ピクシブ百科事典

フランク王国

ふらんくおうこく

中世ヨーロッパのほぼ直接の祖である王国。

概要

ラテン語regnum francorum
フランス語Royaumes francs
ドイツ語Fränkisches Reich


西ローマ帝国の滅亡以降、秩序が失われ混沌としていた群雄割拠の時代の中で、キリスト教の後ろ盾をえることで勢力を伸ばした王国で、五世紀から九世紀に渡り精力を維持。最後には西フランク王国、東フランク王国、そして中フランク王国に別れ、それぞれがフランス王国神聖ローマ帝国イタリア王国の3つへとなった。
最盛期には現在のフランスイタリア北部・ドイツ西部・オランダベルギールクセンブルクスイスオーストリアスロベニアをすべて支配下に収めていた。
首都は明確になっていないが、パリアーヘンとされることが多い。

関連項目

キリスト教 ヨーロッパ史 ヨーロッパ
カール大帝

pixivに投稿された作品 pixivで「フランク王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58

コメント