ピクシブ百科事典

旧約聖書創世記』において、サタン)の誘惑により、禁じられていた「善悪の知識の実」をとって食べるという人祖アダムの罪に由来する。
彼の犯した罪により、アダムとイブエデンの園を追放され、またその罪は子孫である人類全体に影響を及ぼしている。
原罪によって人類は神との親しい交わりを失っており、それにより肉的・霊的な死のために苦しみを味わい、さまざまな罪も犯してしまう。
キリスト教においてはイエス・キリストの義と恵みのみが人類を原罪から救うとされる。
ユダヤ教イスラム教においても人類に罪を犯しやすい性質があることを勿論みとめるが、基本的に原罪という形で実体視はせず、アダムの罪によって(原)罪が人類に備わった、ともしない。
ユダヤ教神学者のうち、原罪を認めるのはごく少数派である。イスラム教に至っては皆無といってよい。

西方教会と東方教会の違い

原罪は西方教会(カトリックプロテスタント)で強く説かれるが、東方教会(正教会)ではそうでもない。

アダムが罪を犯し、それにより罪と苦しみが子孫である人類にもたらされたことは認めるが、「原罪」という形で受け継いだ、とはしない。
引き継がれてしまったのは、人間の「神の似姿」としての側面のうち、アダムの罪によって破損された「神の像」であり、「神の肖」が失われてしまった状態である。
これにより、人間には生まれつき不完全ながら神を求める心(神の像)はあるが、その完成(神の肖)は存在しない。
後者は信仰とそれによる救いによってのみ回復される。

いろいろ

 一応絶対的ななんぞがあっちにいて、その絶対者はこちらの相対的なものが大嫌いで、
「ぷちっと潰すぞぷちっと」
 という御言をお垂れ遊ばすので、といった「アブラハムの宗教」的な「原罪がある相対的なこの世」という世界観を信者にわかりやすく伝えるために、身体的特徴がよくあげられる。

 喉仏は有名であるが、なんか日本の南の方の伝承でもそういう、「原人がなんかの実取って食って神様に怒られたので子々孫々までその実が喉に引っかかっている」という「喉仏ができたわけ伝説」があるらしいけど、他の特徴で、キリスト教では12世紀まで、イスラム教では近世ころまで、
 アダムとイヴは皮膚の上にのような物が覆う姿であったが、エデンの園から負け出る際その外皮をはぎ取られた
 という伝承があったらしい。なおその際サタン様はなんぞ魅惑の「絶対領域」なので行けないらしい無原罪の楽園へ行くため蛇に「丸呑み」してもらって、エントリーしたという。そりゃあ蛇さん足(ラクダのような美しいものだったらしい)もとられるわな。

「すねに傷を持つ物はみんな優しくなる」という定説に基づきお付き合いを円滑にする言い訳としてこういう「みんな犯罪者でそ」というものが使われる一面がある訳なのだが、日本でも昔の伝承には、「世界の創成はイザナギ イザナミという二柱の兄妹神様が」やったために被造物である人間に罪が、というものがあったのだが、古事記などはそれを受け入れ、編集する際に、その部分はカットしている。

 暴力機構の契機として存在するのに、それをナザレのロン毛野郎が雪いだら困るので、異端では、「十字架刑は失敗」と主張するものがある。また、一応末日聖徒イエス・キリスト教会では、原罪を表す物として「GARMENT」と呼ばれる上下つなぎの下着を着る。

 カール・マルクス先生は、キリスト教をひっくり返して、「共産主義」を拵えた訳であるが、それは「科学的な言い訳を付けたキリスト教にすぎない」ので、末日とかが認められるのだが、原罪と対応するものは「搾取」である(三石善吉「中国の千年王国」)。

pixivに投稿された作品 pixivで「原罪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239778

コメント