ピクシブ百科事典

ナザレのイエス

なざれのいえす

ナザレのイエスとは、一世紀のパレスチナで生まれたユダヤ人宗教家である。
目次[非表示]

世界宗教の一つキリスト教の開祖。
キリスト教においては旧約聖書で説かれた「人の子」(メシア救世主)であると信じられており、「イエス・キリスト」と呼ばれる。
キリストとは「油を注がれた者」を意味するメシアをギリシャ語訳した称号である。

名前について

「イエス(ヨシュア)」という名前は当時そう珍しいものではなかったため、キリスト教的な観点(彼をキリスト=救世主と認める視点)を除いて見た場合にはこのように出身地を取った名で呼ばれる。
アルファベット表記の一つとしてJesusがあり、英語読みすると「ジーザス」、スペイン語読みすると「ヘスス」となる。
ジーザスは英語圏の人名として用いられることはないが(旧約にも同名の人が複数出てくるためか別表記になったジョシュアさんならいる)、スペイン語圏ではよく使われている。
スペイン語圏はカトリック文化圏であるが、信仰を共有する日本のカトリック教会で「イエス」がクリスチャンネームとして使われることはない。

生涯

誕生

福音書によると、彼は処女懐胎により聖母マリアより生まれた。
マリアの夫ナザレのヨセフは義父ということになる。『ヨハネによる福音書』によると、
このときアブラハムより前、それどころか永遠の昔から存在するロゴスが受肉したのだという。

生まれた場所はベツレヘムである。ローマ皇帝アウグストゥスが住民登録せよ、とお触れを出したため、
イエスを妊娠したマリアは当時婚約者であったヨセフとともに「ダビデの町」ベツレヘムへと
向かった、マリアはダビデ王の血脈であったためである。マリアはベツレヘムに
居る時にイエスを産んだが、登録が済むとそのままナザレに帰り、
イエスもそこで育ったため、ナザレ村の人間として扱われている。

それから大人になるまでの事績は不明である。『ルカによる福音書』に少年時代の彼が
賢かったというエピソードがちょびっと書いてあるくらい。
それから宗教活動開始までの「失われた年月」を埋めるものとして
『トマスによるイエスの幼時物語』という外典があるが、子供とはいえ
機嫌を損ねると割りと気軽に人を呪い殺したりするという大人イエスからは程遠い人物像だったこと、
派手で突飛な奇跡話がわんさか出てくることから、奇蹟の意義を逆に損ねると見なされ、主流派キリスト教会からは受け入れられなかった。
近代でも『聖イッサ伝』や『宝瓶宮福音書』などの「失われた年月」を埋めると主張される本が作成されている。

宗教活動開始(公生涯)

三十歳になったイエスは、宗教活動を開始する。洗礼者ヨハネによる洗礼を受けた後、癒し等の奇蹟を行いながら教えを説き、巧みな例え話や箴言を語り、彼が神の教えに反すると考えた律法学者、ファリサイ派、サドカイ派の人々を痛烈に批判した。
端から見ると彼もまた律法を破っていることになるのだが(安息日に人を癒したり、麦の穂を摘んだり)、批判を受けると旧約聖書でダビデ王が律法を破ってる故事を引用して難を逃れるといった機転を見せた。
そんな彼を弟子は「メシア」と呼び、本人も認めたが、他の人々には触れて回らないように念を押した。このことについては当時は政治的メシア(ローマを倒し、イスラエル王国を復興させる)が求められており、こうみなされることを本人が嫌ったという説明がなされる。
『マタイによる福音書』ではこの後にイエスが自身の死と復活を予言するシーンが描写される。
彼は既存の宗教勢力からの恨みをかなり買ってしまっており、弟子の一人であったイスカリオテのユダの手引きでサンへドリン(長老や宗教者らによる裁判所)に引き渡され、これまでの「冒涜」的発言を責められたイエスはそれを否定することなく、
逆に彼らの怒りに触れる発言をしてしまう。長老と祭司長はローマのユダヤ総督ポンティオ・ピラトにイエスを引き渡す。
ピラトは「お前はユダヤ人の王なのか」と尋問する。ローマ帝国において勝手に「」と名乗ってはならないためである。
不利な証言に対しても何も言わないイエスを不思議な思っていたが、裁判を取り巻く群衆が殺せ殺せと言うし止まらないので、俺は責任をとらんお前らの問題だと言い、ユダヤの群集は「その血の責任は我々と子孫にある」と言う。
ヨーロッパにおけるユダヤ人差別の原因になってそうなくだりである。

磔刑と復活

兵士たちに引き渡されたイエスは十字架上で死亡する。享年33歳。その時にあげた言葉は福音書によって異なる。
その三日後、彼は自身の予言通りに復活し、信者や使徒たちの前に現れたのち、天に還っていった(昇天)。
『使徒行伝』では復活から昇天までの期間は40日であったとされる。

イエス・キリスト

福音書など新約聖書に描かれているのは、正確に言うなら一世紀から二世紀までのクリスチャンが信仰する「イエス・キリスト」の姿である。


他宗教におけるイエス

ユダヤ教では偽メシアとされる。
イスラム教でも偉大な預言者として尊敬されており、アラビア語形イーサーは人名としてもよく用いられる。
しかしイエスは十字架にかかっていない、イエスは神でなく神の子ですらない、等キリスト教との大きな違いがある。
グノーシス主義でも尊敬されていたが、YHVHは偽の神とされ、イエスはグノーシスが掲げる至高神プロパテールの使者ということになっている。
キリスト教文化圏で誕生した神智学スピリチュアリズムニューエイジでも重要な人物であるが、聖書そのままの人物として受け取られることは無い。特に絶対的な神性は否定される傾向にある。
ヒンドゥー教でも『バヴィシュヤ・プラーナ』という聖典に「イシャ・マシー」という名前で登場する。ただし、このプラーナは他のプラーナ聖典と違い、1850年まで増補が繰り返されてきた(予言という形でイギリス支配時代のことまで書いてある)特異な位置を占める書ではあるが。

ナザレのイエスをモチーフにしたキャラクター

イエス聖☆おにいさん
アスランナルニア国物語
神の子とある魔術の禁書目録
黒王ドリフターズ
聖アジョラファイナルファンタジータクティクス
トキ北斗の拳
鹿目まどか魔法少女まどか☆マギカ

関連タグ

十二使徒 パレスチナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ナザレのイエス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1657

コメント