ピクシブ百科事典

プロテスタント

ぷろてすたんと

キリスト教の一派、新教ともいう 宗教改革運動を始めとしてカトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸派の総称。カトリック以上に強固に行動することが特徴。
目次[非表示]

概要

protestant(プロテスタント)

プロテスタントとは、16世紀後半にマルチン・ルターが主導したいわゆる『宗教改革』によってカトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸派の総称である。プロテスタントの呼び名はカトリックに対する抗議者 protestantと呼ばれたことに由来する。日本ではローマ・カトリック(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。

教義の特徴

ルターがカトリックに反対するに至った思想は、大雑把にいえば「何が善で何が悪かはのみが審判できるのであって、人間が神と同じレベルで善悪を判定するのは不可能である」というものである。カトリック・正教会の教義では、キリストの弟子筋はキリストの権威を一部受け継いでおり、信徒は教会で懺悔して罪を償えば教会が天国に行けるよう取り計らうとしていた。それに対しルターは「一介の人間に過ぎない聖職者が罪の重さを判定するのは不可能であり、償いを決める権威もない」と否定し、カトリックと対立した。

上述の思想をベースとして、カトリック・正教会とは下記のような点が異なる。

  • 聖職者の「キリストの代理人」としての権威を認めず、聖職者やそのヒエラルキーも原則持たず、信徒は誰でも祭司であるとする(万人祭司)。各教会の管理者である牧師は聖書に詳しい教師程度の扱いになっている。また牧師は一般信徒と同じように結婚できる。
  • 司祭の「キリストに代わって罪を償わせる権威」を認めていないので、懺悔とそのゆるしが存在しない。司祭が病気を癒すという病者の塗油も認めない。プロテスタント系の教会には、カトリックのような懺悔室はない。
  • 人間は善悪を完全に判定することはできないので、善行を積むことが神への忠実さを示すと考えない。神に忠実かどうかは神や聖書を信じているかだけ根拠とする(信仰義認)。このため聖書原理主義(福音主義)の傾向が強い。たとえばバチカン進化論について「神が人間を作った手段が進化である」として認めているのに対して、プロテスタント(特に福音派)はこれを認めない人が多い。逆にカトリックは福音派のID論を「宇宙人が人間を作ったと置き換えても成立する論理」として認めていない。

こういった教義の違いから、カトリックや正教会とは用語が細かく違っている。たとえば、カトリックの司祭への呼びかけは「神父」だが、牧師への呼びかけは「先生」である。讃美歌はプロテスタント特有の呼称であり、カトリックでは「聖歌集」と呼ぶ。

プロテスタントに分類される教派

カトリックではローマ教皇を中心として教義や宗教見解を統一する仕組みがあるが、プロテスタントはそのような存在がなく、現在においてはその教義も派閥も多様にわたっている。現在の教派は大まかにルター派、カルヴァン派、アナバプテスト(、イングランド教会)に分類され、さらにそこから派生した教派が複数ある。

ルーテル教会(ルター派)

  • 信仰の証明は儀式的行動よりも神への一念のみ。
  • 神の性格は慈愛である(優しさ)である
  • 聖書の言葉は一言一句間違っておらず全て実際に起きたこととする(聖書原理主義)
  • キリストの代理人である教皇や聖人崇拝のを否定
  • 教皇のキリスト教君主(神聖ローマ皇帝など)への承認を否定
  • カトリック教会の恣意的な教会運営を否定(免罪符など)


改革派教会(カルヴァン派など)

  • (上記のプロテスタント両派・ルーテル教会に追加して)
  • 予定説思想、(天国に行くもの地獄に行くものはすべて神が最初からお決めになっている)
  • 神は愛もあるが、偉大で無慈悲であり、すべてのものに勝る。いかなる敵も滅ぼす。
  • 教会は独立の拠点である。


アナバプテスト

  • 幼児洗礼を否定し、判断力を持ち自ら信仰告白を行った後に洗礼を施すべきとする派。
  • カトリックなどの教派、上記2教派はこの考えを否定している。


他教派への影響

ルターがその思想を発表した当時、教会の強い世俗的権力や、金を払えば贖罪を免除されインスタントに天国に行けるとする贖宥状に対する反感が強まっていた。またドイツ周辺の有力諸侯間の対立、農民の金権政治に対する反感などを巻き込む形で、ルターの教会権威への攻撃に賛同者が相次ぎ、ルター派、プロテスタントという宗派が成立していくとともに、ドイツ農民戦争、三十年戦争ユグノー戦争といったカトリック・プロテスタントの戦いに発展する。

イングランド教会(英国国教会聖公会)は、成立時期がちょうどプロテスタントの成立と重なったため、基本的にカトリック教会の典礼等を引き継いでいるが、プロテスタントからも強く影響を受けることになった。イングランド教会は自身をカトリックとプロテスタントの中間として位置づけているが、イングランド教会をプロテスタントとして分類する見解も多く、イングランド教会から分離した教派はよりプロテスタント的である。

冒頭のヨーロッパでの宗教改革が進んだことから、カトリックが新たな勢力拡大を企図して、進出したのがアジア方面であり、当時戦国時代のまっただ中にフランシスコ・ザビエルが来日したのもこの影響である。江戸時代に禁教で弾圧されるまでに日本に普及したのはカトリックであり、プロテスタントが本格的に日本に入ってきたのは明治維新以降の事になる。
ただ、徳川家康は英国やオランダと協力した為、プロテスタントの価値観が入り込んだのは江戸時代以降と思って良い。
事実、家康はプロテスタントは布教させない理由で上記の2国は鎖国中でも貿易を行っていた。(その後、英国とは自然に切り離された。)

又、アメリカには福音派と言うプロテスタント原理主義が存在し、ブッシュ一族を筆頭に著名人が多数、所属しており、アメリカはプロテスタントの宗教大国として有名である。

関連タグ

キリスト教 カトリック 正教会

ゴルゴ13 カトリックとの(依頼を通じての)繋がりが描かれる事が多いが、ゴルゴへの依頼方法の一つに「讃美歌13番をラジオ番組にリクエストする」とあり、プロテスタントとも関係はある(当然ゴルゴ自身は信仰しておらず手段の一つで利用してるだけであるが)

pixivに投稿された作品 pixivで「プロテスタント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3310

コメント