ピクシブ百科事典

カトリック

かとりっく

カトリックとはキリスト教の教派の一つ。
目次[非表示]

名称

ローマ・カトリック教会とも。カトリックとは「普遍的、世界的」「公同の」という意味を持つ。他教派も自身をそう認識しているが、単にカトリックと但し書きで書かれる場合、ヴァチカンを本部とする教派を指す。

カ"ソ"リックという表記が見られるが、これは当のカトリック教会は使用していない誤記。たぶん英語訛り(Cathoricのthの部分の発音の関係)からの誤用と思われるが、はっきりしたことは国語辞書にも書かれていない(大抵カトリックへのリダイレクトになっている)。

概要

全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。成立はAD33年(ペテロが教皇になったとされる時から。)
日本ではカトリック教会といい正式名称はローマ・カトリック教会というラテン語ではEcclesia Catholica(Catholicus)、ギリシャ語ではκαθολικός、英語ではCatholic、ロシア語ではкатоликという。日本ではかつて「天主公教会」とも称された。このキリスト教宗派の特徴としては聖ペテロを初代教皇としたローマ教皇(ローマ司教)と教皇庁を頂点とした司教官僚制的協会制度にある、カトリック教会自身による定義は「教会憲章(Lumen Gentium)」にみられる「ペトロの後継者(ローマ教皇)と使徒の後継者たち(司教)によって治められる唯一、聖、カトリック、使徒的な教会」という表現にもっともよく表されている。

彼らは唯一のキリスト教会を自認する。そのため、教義や体制に差異のある他教派は定義上「異端」となる(これはカトリックに限ったことではないが)。この原則はかつては異端審問のように苛烈な形で現れていた。異端の基準じたいは現代にまで引き継がれているが、第二バチカン公会議を期に他教派への態度はかなり軟化しており、現在ではプロテスタントの宗教改革をヴァチカンも祝うという状態になっている。

特徴

カトリック教会に特徴的な要素として「七つの秘跡」「フィリオクェ」「ローマ教皇権」「無原罪の御宿り」「聖母の被昇天」がある。

七つの秘跡

「洗礼」「堅信」「聖体」「ゆるし」「病者の塗油」「叙階」「結婚」の七つ。東方正教会にも機密(ミスティリオン)という対応する概念がある。
所作じたいも共通点があるが、意味づけに違いがあり、「名前が違うだけで中身は同じ」というものではない。
カトリックから独立した聖公会やプロテスタント諸派にも秘跡の概念は受け継がれたが、それぞれにおいて枠組みや解釈が変わっている。

フィリオクェ

ラテン語で「また子より」を意味する語。キリスト教の信仰告白をあらわす「信条」の一つである「ニカイア・コンスタンティノポリス信条」の一節に追加された。

日本のカトリック教会で用いられる訳文の該当箇所がこちら。太字部分がフィリオクェである。
「わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。」

教義上の見解の違いばかりでなく、既存の信条に語句を加えるにあたっての課程でもゴタゴタがあり、カトリックと正教会が分裂する要因の一つとなった。これを大シスマという。
正教会だけでなく、大シスマ以前に分裂した非カルケドン派、東方諸教会においてもフィリオクェは受け入れられていない。

ローマ教皇権

ローマ教皇はローマの司教であり、初代ローマ司教と伝わるペテロの後継者とされる。カトリックにおいてはそれに止まらず、他のすべての(現在別の教派となっている教会の)司教たちよりも上に立つ首位権を持つと認識する。
カトリック側はこれを聖書的な根拠を持つものと考える。

「そこで、わたしもあなたに言う。あなたはペテロである。そして、わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。
わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」(マタイによる福音書16:19-20)

イエスがペテロに与えた特別な意義をローマの後続司教にのみ受け継がれたとするのがカトリックとすると、すべての司教がペテロの継承者であり、ローマの司教だけが首位という事は無い、とするのが正教会側の認識、という事が出来る。
聖公会やプロテスタント諸派、復古カトリック教会もローマ教皇の首位権を認めていない。

正教会や東方諸教会では東方典礼と呼ばれる典礼(キリスト教の儀式・儀礼の定式)があるが、これを用いるキリスト教徒コミュニティの中には、用いる典礼はそのままに、ローマ教皇の首位権を認め、カトリックの教義を受け入れたものがあり、「東方典礼カトリック教会」と呼ばれている。

