ピクシブ百科事典

ドリトル先生物語

どりとるせんせいものがたり

「ドリトル先生物語」とは、ヒュー・ロフティングの児童文学「ドリトル先生」シリーズの総称である。
目次[非表示]

概要

アメリカの小説家ヒュー・ロフティングが著した児童文学『ドリトル先生シリーズ』は、1920年から1953年まで刊行された。全12冊と番外編1冊。
日本語版の井伏鱒二訳は、『ドリトル先生航海記』(ドリトル先生物語全集)が刊行され、後に文庫版も出ている。河合祥一郎訳は、『新訳 ドリトル先生航海記』として「角川つばさ文庫版」から刊行されている。

元来は「負傷した軍用馬を治療せず射殺するのは可哀想だな」と思ったロフティングが、自分の子供に送る手紙に記した物語である。(当時としては普通だが)人種差別ともとれる展開もある為、現代アメリカではマトモに出版出来なかったりして、殆ど忘れられている。

ストーリー

「沼のほとりのパドルピー」という町に住む医師ドリトル先生は、腕は確かであったが、捨てられた動物を拾ってくるという困った癖があった。犬猫はまだしも、ワニなどの猛獣までも保護してしまうため、患者が怖がって近づかなくなってしまう。

生活に困ったドリトル先生は、オウムのポリネシアから習った動物語を活かして、獣医に転職。たちまち名医となるが、今度は患畜がドリトル先生を慕うあまり、飼い主のところに戻りたがらないという問題が持ち上がる。

そんな折、アフリカにいる「オシツオサレツ」という珍しい動物を連れて来れば、見世物小屋で稼げるとポリネシアが提案。
かくしてドリトル先生は、ポリネシアをはじめ、アヒルのダブダブ、犬のジップ、フクロウのトートー、ブタのガブガブ白ネズミといった動物達と旅に出るのであった。

登場人物

ドリトル先生ジョン・ドリトル

動物たち

ポリネシア
ジップ
ダブダブ
チーチー
トートー
ガブガブ
白ネズミ / ホワイティ
ジム
トグル
チープサイド
クイップ
スキマー
ミランダ
ピピネラ
ドロンコ
スイズル
ケッチ

架空の動物たち

オシツオサレツ
大ガラス海カタツムリ
ジャマロ・バンブルリリイ
あん畜生 / イティー

その他

トーマス・スタビンズ助手
サラ・ドリトルサラ・ディングル
マシュー・マグ
ロング・アロー
カアブウブウ・バンポ
ココ王
貝彫りのジョー
ブラウン博士
オーソ・ブラッジ
パガニーニ

関連タグ

ドリトル先生 ドクター・ドリトル

外部リンク

ドリトル先生物語 - Wikipedia

コメント