ピクシブ百科事典

アブラハム

あぶらはむ

アブラハムとは旧約聖書『創世記』に登場する人物である。
目次[非表示]

誘導分岐
ポップンミュージックのキャラクター→アブラハム(ポップン)

概要

ユダヤ教キリスト教イスラム教における預言者であり、三宗教の総称である「アブラハムの宗教」の名の由来となっている。

聖書におけるアブラハム

バベルの塔の事件のあと、人類の中から神に選ばれ召命を受けた人物。
生まれた時の名前はアブラム(「群衆(多数のもの)の父」という意味)だった。
神から祝福を受けた際に、アブラハム(「信仰の父」という意味)と戒名する。
彼は神に命じられ、現在のパレスチナに相当するカナンの地へと向かう。
その土地で彼の子孫は星の数のように増える、と告げられた。
創世記ではその後、彼の孫ヤコブから12の氏族に分かれている。
YHVH信仰の祖であると同時に、イスラエルの民の祖とも呼べる人物。わが子イサクを、神に命じられるまま捧げようとし、天使に止められ、神から信仰心を認められる「イサクの燔祭」のエピソードは有名。また、聖書によると生まれた男児の包皮を切り取る割礼も、神が彼に命じたことである。

クルアーンにおけるイブラーヒーム

クルアーン』ではアラビア語形のイブラーヒームの名で登場する。
メッカにあるカアバを息子イスマーイール(イシュマエル)と共に建設した。
預言者たちの中でも特に重要な五大預言者の一人とされ、ムスリム男性の名前として使われる事も多い。

関連タグ

創世記

pixivに投稿された作品 pixivで「アブラハム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21862

コメント