無原罪の御宿り

イエスの母マリア(聖母マリア)の母親の名は「アンナ」という。そのアンナがマリアを身ごもった際、原罪の汚れを免れていたという教え。
9世紀頃から主張されはじめ、民間にも広まったが、長らくカトリック教会内でも肯定論と否定論の双方が存在していた。否定派には『神学大全』でも有名なトマス・アクィナスも含まれる。
教義として確定したのは1854年のことである。

聖母の被昇天

マリアが生涯のおわりに、肉体をもったまま天に挙げられたとする信仰。マリアは墓に葬られたが、そこから消失し、人々を驚かせたという。

正教会側にも「生神女就寝」という対応する概念があるが、こちらは霊魂のみが天にあげられたとする。
6世紀ころから語られはじめ、長らく容認下で信徒によって信じられ、1950年に正式に教理として認定された。

歴史的経緯

 キリスト教会の始まりは救世主(キリスト)昇天後の信徒の組織をペテロが引きつぐ形で継続することになった、コレが今日のキリスト教会である。いろいろ御幣はあるがカトリックはペテロ(初代教皇(ポープ))の直系組織であることに拘りを持つ。

 その後もキリスト教徒の神への唯一信仰への他宗教への影響からローマ共和国(ローマ帝国)のローマ帝ネロ(37-68)に代表される虐殺的な迫害を頂点としてその後のローマ共和国ローマ帝国)政府や市民による迫害が続きローマ帝ディオクレティアヌスの時代に頂点を向かいた。

 その後、元首ディオクレアヌスに並ぶ強力な最高指導者ローマ帝コンスタンティヌス(272-337)の治世においてキリスト教が公認された。その後共和国(帝国)内ではかつてのローマ神話ギリシア神話信仰から比較的自然※にキリスト教に移行していったとされ、最高指導者ローマ帝テオドシウス(347-395)がキリスト教を公式にローマの唯一の国教とした勅令を出し。これ以降ヨーロッパ文明はキリスト教世界となった。

 そしてカトリック教会は(当時はまだ正教会(ローマ東方のキリスト教)とも決裂していなかったので)ローマ帝テオドシウスの時代にキリスト教の教会法の一つ『破門罪』においてローマ帝より優越することを示した。キリスト教徒でなければ人間でないという世界観において『世界国家ローマの支配者であってもキリスト教徒人であらず異端物』とした判断は後代のヨーロッパ中世世界においての最重要の倫理観の一つになった。結局当時のローマ帝テオドシウスは当時のキリスト教幹部(アンブロシウス)に土下座謝罪をすることで許しを得た。

これ以降ヨーロッパではキリスト教会(カトリック)とその指導者(教皇)は聖俗の権威であることが暗黙の了解となった。

ローマ共和国(西ローマ帝国)崩壊以降ヨーロッパの歴史のなかで、暗黙の了解のうちに常に支柱的思想・社会秩序の基盤となったヨーロッパ各地域の教会・それを支える修道士の組織『修道会』などが中世ヨーロッパの古産業を支え、行政的(役所)的役割まで果たした、中世ヨーロッパ世界はカトリック教義社会に裏打ちされたキリスト教封建制的社会を築いた。中世までのヨーロッパ世界の諸国の君主などは教皇による『神の正式な許可』が必要であるとしていたので絶大な権威を有していたが、一筋縄ではいかなかった。

中世ヨーロッパ世界では『教会法』が一応「ヨーロッパ市民全体」の刑罰集となっていた、これは当時の『神聖ローマ帝国』をもってしても法整備がヨーロッパ諸国で不統一であったからである。

ルネサンス社会をへて「生きたローマ文明」をカトリックは再確認し、ローマ帝国文明も一応継承したことになっている。革新教会(プロテスタント)が起こり近世王朝や市民革命を得てヨーロッパに「政教分離社会」が到来した。

イラスト

Archangel Uriel
聖歌隊1



関連タグ

キリスト教 神父(カトリック教会の司祭の通称)
万聖節 
プロテスタント 英国国教会
正教会

pixivに投稿された作品 pixivで「カトリック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17475

コメント