてが細く高い。の色が多様で、髪は金髪茶髪赤髪黒髪など、眼は青や緑(碧眼)・茶・黒など様々である。金髪碧眼の白人女性は、日本では象徴となることが多い。


白人と謂う名は「白肌」というところからだが、褐色肌の多い中東インド亜大陸にも一応白人が棲息している。

欧州一帯のみならず、考古学・言語学的な観点で源流を辿れば血脈としては近いという学説もあり、ユーラシア大陸の中央から西側の様々な血統が入り混じっている。

テンプレートなイメージとして「金髪碧眼」が想像されやすい一方、金髪碧眼は劣性遺伝によるマイナー因子であり、むしろ髪は黒髪から茶髪程度、目の色も茶色が大数を占める。

世界的な視点

古代ギリシャ文明の発達以降、文明先端国だった古代エジプトや古代ペルシャ等の大勢力と鎬を削って文化を発展させ、ローマ帝国の盛衰からヨーロッパ・ルネッサンスと経て、文化を他地域より飛躍させ先進性を持つようになる。
学問・政治の分野において、自由独立の概念をいち早く発達させる一方、中世の封建的な観念も捨て切れず慣習的に残している。
長く経済的背景を理由とした群雄割拠の時代を過ごしたため、国際社会では国家としての自立を支援する傍らで、民族としての優位性の誇示や差別主観が抜けきらない歪な精神構造を有している。

宗教的にはキリスト教信仰者が多く、ローマ帝国がキリスト教の政治利用を始めたことを皮切りに土着信仰を徹底排斥し、およそローマ・カトリック教会、(ビザンツロシア正教会、近世に登場したプロテスタント教会の三派に大別されている。
有色人種に比して「正しさ(正義)」に対する思想観念が強い傾向にもある。
これについて宗教色の影響が強いと思われる。

現代の国際社会で、度重なる戦争と外交戦略を経て長らく優位を保っており、国際社会でのスタンダードはおおよそ白色人種文化を基盤としている。
一方でそれは、彼ら白人が「侵略者」としての側面を持つことも意味しており、土着の慣習を破壊・忘却させ自分たちのルールを強要したことで、かつての支配地域に功罪両端の痕跡を残している。

関連タグ

人種 コーカソイド
モンゴロイド 黄色人種 ネグロイド 黒人 オーストラロイド
インド人/インド系 ペルシア人 欧米人ヨーロッパ系アメリカ人/ゲルマン人/スラブ人/ラテン人) アラブ人 
人種差別 白人コンプレックス 白人至上主義
ムラート/メスティーソ
ミストレス

外部リンク

関連記事

親記事

人種 じんしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2339349

コメント