2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

「サヨナラダケガ人生ダ」

概要

広島県出身の日本の小説家(1898-1993)。本名は井伏満寿二で、筆名は釣り好きだったことによる。

明治生まれの作家としては随一の長寿であり、昭和の戦前・戦後にわたって執筆活動を続けた。

人物

少年時代は画家志望であった。佐藤春夫に師事したがなかなか芽が出ず、1929年に発表した「山椒魚」でようやく名が知られるようになる。

当時の文士には珍しく、温厚で面倒見のよい人柄で知られ、多くの弟子を持った。特に太宰治には目をかけてやり、薬物中毒だった太宰を入院させ、夫人との縁談も取り持ち、山梨県の御坂峠に招いて治療に専念させた。が、太宰がここで書いた随筆『富岳百景』に「放屁なされた」と書かれ憤慨。「僕に関わることは一切書くな」と言い渡したという(放屁事件)。
東京では杉並区荻窪に長く住み、川釣りと骨董と美食と酒を愛した。「荻窪風土記」という随筆を書いている。

1941年に陸軍に重用され、日本軍が占領したシンガポールに駐在。現地で日本軍の横暴を目の当たりにしたことで反戦思想を強め、戦後の執筆に多大な影響を与えることになった。


代表作

翻訳


関連タグ

小説家 太宰治

蟹工船蟹光線) 蟹工船は小林多喜二の作品だが、ネット上では井伏鱒二の作品ということになっている。TRPGセブン=フォートレスに登場する蟹工船を元ネタとした蟹光線という技の名前が「イブセマスジー」だったことから。

関連記事

親記事

文豪 ぶんごう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62703

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました