ピクシブ百科事典

ノアの方舟

のあのはこぶね

旧約聖書に登場する伝説の船。
目次[非表示]

概要

旧約聖書創世記』の6章から9章にかけて登場するエピソードである。

地上に悪人が増えすぎたため、は地上を覆いつくすほどの大水害を起こして「文明を滅ぼそう」と考えた。
さっそくノア動物たちを救うための方舟を造らせることを命じた。ノアとその家族たちは他の人間たちに馬鹿にされながらも船を造り続けた。多くの動物達が集まり、ノアは番を船に詰め込んでいった。
そして運命の日が訪れ、大雨が降り注ぎ地上は大洪水となった。箱船は航海を続け、40日間耐え抜いたのであった。
雨が止んだ後にノアは最初にを離したが、すぐに帰ってきてしまった。
続いてを離すと、しばらくしてオリーブを引き千切って咥え帰ってきた。
こうして陸地を見つけたノアは、新たな人類の祖となったのである。

考察

洪水神話は旧約聖書以前にも存在する。
ギリシャ神話にも旧人類がオリンポスの神々の起こした大水害で皆殺しにされて箱舟に乗った夫婦だけが生き延びる話がある。(デウカリオンの箱舟伝説。アポロドートス:「ギリシア神話」I-7-2他)

さらに古くはメソポタミアの伝承、『エリドゥ創世記』や、『アトラ(ム)・ハシース物語』、『ギルガメシュ叙事詩』第11書板の中に、エンキ(エア)神により選ばれた男(後述)の一家が、エンリルの巻き起こした大災害から方船に乗って逃げ延びたという伝承がある。
これらメソポタミアの洪水伝説が、後の様々な洪水伝説の元になっており、ノアの伝説にもストーリーのほとんどが、若干の改変を経ただけで引き継がれている。

メソポタミア伝承において、方舟により難を逃れた男の名前

ジウスドラ       :エリドゥ創世記、命を見た者の意。
アトラ(ム)・ハシース :アトラ(ム)・ハシース物語。最高賢者の意。
ウトナピシュテム    :ギルガメシュ叙事詩第11書板。ジウスドラのアッカド語表記で意味は同じ。

関連動画

ノアの方舟(Noah's Ark)/ベルト・アッペルモント
第1部「お告げ」(The Message)
第2部「動物たちのパレード」(Parade of the Animals)
第3部「嵐」(The Storm)
第4部「希望の歌」(Song of Hope)


ノアの方舟(Noah's Ark)/樽屋雅徳


関連タグ

災害 豪雨
伝説 バベルの塔 ギルガメッシュ
吹奏楽

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ノアの方舟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76750

コメント